えっ、お湯or水を注ぐだけ!?にぎらずにできる携帯おにぎり

ストレートプレス


アルファ米の非常食・宇宙食でおなじみの尾西食品が、水やお湯を入れるだけでおにぎりができあがる「えっ!?にぎらずにできる携帯おにぎり」を、6月15日(木)より発売している。

今回、80年以上にわたるアルファ米の研究と、非常時を中心に食品を作り続けてきた知見を活かし、備蓄食としてだけではなく旅行やアウトドアなど、さまざまな場面で活用できる「携帯おにぎり」を開発。

なんと、お湯または水を入れるだけで、にぎらずに三角形のおにぎりになるというからオドロキだ!

また手を汚さずに作って食べられる、3点カット方式を採用。軽量でコンパクトなので、携帯にも便利なスグレモノだ。

でも、どうやってにぎらずに三角形のおにぎりができるの!?と思った人も多いはず。

作り方はこうだ。



まずは、上部を手で開ける。



次に脱酸素剤を取り出し、線で示された部分まで水かお湯を入れ、チャックを閉める。

そして、水の場合は60分、お湯の場合は15分たったら、



切り取り線に沿って、手で袋を開けていくと…、



あ~ら不思議!すでに三角形のおにぎりに!!さあ、どうぞ召し上がれ。

賞味期限は、備蓄食として十分な製造から5年。避難時や救助の携行食としてはもちろんのこと、アウトドアやハイキングの持参品として、また旅のおともとしても◎。種類は鮭、わかめ、五目おこわ。想定売価は200円~220円とのこと。

備えあれば憂いなし!一家に1つ「えっ!?にぎらずにできる携帯おにぎり」をいかがだろうか。

外部リンク

ピックアップ