vol.14 夏に食べたい『ナスとトマトのドライカレー』 #ヘルシー残業ご飯

LBR

20170710namai

夏になると恋しくなる食べ物の1つにスパイシーなカレーがあります。でもお腹を空かせて帰る残業帰りはカレーを煮込んでいる時間すら惜しい! そんな時におススメしたいのがナスとトマトの夏野菜コンビでつくるドライカレー。

炒めながら煮込む「炒め煮」をしていくので、短時間で美味しいご飯が出来上がりますよ。カレーが食べたくなったらぜひつくってみてください。
タイムスケジュール

ナスとトマトのドライカレー

<材料>1人分
ナス 1本ズッキーニ 4分の1本トマト 1個タマネギ 4分の1個合挽肉 60gカレー粉・米粉(小麦粉でもOK!) 各小さじ1
Aトマトケチャップ・顆粒コンソメの素・ウスタソース 各小さじ1水 大さじ4
<作り方>
1. ナス・ズッキーニは角切りにして水にさらす。タマネギはみじん切り、トマトはへたをとってざく切りにする。
2. 油を敷いたフライパンに1の野菜と挽肉、カレー粉と米粉を入れて炒めたらAを入れて、汁気がなくなるまで煮込んだら完成。あたためたナン(市販のもの)を添えていただく。
身体のほてりを鎮める夏野菜
一般的に夏の野菜には身体のほてりを鎮める働きがあるといわれています。ナスやトマト、ズッキーニは根菜などに比べると加熱時間も早いので、忙しい時の料理に活用すると◎! 
今回は使用しませんでしたが、パプリカやインゲン、オクラなども火の通りが早く、なお且つ入れると美味しいのでぜひ加えてみてくださいね。
カレーが恋しくなる季節の #ヘルシー残業ご飯は夏野菜いっぱいのドライカレーをつくってみてはいかがでしょうか。
(ベジ活アドバイザー/一般社団法人食べてキレイになる協会理事・生井 理恵)

【あわせて読みたい】・遅く帰った日も簡単ごはんでキレイになる! #ヘルシー残業ごはん一覧はこちら・食べて脂肪を燃焼!ダイエット中の味方になる糖質・下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方・痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
・料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
・これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
・ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

外部リンク

ピックアップ