スーパーフード界の雄キヌアよりスゴイ?アマランサスの魅力を調査!

スーパーフード界の雄キヌアよりスゴイ?アマランサスの魅力を調査!

GENIC WEB編集部

キヌアより栄養価が高いとも言われるアマランサス。白米に混ぜても、サラダの具にしても、スープに入れても、とレシピの応用範囲も広く、ただいま人気上昇中のスーパーフードです。そんなアマランサスとは?どんな健康・美容効果が?その魅力に迫ります。

スーパーフード・アマランサスとは

人気の十穀米の食品表示・成分表示ラベルシールをご覧になったこと、ありますか?原材料名に見慣れた雑穀名に混ざって、カタカナ名の食品があります。よ~く見ると、アマランサスと書いてあるでは!アマランサスという名を知らなかった人も、実は口にしているケースが多いようです。

 

アマランサスは中南米、南米が原産地で紀元前5000年ころから栽培されていました。13世紀に興ったインカ帝国ではトウモロコシ、豆類に匹敵する重要作物でした。

日本では、江戸時代に観賞用として伝来し、東北の一部などで食用として栽培されてきました。

観賞用はヒモゲイトウ、食用はアカアワと呼ばれています。

 

アマランサスは「スーパーグレイン(驚異の穀物)」と呼ばれるほど栄養価が高く、NASA(アメリカ航空宇宙局)が宇宙食として取り入れ、WHO(世界保健機構)も「未来の食べ物」と呼んでいます。白米と比べてカロリーは、ほぼ同じで、鉄分とマグネシウムが約12倍、カルシウムが約32倍、亜鉛は約4倍、カリウムは約7倍とミネラルが豊富です。

 

アマランサスは直径1ミリほどの種子を食します。白米と一緒に炊いたときプチプチの食感で見た目はたらこのつぶつぶに似ています。他の雑穀と違い、種皮が柔らかいので精白をせず、皮まで食べられるのも栄養価の高い一因です。

 

アマランサスってどうやって食べるの?

A post shared by Kaori Saito (@happykaoris) on

白米と一緒に炊くことが多いですね。他の雑穀と混ぜて白米と炊くこともあります。

 

ごはん以外の食べ方があり、いろいろと応用が利く食品です。

アマランサスを熱湯で10分程度ゆでて、水をきっておきます。アマランサスは直径1ミリと小粒なので、茶こしなどの目の細かいものを使って水きりを。

ゆでたアマランサスは、サラダやドレッシング、スープにヨーグルト、クッキーなど、といろいろな料理に入れてみてください。

 

ゆでたアマランサスに梅干しや豆板醤、しょうゆなどで味付けして明太子もどきを作るのも人気です。この明太子もどきを使ってパスタに和えたり、おにぎりに入れたり、タラモサラダにしても。

 

アマランサスのおいしい炊き方

汚れをとるためにアマランサスを目の細かい茶こしで洗います。

 

アマラサンスは白米2合に対してアマランサス大さじ2~4杯。水加減は、通常の水の量に、アマランサスと同量を目安に加えてください。(好みで自然塩をひとつまみ×2回程度加える)

 

あとは、いつものごはんの炊き方と同様です。

 

なお、土鍋で炊く場合、中ふたの穴からアマランサスが噴き出すおそれがあります。

 

アマランサスの期待できる効果

貧血予防:カルシウム、マグネシウム、リン、鉄分などのミネラルが豊富です。特に女性に不足しがちな鉄分はホウレンソウより豊富で白米の約12倍も含まれます。

 

むくみ改善:塩分排出と利尿作用効果のあるカリウムが豊富に含まれ、むくみ解消の効果が期待できます。

 

ストレス緩和:ストレスに関連するカルシウム、マグネシウムが多く含まれ、精神的ストレス緩和が期待できます。

 

アンチエイジング・美肌:スーパービタミンEとも呼ばれるトコトリエノールが多く含まれます。これは通常のビタミンEよりも抗酸化作用が高く、美肌効果なども期待されます。なおアマラサンスの脂肪分には、年齢とともに減少するスクアレンもオリーブオイルよりも多く含まれています。

 

アマランサスのダイエット効果とは?

カロリー摂取量を減らすために食事制限すると、本来、身体に必要な栄養素までも摂らないことにもなりかねません。アマランサスには、骨密度やストレスに関係するカルシウム、血液を作る鉄分、腸内環境を整える食物繊維など、ダイエット中に不足しがちな栄養素を豊富に含みます。

 

アマラサンスには、体内で合成できない必須アミノ酸のリジンが含まれています。白米や小麦に不足しがちなアミノ酸で脂肪分解作用のある酵素・リパーゼの働きを活性化します。

 

アマラサンスを日常の食事に上手に取り入れて、健康的なダイエットに!

 

アマランサスとキヌアとどう違うの?

キヌア(上の写真・左)もアマラサンス(右)もどちらも栄養価の高いスーパーフードであることに違いありません。

栄養価については甲乙つけられませんが、大まかに言うとミネラル分はアマランサスのほうが豊富で、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE等のビタミン類はキヌアのほうが豊富です。

 

見た目は、個別で見ると似ていますが、キヌアが直径2ミリ程度、アマランサスが直径1ミリ程度と違います。キヌアは単独でも主食になり、アマランサスは主食というより料理のトッピングなど少量使うのに向いています。

主食にもなることから、キヌアのほうがダイエットに向いているかもしれません。

 

それぞれの特長を生かすよう、あなたの生活に賢く取り入れてください。

 

アマランサスは家で栽培できるの?

東北地方や中部地方で育てられているアマランサス。家でも栽培できるか、実際に栽培しているブログをいくつか調べてみました。

 

肥料も不要で、病気も少なく、害虫被害も比較的少なく、育てやすい作物のようです。そして何よりもうれしいのが米や麦などと違い、脱穀の必要がないこと。

 

庭に余裕のある方や畑をお持ちの方は、トライしてみてください。

 

詳しい栽培法

おすすめ記事

・人気のスーパーフード、キヌアの上手な炊き方を知りたい

・ダイエットや健康に効果大のスーパーフードについて知っておくべきこと

ピックアップ