​『あの人の学生時代。』 ♯9:テレビ東京プロデューサー 伊藤隆行「何も無いことを恥じるな」

マイナビ学生の窓口

著名人の方々に大学時代のエピソードを伺うとともに、今の現役大学生に熱いエールを送ってもらおうという本連載。今回のゲストは、テレビ東京の人気プロデューサー・伊藤隆行さんです。『やりすぎコージー』『モヤモヤさまぁ~ず2』など、大学生にも人気のテレビ東京のバラエティ番組を数多く手掛けるテレビマンの学生時代はどのようなものだったのでしょうか? マスコミやテレビ業界に興味のある方は必見です。








ただ「なんとなく」で流されるままに大学へ進む




――伊藤さんは早稲田大学政治経済学部出身ですが、なぜ早稲田大学を、そしてなぜこの学部を選ばれたのでしょうか?



「なんとなく」なんです。高校が早稲田大学高等学院で、勉強すればそのまま早稲田に進めたので、進める範囲で一番頭がよさそうな政治経済学部になんとなくで入ったんですよ。




――何かビジョンがあって、そこに向かって進むということではなかったのですね。




そう、当時はあまり自分の意思がなかったんです。早大学院も塾の先生に受験を薦められて、母親にも「受けてみたら?」と言われたので受けましたし、高校時代も野球はしていたものの、なんとなく過ごしていました。節目節目で目の前にある中から選択しているだけでした。親も何か言うタイプじゃなかったですからね。




――「なんとなく」で進まれた大学ですが、どのような大学生活を送られましたか?




それまでずっとやっていた野球をやめて「軸」がなくなったんです。それで「何にもなくなっちゃったなぁ……」と思っていたんですけど、タイミングよく母校から野球のコーチをしてくれって言われたんですよ。週に3、4日はコーチしていましたから、大学にはほとんど行ってなかったです。




――大学生活の中で一つの「軸」ができたのですね。




まあそれも自分で志願したのではなく向こうから来た話ですから、やっぱりそこに自分の意思はなかったですよね。大学でも目立つことなく「なんとなく」で生きていたと思います。





■自分にハマるものを探した大学生活




――「なんとなく」で大学生活を送る中で、「何かやらなきゃ」という焦りみたいなものはありませんでしたか?




ありましたよ。だから自分にハマる何かがないか、いろいろとやりました。野球のサークルに入ったり、留学生が多かったので留学生と交流するサークルに入ったり。でもびっくりするくらいどれもハマらないんですよね。どれも「おもしろいからまた行きたい!」とは思わなかったです。



――大学のサークルの中にはどれも得るものはなかったと……


ただ飲んで話していただけでしたからね。でもそのときの知り合いはいまだに会ったりしますから、得るものはあったのかもしれません。ただ授業もなんとなくおもしろそうなのは行って、それ以外は図書館で寝ていて……。本当に何もなかったですね。ポリシーも、強みも……。「探さなきゃ!」と渇望して探したりもしましたたけど、見事に見つかりませんでした。友達関係も深く付き合うことはなく、広く浅くで。



――ある意味では、自由な学生生活を謳歌していたのかもしれませんね。


そうですね。高田馬場でゴロゴロしていました。僕は何しに大学行ってたんでしょうね(笑)。










必死にぶつかることの中で面白さを感じる

――就職に関してはどうでしたか?


