アプリでサクサク記事を読む

元19・岡平、愛内里菜、八反安未果……消えたアーティストの“意外な転身先”とは?

サイゾーウーマン

 4月12日に放送されたバラエティ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、かつてフォークデュオ・19のメンバーとして活躍した岡平健治が登場し、現在は不動産業を手がけていると告白。19時代からは想像もつかない生活を送っているという。 この日の番組は「お久しぶりSP」と題し、しばらくメディア露出がなかった芸能人を特集。その1人として出演した岡平は、1999年に19の2ndシングル「あの紙ヒコーキ くもり空わって」大ヒットし、同番組司会の元SMAP・中居正広が出演していた音楽番組『うたばん』(TBS系)での共演がきっかけで大ブレーク。ただ、19の活動期間は約3年半と短く、2002年に解散している。「19解散後、岡平は都内でビルのオーナーとして不動産業を展開。10年に設立したRockFord Records株式会社では不動産のほか、音楽スタジオの運営や飲食店経営なども行っているようです」(芸能誌ライター) 番組で岡平はすっかり“経営者”の顔を見せていたが、同じようにアーティストとして人気を博したものの、その後、まったく異なる業界に転身した者がいる。「元“愛内里菜”こと歌手の垣内りかは、00年にリリースしたシングル『恋はスリル、ショック、サスペンス』がテレビアニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)に起用されたことを機に注目を浴び、03年には『NHK紅白歌合戦』にも出場。甲状腺の病気によって10年に一旦歌手活動を引退しましたが、12年には自身のブログでドッグブランド『Bon Bon Copine』を立ち上げたことを発表し、今やその年商は5000万円以上ともいわれています」(テレビ局関係者) 垣内は、15年に歌手活動を再開させているが、現在もブログは犬関連の話題が中心となっている。「また、歌手・八反安未果は99年のシングル『SHOOTING STAR』で同年の第41回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞したものの、その後大きなヒットに恵まれず。しかし、10年に食品輸入や販売、飲食店運営を手掛けるオセアンフーズの代表取締役社長に就任し、ハワイアンカフェ『naninani』のオーナーとなってハワイの揚げドーナツ・マラサダを売り出すと、これが大ヒットし、経営4年目には年商8000万円ほどの成功を収めたといいます」(同) 浮き沈みの激しい芸能界だけに、こうした芸能活動とは異なる道を確保するのも1つの処世術なのかもしれない。

外部リンク

ピックアップ

アプリでサクサク記事を読む