北川綾巴&江籠裕奈「SKE48は自信がない子が多い」背景に松井珠理奈の“存在の大きさ”…2人が担うグループの未来とは<モデルプレスインタビュー>

モデルプレス

江籠裕奈、北川綾巴(C)モデルプレス

【北川綾巴&江籠裕奈/モデルプレス=6月19日】6月17日に沖縄県で開催されたAKB48グループの「第9回49thシングル選抜総選挙」。姉妹グループのSKE48からは、松井珠理奈が3位を獲得したことを含め選抜メンバーに5人選ばれた。80位以内にも多数のSKE48メンバーがランクインした中、北川綾巴と江籠裕奈の名前も呼ばれた。整った顔立ちは女子ウケも抜群の北川は、AKB48グループの新たな試みとなるファッション企画の選抜メンバーに選ばれた。江籠もローティーン向けファッション誌「LOVE berry 」のモデルとして活躍している。いわば2人はSKE48のファッション担当。個性を磨いてグループを盛り上げる動きをするメンバーが増える中、今後のSKE48を担う2人はグループについてどう考えるのか。モデルプレスは2人に話を聞いてみた。



◆“ファション担当”北川綾巴&江籠裕奈

— お2人はSKE48の中でおしゃれ担当という感じがします。

北川:ありがとうございます!そのお言葉だけで生きていける。

江籠:ありがとうございます。本当に嬉しいです。

—モデルを目標に掲げていると思いますが、具体的な目標はありますか?やってみたいことなど。

江籠:SKE48として関西コレクションに出演させていただいてランウェイを歩かさせてもらったんです。その時は本当にみんなが初めての経験だったから、緊張はしたんですけどすごく楽しかったので、またいつかそういう機会があればいいなと思います。

— 今度は東京(東京ガールズコレクション、ガールズアワードなど)だ!と?

一同:(笑)。

江籠:恐れ多いですけど本当に。イベントを見に行ってお勉強もしたいです。生のステージを見たことがないので。

— 綾巴さんはどうですか?

北川:そうですね。やっぱりランウェイを歩いた時の気持ちは普段歌って踊るステージに立つ気持ちとは全然違ったので。新鮮すぎるっていうか新しい世界が見えました。

—お2人はSKE48として大きな会場で頻繁にライブしているわけじゃないですか。それでも違うんですか?

江籠:全然違いました。

北川:まずお客さんが違うんですよね、若い女の子が多くて驚きました。

江籠:ファンの方ってすごく優しいので、いろんな補正をかけて見てくれるんですよ。自分の推しメンは本当に可愛い〜って感じで見てくれるんですけど(笑)。やっぱり同性の方からどう見られるんだろう?って(笑)

北川:厳しいと思うんですよ、そういう方達の目は。

◆ファッション担当が語るSKE48に必要なこと

— ライブのお話も出ましたが、今2人が思うSKE48のおすすめポイントってなんですか?

江籠:やっぱりライブが一番の売りですが、なかなか一般の方に触れる機会がないと思っていて…。女性や同世代の方にも知っていただけるようにインスタとかみんな始めたので(笑)そこから私達に興味を持ってもらえたらいいなと。

— 他のグループとかチェックしてるんですか?

江籠:拝見してます。

北川:うん、私も。

— どういうところチェックしてるんですか?

江籠:メンバーも見るし、結構インスタって関連の投稿が沢山出てくるじゃないですか。そこからいろんなところ飛んでいって(笑)。

— なるほど。ファッション界隈におけるAKB48グループ内でのライバルとかいますか?

江籠:え、誰だろう?

北川:ライバル?そんなの考えたことなかった。

江籠:やっぱり吉田朱里さんとか今すごいじゃないですか。YouTubeとかもやったりとか。同じことはきっと出来ないと思うけど、女の子の憧れだと思うので、そういう存在になりたいなっていうのはあります。

— 吉田さんもそうですけど、各々自己プロデュースという動きが進んでいますが、お2人はいかがですか?

北川:なんかやってみたら?とかよく言われるんですけど、同じことをやっても意味がないと思うし。それを探さなきゃなっていう。

— 探している途中だと?

北川:そうですね。何かやりたいなってすごくい思ってます。

— アイス。

北川:アイス(笑)そうですね!インスタにも載せますアイスは。インスタはSNSの更新ツールでも一番力を入れているっていうか今頑張らなきゃなって思って。お洋服を載せたりとか自分なりに研究してやっています。

—江籠さんはいかがですか?

江籠:衣装や洋服に合わせてメイクするのが大好きなので、今日はこのメイクしてましたって投稿すると女の子からの反響がすごく大きいんです。なのでメイク系の情報発信を続けていけたらいいなと思って。あとはモデルさんのスタイルブックを集めるのがすごく好きで。いろんなジャンルを読んでいます。スタイルブックってその人の私生活やスタイルが全部詰まってるから参考になる。いつかは自分の色をちゃんと付けて、本を出せるぐらいの人になりたいなって思います。

— 綾巴さんTwitterのプロフィールに書いてますよね。写真集出したいって。

北川:そうなんですよ。夢なんですけど。それもやっぱり女の子から憧れられるような、おしゃれを取り入れたスタイルブック出したいです。

— 女性ファンを積極的に取り入れていきたいですね。

◆「意外にマンゴー」から“センター論”

—ではちょっと話を変えて、SKE48の最新シングルのお話ですが、お2人は新曲の選抜に今回抜擢されましたね。小畑優奈さんがセンターに大抜擢されましたが、江籠さんもセンターになりたいって書かれてましたよね?

