飛行機の中に持ち込めないものってどんなもの? 旅行前に知っておきたい基礎知識

マイナビ学生の窓口

飛行機を利用した旅の準備で、とくにお土産や荷物の中で「あれ? これって機内に持ち込めるのかな」とふと疑問に思う物がいくつかあると思います。ここでは空港の保安検査場で引っかかってしまう、「機内に持ち込めないもの」にスポットを当ててご紹介しましょう。



■飛行機に持ち込めないもの<国内線の場合>

飛行機搭乗前に行われる、手荷物検査や人間の金属探知機など保安検査場でのセキュリティチェックは、飛行機に搭乗する度にドキドキしてしまいますね。混雑している時期や早朝のフライトは、早めに済ませてしまうことがおすすめです。特にLCC路線などは、少し搭乗口までが距離がありますので早め早めの行動がいいでしょう。

流れとしては、空港カウンターでのチェックインのあと大きな荷物の手荷物預け入れを行い、保安検査場へ向かいます。国内線の保安検査場は、出発時刻の15分~30分前までに通過することがおすすめです。保安検査場では搭乗券のチェックのあと、金属探知機での自分自身のボディチェックと、手荷物のX線検査装置(荷物)の検査があります。
後ろの方に迷惑にならないように……と願いながら検査を受ける人も多いはずです。基本的に上着やパソコン、スマートフォン、財布、金属類はX線検査装置に備え付けのトレーに乗せてチェックを受けましょう。

国内線での飛行機の移動で機内に持ち込めないものは、基本的に危険物、燃えやすいもの、有毒物質、爆発・発火の恐れのあるもの、凶器になるものです。特に最近ではハイジャック・テロ等で使用される可能性がある「凶器」について、特に厳しく制限されています。

・国内線の飛行機に持ち込めない主なもの

<凶器になるもの>
ハサミ、果物ナイフ、カッターナイフ、ゴルフクラブ、バットなど

<発火の恐れがあるもの>
・ライター:喫煙用ライターのうち、青い炎がでる強力なプリミキシングライター、葉巻用ライター、オイルライター(吸収剤なし)、ライター用燃料(ガス・オイル)
・ヘアアイロン:ガス式ヘアアイロン・ヘアカーラー(一炭化水素ガスが充填してあり、熱源部には安全カバーがないもの)、電池式(コードレス)ヘアアイロン・ヘアカーラー ※本体から電池を取り外すことができないもの
・リチウム:大型リチウム電池、大型リチウムイオン電池(バッテリー)が内蔵・装着された電子機器

<液体、スプレー缶>
・液体:アルコール度数70%を超えるもの
・スプレー缶:引火性ガスを使用した日用品・スポーツ用品のスプレー類、「火器と高温に注意」、「発火注意マーク」の入ったものは持ち込みも預け荷物も不可。

国内線の機内持ち込みは、国際線ほど規定が厳しいわけではありません。しかし、安全で快適な旅を行うには、ひとりひとりの心がけが必要です。ルールを守らない人が1人でもいると、飛行機が定刻を過ぎても出発しない、途中で引き返してしまうなど予期せぬ出来事に遭遇することもあります。気をつけましょう。

<その他、注意が必要なもの>
・ペット(別料金で預け荷物に ※航空会社に予約、相談が必要)

航空会社にもよりますが、日本航空では「ペットも家族」というスタンスの元、お預かりできるペットの種類も豊富です(犬、猫、ハムスター、小鳥、うさぎなどの小動物)。しかしブルドックとフレンチ・ブルドックは対象外で預かれない、ということですので注意しましょう。
そして驚きなのが、カメや昆虫、金魚は迷惑にならなければ、機内持ち込み可能なのだということ。「ペット連れで旅行を楽しみたい」という学生のみなさんには嬉しい話題ですね。

・楽器
機内持ち込みにはもちろんサイズ規定がありますが、規定内であれば席を購入して機内へ楽器の持ち込みが可能です。大きな楽器は別料金で預け荷物になります。

音楽家の方から楽器の機内持ち込みについて話を伺ったところ、いつも隣に大事な楽器を置いておきたいため自分と楽器の2席を予約するそうです。座席料金は、1席料金なので楽器も人間と料金がさほど変わらず、またミールやドリンクはもちろん1人分しかサービスが受けられないため、ちょっと損した気分になることもあるんだとか。
また「空席に楽器を置いている」と周囲から思われている雰囲気が嫌で、いつも「この席は購入しています」とどうやったら伝わるか考えているとのことです。機内で1席、楽器が置いてある場合は音楽家が席を購入していますので、みなさんにも広く知っていただき温かい目でみてもらえればな、と思います。

