5分で完成!キレイになりたい女性の朝ごはん「ピタヤボウル」レシピ

LBR

20170529kunishio

今注目のトレンド食材「ピタヤ」。「ドラゴンフルーツ」とも呼ばれるピタヤは女性に嬉しい栄養がギュッと詰まっています。ピタヤの栄養についての詳細は前回のコラム(あわせて読みたい記事をチェック!)をご覧下さいね。
今回はそんな「ピタヤ」を使った、忙しい朝でも簡単に作れるインナービューティーレシピをフードコーディネーターの筆者がご紹介します。

今回紹介するレシピの嬉しいポイント3つ
(1)忙しい朝でも5分で作れる!
(2)美容と健康に嬉しい栄養がひとさらにギュッと詰まっている!
(3)満腹効果もあり、ヘルシーダイエット(食べ痩せ)にぴったり!
朝は忙しくて朝食作りに時間をかけられない……でも身体の中からしっかりキレイを磨きたい! 「ピタヤボウル」はそんな欲張りなあなたにピッタリの簡単レシピです。

忙しい朝に!「ピタヤ玄米ボウル」レシピ

<材料>
・玄米フレーク 1/2カップ
・ピタヤ 1/2個
・プレーンヨーグルト 大さじ5
・チアシード 大さじ1
・バナナ 1/2本
・ブルーベリー 約15粒
・ミントの葉(あれば) 1枚
<作り方>
(1)ピタヤは皮を除いてざく切りにする。バナナは皮を除いて薄くスライスする。ブルーベリーとミントはよく洗い、キッチンペーパーで水分を拭き取る。
(2)プレーンヨーグルト、チアシード、ピタヤをハンドブレンダーまたはミキサーで一緒に攪拌する。
(ブレンダーやミキサーがない場合は、ピタヤをみじん切りにしてスプーンなどで混ぜるだけでOK)
(3)器に玄米フレークを入れ、(2)を注ぐ。
(4)バナナ、ブルーベリー、ミントを盛り付ければ完成!
食べ応えもあり、思わず写真を撮りたくなるようなSNS映えする「ピタヤボウル」が完成! 玄米フレークの香ばしさと歯ごたえは、ほんのり甘いピタヤボウルによく合います。玄米フレークの代わりにグラノーラを使ってもOK!
<インナービューティーポイント>
ピタヤには代謝をサポートする「ビタミンB群」、腸内環境を整える「食物繊維」、骨や歯を作る「カルシウム」、貧血予防に嬉しい「鉄」、むくみを防ぐ「カリウム」などが豊富。
バナナと玄米には豊富な「食物繊維」が、ブルーベリーには抗酸化作用(細胞老化を防ぐ働き)が高い「アントシアニン」が、チアシードには「良質オイル」が豊富です。
女性に嬉しい栄養がギュッと詰まった「ピタヤボウル」で、身体の中からキレイを磨きましょう!
(インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

【あわせて読みたい】・フーディーも注目!美容食材「ピタヤ」でヘルシーダイエット・小さくても超優秀!春はビタミンたっぷりの「芽キャベツ」を食べよう・痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ・下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方
【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
・料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
・これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
・ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

外部リンク

ピックアップ