ワンピが鉄板とは限らない!真実のモテ服とは

愛カツ

恋愛・婚活に勝つための情報サイト・恋愛相談掲示板【愛カツ】

顔やボディも気になるけど、今すぐイメチェンできるものと言えば「服」。どうせ服を買うならモテたい、好感度をあげたい!と思うものです。しかし、男の考えるモテ服は女の考えるものと少々ズレがあることも。必ずモテる「モテ服」とは、どんなものなのでしょうか?

 
男も着れる服
モテ服はラブリーでフェミニンなものとは限りません。「男も着れる服」というのも立派なモテ服のパターンです。例えばGジャン、チノパン、シャツやTシャツなど、どんな男性のクロゼットにも必ずありそうなベーシックカジュアルは、「女の子が着ると可愛い」と人気。
乗っているオプションが同じなら、際立つのは本体の差。男が着る服を女が切ることで、華奢な骨格や体の丸みが際立ち、「俺とは違う」と感じさせることができます。
それでいて、媚びた雰囲気にはならないから好感度が高いのも嬉しいところ。この効果を存分に活かすには、アイテム選びが肝心です。変にストレッチが入ったりウエストシェイプされた女向けにアレンジされたものではなく、メンズに近い仕立てのものがおススメ。
Tシャツはラグランタイプのものが華奢な肩幅を際立たせるので取り入れてみるのもよいでしょう。
 

 
男は着れない服
そして、王道のモテ服とは「男が着れない服」のこと。シフォン素材やワンピース、ハイヒール、キレイ色のスカートなどは、どう転んでも男性のクロゼットではお目にかからないもの。
「男が着れる服」が、ボディの違いを意識させてモテるとしたら、「男には着れない服」は、その存在からして「彼女は女の子なんだな」と意識させるものです。
ちょい透けや揺れる素材、落ち感のあるとろみ素材は男性が絶対着ない上に、女らしくほっそり見える効果も。
「男が着れる服」はカジュアルなデートで活躍しますが、コチラは比較的シーンを選ばない万能デート服でもあります。
このタイプの王道モテ服は、彼以外の男性からも目で追われることも多いから、彼の嫉妬を程よくあおる効果も期待できますよ。
 
分かりやすい

「モテ」とは究極には「老若男女問わず好かれること」だったりします。どんなにオシャレでも、トレンドに敏感な女子の間にしか良さの伝わらない服は「オシャレなんだろうけどどんな人かわからない」と、敬遠されてしまう原因にも。
同じくらいモード通の男性をピンポイントで落としたい場合はともかく、広く浅く好感を持ってもらって、その中から自分にあった人が見つかるといいな……なんて思うなら、着るべきは「わかりやすい服」。
女性ウケするモデルはとにかくおしゃれなイメージで、男性ウケするグラドルは垢抜けすぎずメイクも薄い傾向がありますよね。つまり、おしゃれすぎると、女性としての魅力が伝わりにくくなるということ。
服のディテールより本体に目がいくように誘導するには、服は分かりやすいのが一番。誰にでも理解される「分かりやすさ」が、モテには意外と必要です。
 
おわりに
なんにでも「男ウケ」「女ウケ」がありますが、モテ服に求められるのはボーイッシュかフェミニンに分かりやすく振り切れていること、シンプルなアイテムで分かりやすい着こなしなことが大切!お試しください!
 
(中野亜希/ライター)

外部リンク

ピックアップ