江籠:結構誤解を生んでるんですけど。今はまだ言えないなっていう気持ちを書いたブログだったんですよ。

— いつかはなりたいけど今は違うという?

江籠:センターっていうのは自分の中でとても大きいので軽々しく口にしたくない場所というか。いつかもっと成長したときに…。自分より若い子がセンターに抜擢されてるってことは自分に時間がないこともわかってるんですけど、だからこそ自信を持ってセンターに立ちたいっていう日が来たらいいなって。

— 自信を持ってセンターに立つ。

江籠:そうですね。やっぱりファッション方向でも自分らしさ、自分の色をもっと出せる人になりたいです。

— 綾巴さんはどうですか?

北川:私はWセンターを一度経験したことがあるんですけど、ゆなな(小畑優奈)の場合は単独センターなので。センターにしかわからない気持ちを少しは分かってあげられると思うので支えてあげたいと思うのと、私もまだ自分が胸を張ってセンターになりたいって言えないので、あと周りの人から綾巴にセンターやって欲しいって思ってもらえるような人になりたいなって思います。

◆エース・松井珠理奈の存在

— すごく謙虚ですね、お2人共。

江籠:謙虚かな?

北川:うーん(笑)

江籠:(松井)珠理奈さんっていう存在がすごく大きくて、相当努力が必要だなってわかるし…。

— 松井さんの努力とはどんな感じですか?

江籠:珠理奈さんはそういう部分を見せないっていうか。

北川:うん、見せない!

— 努力は見せないけど、努力しているのがわかるってことですか?

北川:背中で語ってくれるっていうか。言う時はちゃんと言ってくれるし、一緒にいると1つの物事への捉え方とか無限大なんです。私達じゃ考えられないってことをそこまで考えてるんだ!っていう。すごいなって思います。

— 結構ガッツリ話すことあるんですか?松井さんと。

北川:ありますよ。選抜でも一緒にいる時間が長いし、珠理奈さんは熱くその気持ちを伝えてくれるので。

江籠:たとえばライブの公演の感想とかを聞きに行ったら的確な感想とかアドバイスをすごくいただきます。

—実際に公演を観てパフォーマンスを指摘してくれるってことですか?

江籠:はい。この前来てくださった時は、私と古畑奈和ちゃんがWセンターに立ってて、2人の相乗効果が生まれててよかったと言ってくださいました。嬉しかったですね。

— そんなコメントくださるんですか松井さん。

江籠:すごいですよ本当に(笑)

— すごいですね。松井さんは頼もしい存在でありエースであり、真ん中に立つ人物として相応しいということですね。2人は今後どんなセンターになりたいですか?

江籠:難しいな。ただセンターを目指すだけじゃ、珠理奈さんみたいにはなれないと思うし、だからこそ珠理奈さんから学んだことを自分に取り入れて、自分らしくセンターっていう場所で発揮することが出来るのが一番だと思うんです。珠理奈さんに限らずなんですけど、先輩方のパフォーマンスとか行動から学んで、私達も後輩とこれから入ってくる子たちに背中を見せれたらいいなっていう気持ちがあります。

— なんかお話を聞いてて結構もうかなりしっかりされてると思うんですけど。

江籠:そんなことないよね(笑)?

北川:そんなことないです(笑)。

◆SKE48メンバーは内気だけど一番熱い…“チーム論”

—引っ張っていけるんじゃないかと思ったんですけど…。

北川:SKE48のメンバーは自信がない子が多いんだと思います。その感情を表現するのが苦手っていうか。

— 内に秘めちゃう?

江籠:伝えるのが苦手な子が多いかもしれない。

北川:うん、そうなんです。負けず嫌いだし負けたくないけど、それをうまく表にも出せず。でもどのグループよりも多分負けず嫌いなのはSKE48だし、内に秘めてる熱いものを持っているのもSKE48だと思います。

— それは自信がある?

北川:あります。ただメンバー同士バチバチしちゃうじゃないですか、そういうのを表に出すと。仲良くやっていきたいと思うので。。

— 壊したくないということですか?

北川:って私はそう思って行動してます。

◆今後のSKE48は…

— それはチームとして大切ですよね、かなり。SKE48はこれからどうなっていきたいですか?グループ全体で。SKE48が目指すものってなんですか?

北川:今話題の乃木坂46や欅坂46のようにいつかはSKE48も世間からもっと注目される存在になりたいと思いますし、少しでもSKE48のためになるように、オシャレとかカワイイを江籠さんと一緒に発信して、私たちに目を向けてもらえたらいいなと思います。

— ファッションリーダーズが発信していくと。

北川:発信できたらなって思います。

江籠:がんばりたいです。

— 今後のSKE48に期待しています!

モデルプレスでは後日、最新シングル「意外にマンゴー」(7月19日リリース)の発売を前に、2人のスペシャルなメッセージ動画を配信予定。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク

ピックアップ