川越「縁むすび風鈴回廊」で良縁祈願 江戸風鈴2000個が奏でる夏の音色

モデルプレス

川越「縁むすび風鈴回廊」で良縁祈願 江戸風鈴2000個が奏でる夏の音色/画像提供:川越氷川神社

【川越氷川神社 縁むすび風鈴/女子旅プレス】昨年30万人以上が来場した夏の催事「川越氷川神社 縁むすび風鈴」が、2017年7月1日(土)~9月10日(日)まで、埼玉県川越市にて開催される。今年も約2,000個の色とりどりな江戸風鈴が涼し気な音を奏で、小江戸川越の夏を鮮やかに彩る。

♥「川越氷川神社 縁むすび風鈴」とは?

「小江戸」「蔵の街」といった懐かしい日本のたたずまいが身近に感じられる川越市で、昔から“縁結びの神様”として信仰を集める「川越氷川神社」にて、天の川に恋の願いが届くように、また夜の神社でひとときの涼を楽しんでもらえるように、との思いから2014年に初開催。

当祭事では、幻想的なシンボルエリア「縁むすび風鈴回廊」に設置された色とりどりの江戸風鈴に、参拝者の方の願いが書かれた木の短冊を結ぶことができる他、竹毬の影と光で和やかに演出した「竹毬風鈴オブジェ」、境内を流れる小川にほのかな明りを灯す「光る川」など、日本の夏の情緒と非日常を感じられるような催しが行われる。

♥新たに「恋あかり」もスタート

今年から始まる新行事として7月22日(土)から8月27日(日)の期間、特製のぼんぼりを手に夜の町歩きを楽しめる「恋あかり」も実施。

この期間は、毎日夕方6時半より社殿にて「特別良縁祈願祭」を執り行ない、大切な人といつまでも仲睦まじくいられるように、と祈願を受けた参拝者にはぼんぼりが授与される。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■川越氷川神社 縁むすび風鈴
住所:埼玉県川越市宮下町2丁目11−3
開催期間:2017年7月1日(土)から9月10日(日)9:00~21:00
アクセス:
◆JR東武東上線「川越駅」
東武バス1番乗り場「喜多町」で下車、徒歩5分
7番乗り場「宮下町」で下車、徒歩0分
小江戸巡回バス「氷川神社前」徒歩0分

◆西武新宿線「本川越駅」
東武バス5番乗り場「宮下町」で下車、徒歩0分
「喜多町」で下車、徒歩5分
小江戸巡回バス「氷川神社前」徒歩0分

情報:川越氷川神社

【Not Sponsored 記事】

外部リンク

ピックアップ