3年生の後半くらいに、これまたなんとなく「就職しないといけないんだろうな」と考えて銀行に行こうと思いました。「政治経済学部だし、銀行OBも多くいるから銀行で」という考えだったんですけどね。それに政治経済学部ですから、「大学で学んだ知識をなんとかかんとか……」みたいに志望理由も言いやすいですし。テレビ業界については、銀行への就職に向けた「練習」として応募したくらいでした。



――就活もなんとなくだったんですか(笑)。


でもね、就活はおもしろかったですよ。試験も面接も。それまで会ったことのない「大人」に会っていろんな話ができたし。




――実際に働いている人と話すと得るものも多いですし、大事なことですよね。










就活って自分の持っているものをかき集めて そのときに出せる最大限のいい顔、最大限の意思を相手にぶつけるんだけど、意外と足りなかったりして、うそで固めたりもする。まぁ、うそで固めたつもりでも、意外と自分を反映していたりして、それもおもしろいですよね(笑)。今思えば、自分も何もないなりに必死にぶつかったと思います。




――就活自体は順調でしたか?




これが意外とよかったんですよ。大手都市銀行もいい所までいって、日本銀行も受けていい所までいきました。で、テレビ局は日本テレビとテレビ東京の2つがいいところまで進むことができましたね。




――必死にぶつかった結果ですよね。そういえば日本テレビとテレビ東京は、面接の日程がかぶってしまったそうですが、そこでなぜテレビ東京を選ばれたのですか?





なんででしょうね。何を血迷ったのか、テレビ東京を選んでしまったんですよ。株のニュースばっかりやってるとか、『浅草橋ヤング洋品店』とか『ギルガメッシュないと』とか変な番組をやっているってイメージがあって、面接もいろんな人が会ってくれて、中には半分寝ているようなおじさんもいて……。とにかく変わった局だなと思っていたんですけど、何もアピールすることないから「報道志望です!」って言ったらなぜかトントン拍子で進みました(笑)。





人生の中でかなりいい刺激を受けた就活

――最終的にテレビ東京に進まれることになりますが、なぜ最初に志望していた銀行ではなく、本命でなかったテレビ局に進まれたのでしょうか?


これはね、本当にいろいろありまして……。僕は「色弱」で、色はわかるんですけど、よく健康診断で出るドットで文字や数字が描かれた表みたいなもの(※石原式色覚検査)は正しく認識できないんですよ。子どものころに色弱であることがわかったとき、母が泣いていたのを子どもながらに覚えています。で、この色弱であることと、自分の「父親」のことが、自分の中で就職活動をとても印象深いものにしたんです。



――お父さんの影響ですか……。


実はうちの父はクレジットカード会社の社員だったんですよ。まだカード文化が日本に定着する前だから、海外に研修に行ったりしてまさに昭和の営業マンって感じの人で。性格も厳格で、ちょっとでも曲がったことをすると猛烈に怒る人で、子どもからすると怖い父親でしたね。で、その父が「子会社はやめとけ」と言うんです。子会社は親会社の意向でいろいろ苦労するからダメだって。



――すごいアドバイスですね(笑)。


なんでそんなことを言ったのかというと、父が会社で人事部長だったとき、会社や現場が動きやすいようにと人事案をまとめたんですけど、親会社の意向が入ってまったく反映されなかったそうなんです。それでブチ切れてしまったんでしょうね。父は言いたいことは言うタイプだったので、お偉いさんの前で人事案を破り捨てて、閑職に飛ばされちゃったそうで……。



――その経験があったから、息子に子会社はやめとけとアドバイスしたのでしょうね。


そうでしょうね。それが自分の色弱が発覚したのと同じくらいのタイミングだったのを覚えています。話は就活時に戻るんですけど、受けた銀行の中には父の会社の親会社だったところもあって、父も「そこがいい」って初めていろいろ話してくれたんですよ。それまで寡黙であまり話すことがなかったんですけど、それがとても印象深かったです。銀行もテレビ局も最終まで進んだんですけど、最後にまたあの色覚検査の表が出てきたんですよ。



――健康診断ですか。


そう。それまですっかり忘れていて。そこで初めて気づくんですよ。「テレビの仕事をするのに色弱じゃ当然だめだ」って。当時は実家だったので、帰って母親に「あの表が出てきたんだよね、だからテレビ局はあきらめるわ」って言って。そのとき母親が「ごめんね」って言ってきて……。テレビ局は練習として受けていたはずなんですけど、最後まで頑張っても「結局あの色覚検査の表で終わっちゃうんだな」って思ったら悔しくて、大学生なんですけどしくしく泣いたのを覚えています。



