櫻井・亀梨・小山、『24時間テレビ』起用は「ジャニーズのゴリ押し」!? 日テレ関係者暴露

サイゾーウーマン

 4月15日、今年の『24時間テレビ 愛は地球を救う』…...

 4月15日、今年の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)メインパーソナリティーが発表され、嵐・櫻井翔、KAT‐TUN・亀梨和也、NEWS・小山慶一郎が、グループの垣根を超えて共演することがわかった。一部ジャニーズファンの間では、熱愛スキャンダルに揺れる小山の起用に「なぜ?」と批判が巻き起こっているが、日テレ関係者が、メインパーソナリティー決定の舞台裏を明かしてくれた。 昨年は、NEWSが7年ぶり、現体制である4人組になってからは初のメインパーソナリティーを務めた。今年も起用された小山は、2年連続で大役を担うこととなったが……。「今年3月、小山は、放課後プリンセス候補生・太田希望の交際疑惑が浮上し、ファンの間で物議を醸しました。太田のSNSから、交際を匂わせるような画像が発掘されたり、ツーショット写真まで流出してしまい、小山への批判が噴出したんです。当初ジャニーズ事務所は、この事態を把握さえしていなかったようですが、4月4日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)がこの件を記事にしたことで、ようやく炎上が発生していることに気付いたといいます」(週刊誌記者) そんな中、『24時間テレビ』のメインパーソナリティーに連続登板することが決定した小山。 日テレ関係者は、「昨年、小山は日テレに“多大な貢献”をしたことから、スキャンダルの有無にかかわらず、大役を任せられるのはごく自然な流れだった」と語る。「昨年、『24時間テレビ』放送の4日前、同番組内のスペシャルドラマ『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~』に出演予定だった高畑裕太が、強姦致傷容疑で逮捕されるという前代未聞のトラブルが発生しました。高畑は、ドラマ出演だけでなく、番組パーソナリティーも務める予定だったため、番組の販促物は総取っ替えとなり、予定されていたコーナーも消滅するなど、制作サイドは阿鼻叫喚に。そんな中、急きょドラマでの高畑の代役に小山が抜てきされ務め上げました。」(前出・日テレ関係者) 同ドラマの主演は、同じくメインパーソナリティーを務めた加藤シゲアキで、すでに撮影は終わっていたものの、土壇場で高畑出演シーンの撮り直しが行われた。「『24時間テレビ』は日テレを代表する看板番組で、放送に貢献した出演タレントは、向こう1年ほどは、日テレ側から“手厚く扱われる”ことになっています。小山が今年再び抜てきされたのは、『昨年のトラブル解決に尽力してくれた』という事情があるからなんです。ただ、当初日テレ側には、『嵐または現在活動休止中のKAT‐TUNなどを今年のメインにしたい』といったプランもあり、『ジャニーズキャスター揃い踏み』プランは、むしろジャニーズサイドのゴリ押しだったといえます」(同) 果たして3人の共演により、日テレ側は恩恵を受けることができるのだろうか。

外部リンク

Pickup