「シなきゃ良かった…」ヤって後悔した過激エッチ4選

モデルプレス

「シなきゃ良かった…」ヤって後悔した過激エッチ4選(Photo-by-Kristin-Gründler/Fotolia)

【セックス/モデルプレス】興味本位やチャレンジ精神で、新しいエッチをしてみようと思った事はありませんか?常に新鮮なエッチを模索するのは、マンネリ予防にもとても良い事ですよね。しかし、できれば止めておいた方が良いエッチという事もあります。今回は、シなきゃ良かったと感じるエッチをご紹介します。

♥後ろの穴エッチ

慣れると通常のエッチよりも感じる事ができると噂の後ろの穴を使ったエッチですが、できれば止めておきましょう。

まず後ろの穴でするためには、充分な洗浄と時間をかけてほぐすことが重要だそうです。

また潤滑剤になるものが自然には出ないので、必ずローションを使わなければいけません。

処理や片付けが大変というのはもちろん、普段は使わない方法なのでとても身体の負担になってしまうのです。

失敗してしまうとかなり痛い思いをすることもあるようなので、できれば避けたい方法だと言えるでしょう。

♥複数エッチ

特に女性一人に対して男性複数人で行う、複数エッチはあまり女性にはオススメできません。

女性はどうしても受ける側になってしまうので身体への負担が大きく、翌日は動けなくなることも。

また逆に女性が複数の場合でも、男性の体力が追いつかずどちらかの女性が満足出来ない事もあります。

一対一でお互いの事をしっかりと見られるエッチの方が、より快感を得やすいかもしれないですね。

見られるのが好きという性癖を持っている人であれば、ちょっと話は別になってきますが…。

♥生挿入

コンドームをすると感じにくいと言って、生で挿入をしたがる男性がいますが出来るだけ止めておきましょう。

子供を望んでいる人でなければ、妊娠の可能性がある生挿入は出来るだけ避けたいですよね。

いくら快感が大きくても、万が一のときに身体に大きく負担がかかるのは女性側です。

特にワンナイトラブ等では、不衛生なので絶対止めたいですね。

リスクの高いエッチはあまりシない方が良いでしょう。

♥コスプレエッチ

ホテル等に行くと必ずと言って良いほど、コスプレの衣装が貸出されていたりしますよね。

テンションが上っていたり、いつもと違う雰囲気に流されて軽い気持ちでコスプレすると後悔する可能性があります。

たしかにその時は興奮するかもしれませんが、雰囲気に流されて写真を撮ったりしたものを後で見返すと「アイタタタ…」な結果に。

また、変にコスプレにハマってしまうと、通常のエッチでは満足できなくなってしまうケースも。

軽いコスプレはたまに楽しんでも良いかもしれないですが、ドハマリするのは避けたいですね。

いかがでしたか?

興味や関心が違う方に向いてしまうと、せっかくのエッチが後悔で残念な結果になってしまいます。

身体の負担や精神的な負担を考え、新しいエッチにチャレンジしてみましょう。

基本的にはパートナーが嫌がることはせず、お互い興奮が高まるものが良いですね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク

ピックアップ