アプリでサクサク記事を読む

どんな味?となりのトトロ&魔女の宅急便をイメージしたお茶

ストレートプレス



老若男女に根強い人気を誇る「となりのトトロ」と「魔女の宅急便」の2作品をイメージしたオリジナルブレンド茶が発売。缶には水彩タッチの優しいオリジナルデザインが施されている。

今回の企画は、スタジオジブリ作品のキャラクターグッズを販売する「どんぐり共和国」と、世界のお茶の専門店「ルピシア」とのコラボレーションによるもの。オリジナルフレーバーのお茶は、オリジナルデザインの缶のように、優しい香りに癒される味わいに。



ラインナップは、となりのトトロの舞台にもなった埼玉県狭山の香り高い焙じ茶に、ほんのり甘いトウモロコシを粒ごとにブレンド、ほっと安らぐ香ばしい風味を楽める「となりのトトロ ルピシア茶葉缶 狭山焙じ茶 お昼寝トトロ」と、



ストロベリーやカシスの甘酸っぱい香りをまとい、一人前の魔女になるために奮闘する主人公キキのひたむきな姿や淡い恋模様をイメージした「魔女の宅急便 ルピシア茶葉缶 紅茶 キキと街並み」、



ストロベリーやアプリコット、ハニーが優しく香り、ピンクペッパー、ローズの花びら、ドライブルーベリーをあしらって、黒猫ジジのキキに対する優しい気持ちをイメージした「魔女の宅急便 ルピシア茶葉缶 ルイボス ジジとちょうちょ」の3種類。価格はそれぞれ1500円(税抜)。

4月22日(土)より、全国のどんぐり共和国やオンラインショップそらのうえ店限定で販売開始。癒しのティータイムが楽しめるだけでなく、お茶を飲み終わった後には可愛い小物入れとしても利用できる。ジブリファンは必携のアイテムだ。

外部リンク

ピックアップ

アプリでサクサク記事を読む