「ホストに一晩200万円」坂口杏里容疑者、“3万円恐喝”事件を引き起こした異常な金銭感覚

サイゾーウーマン

 知人ホストへの恐喝未遂容疑で逮捕されたAV女優のANRIこと坂口杏里。以前から、芸能人にカネの無心をしているといったトラブルが報じられていたが、初の逮捕もやはり金銭絡みの問題だった。 坂口はSNS上で、男性に3万円の借金を依頼し、断られると「ホテルで撮影した写真をばらまく」などと脅したとされる。「たった3万円という金額もそうですが、坂口の脅し文句からしても、“痴情のもつれ”に近いトラブルだったと想像できます。本人は否定していますが、ここ数年ずっと金銭面で不安を抱えていたのは間違いないですし、それによって交友関係もかなりの変化があったと聞いています」(週刊誌記者) 昨年、AVデビューをした理由も、借金返済のためだと報じられていた。坂口がそこまで借金を重ねてしまった理由について、飲食店関係者が次のように証言する。「週刊誌などで『ホスト狂い』と書かれていましたが、確かに彼女は、一度の来店で200万円以上使うこともある“超太客”だったそうです。自分のお気に入りのホストが、ほかの女性客につくことが許せなかったようで、来店した際には“貸し切り”にしてしまうほどだったとか。高級シャンパンをバカスカ開けて、100万円以上かかる“シャンパンタワー”を注文と、とにかくお気に入りのホストを独占しようとしていたと聞いています」 こんな遊び方を続けていれば、金銭難に陥ってしまうのは当然だろう。ここ最近では、知人レベルにも借金を頼み込んでいたといわれるが、「最終的にはホストにまで頼ろうとして、逮捕されてしまったわけです。もし3万円を借りられたとしても、そのお金は結局ホストにつぎ込むという無限ループが予想されるだけに、逮捕されることで、いったん負の連鎖が断ち切れたという意味では、少しだけ前進したのでは」(同)。 タレント時代は“おバカキャラ”で人気を博していたものの、芸能界でもまれに見るほどの落ちぶれた姿を晒してしまった坂口。果たして次のアクションは……?

外部リンク

ピックアップ