――練習とはいえ、一生懸命に取り組んだからこその悔しさなのかもしれませんね。


銀行の人が「うちは色弱とか関係ないから」って励ましてくれて、救われた気持ちにもなりましたけど、めちゃくちゃ悔しかったですね。それでしくしく泣いた次の日、検査をしたテレビ東京の医務室から「採用に関して私に権限はないけど、色弱であることはあんまり心配しなくていいわよ」って電話があったんですよ。今はもういらっしゃらないけど、西村さんという人で。そこから1週間くらいして、最終面接に呼ばれて採用になりましたね。



――大逆転じゃないですか!



目のことで完全に閉ざされたと思っていた道が、いきなり「大丈夫」と開くことは、自分の中でかなりインパクトが強かったですね。自分のそれまでの人生を振り返ってみても、色弱であることは母親が泣いていた思い出があったり、自分にとっては切っても切り離せないことですけど、思いもよらないタイミングでそれが認められて。必要としてくれたことが非常にうれしかったです。それで、銀行の人には申し訳ないけどテレビ東京にしよう……と。


――なるほど、そうした経緯で、自分が思っていたのとは真逆の道を進むことになったんですね。


父が望んだ道とも真反対になってしまいましたけどね。テレビ東京にしたと話したら、「子会社じゃないか!」と言われましたよ(笑)。でも周りの流れに乗ってなんとなく道を選んでいたそれまでと違って、自分の意思で違う道を選んだのがこの就活だったなと今振り返れば思いますね。目のこと、父のこと、すべて含めて人生の中でかなりいい刺激を受けた時間でした。その「いろんなことに刺激を受けて成長していくこと」は、今でも大切にしていますし、役立っていると思っています。



何も無くても焦る必要はない、正直にぶつかろう!

――自分の学生生活、就活をふまえ、学生にアドバイスをお願いします。


自分は何もない中で就活をしたけど、その中でいろんな刺激を受けて成長できました。なので、みなさんも「何もないことを恥じる必要はない」と思います。ノンポリシー上等です。無理やり背伸びをする必要はないです。ただ正直にやってほしいとは思います。それで気づくこともありますし、得られるものも多くあります。



自分に何が向いているか、時には就活の中で他人が見つけてくれることもあります。自分が思っていることでも、他人からするとそうじゃないことだってありますから、「自分が持っている能力を他人に見つけてもらう」くらいの感覚で気楽に取り組むといいと思います。あと、一つの道にこだわるのではなくいろんな物、世界を見てみるのもいいですね。




――ありがとうございました!


たくさんの人に会い、自分ができることを最大限にぶつけた就活時代は、伊藤さんにとって得るものも多い、非常に密度の濃い経験だったようです。それはきっと何もないことをネガティブに考えなかった結果でしょう。そんな伊藤さんが、現役大学生のみなさんに一番伝えたいメッセージは、「『何も無い』でいい」。焦って自分を誇示してアピールするよりは、何もない自分を認めて、それをポジティブに捉えて行動することが大事なのかもしれません。






<プロフィール>




伊藤隆行(いとう たかゆき)1972年東京生まれ。1995年テレビ東京入社。芸人とともに数々の挑戦的なテレビ番組を作り上げる。現在は『モヤモヤさまぁ~ず2』(毎週日曜 夜6時30分~)『にちようチャップリン』な(毎週日曜 夜10時~)どの総合プロデューサー、また『おしゃべりオジサンと怒れる女』(毎週土曜 夜11時55分~)などのプロデューサーを担当。


⇒テレビ東京HP
http://www.tv-tokyo.co.jp/

(中田ボンベ@dcp)




外部リンク

ピックアップ