・大型三脚(長さ制限あり、60cm以上は預け荷物に)
・キャリーバッグ(規定サイズ内でも、収納スペースがいっぱいの場合は預け荷物に)
・ベビーカー(無料で預け荷物に)

国内線(全日空・日本航空)では、機内持ち込み可能な手荷物は総重量10kg以内、身の回り品(バッグ、リュック、カメラなど)のほか、座席数100席以上の飛行機の場合は3辺の合計が115cm 以内、100席未満は3辺の合計が100cm 以内と定められていますのでご注意ください。

■飛行機に持ち込めないもの<国際線の場合>




海外へ渡航するとき、世界統一のルールがあるとわかるのが航空会社のセキュリティ、空の旅のガイドラインです。長時間フライトの場合は、特に身の回りに日常使っているものを常備しておきたい、という気持ちが先行し自分優先で荷造りをしてしまいがちですが、キチンと航空会社のルールに従って、手荷物の準備をしましょう。
航空法第86条では、「燃えやすいもの、爆発する恐れのあるもの、他人に危害を与えるもの、損傷させてしまう恐れのあるものを「危険物」とし、航空機で輸送してはならない。-国土交通省(爆発物等の輸送禁止)より-」と書かれています。手荷物などについて「危険なもの」と疑われたものの飛行機への持ち込みを禁じ、従わない場合は取り卸すことが出きる、と法律でも明記していますので「知らなかった」「教えてもらえなかった」などと言い逃れはできません、一般常識として覚えておくことが必要です。

国際線も国内線とチェックインから手荷物検査まで流れは一緒ですが、ターミナルゲートまでの移動する時間や出国審査がありますので時間に余裕をもって行動しましょう。保安検査は、テロ・ハイジャック防止のためのものです。改めて危険物を持っていない、ということを証明、確認する場所になりますので細心の注意を払ってのぞみましょう。

・国際線で機内に持ち込めないものの具体的な例

<凶器になるもの>
刀、ナイフ、手術用メス、牡蠣剥き用ナイフ、カッター、ピザカッター、弓矢、ボウガン、ヌンチャク、メリケンサック、バット、ビリヤードのキュー、ステッキ、木刀、竹刀、三脚、ビーチパラソル、つりざお、工具(ハンマー、スパナ、ドライバー)、先が尖ったもの(アイスピック、釘、注射針)など

<危険物>
高圧ガス、キャンプ用ガス、ダイビング用ボンベ、スプレー缶、オイルタンク式ライター、オイルタンク式ライター燃料、徳用マッチ、炭、花火、クラッカー、弾薬、漂白剤、エンジン、リチウム(イオン)バッテリー、殺虫剤、農薬、水銀、液体バッテリー、放射性物質、灯油、軽油、ガソリンなど

<ガスボンベ式スプレー>
塗料スプレー、パンク修理スプレー、模型用スプレー、催涙スプレー、酸素スプレー、エアダスター など

<液体>
液体は、100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体物(例えば化粧水や乳液、クレンジング、コンタクトレンズの液、歯磨き粉、ボディクリーム、香水の現品)は、航空機内への持ち込みが禁止されています。100 ml(g)以上の大きな容器に100 ml(g)の液体物が入っている場合でもNGで、機内への持ち込みはできません。保安検査場で発見されれば、放棄せざるを得ません。

ただしこれら持ち込み制限の対象となる液体物は、100ml(g)以下の容器に入った液体物(容量1リットル以下)にあらかじめ入れ替え、ジッパーの付いている透明プラスチック製袋に収納すると、手荷物として機内持ち込みが可能になります。例えばジップロックのようなものを準備し、液体類をまとめておけば、保安検査場で検査がスムーズに終えられます。ただし、この袋は1人1つ(サイズの目安は、縦20cm以下×横20cm以下)までしか機内に持ち込めませんのでご注意ください。
・化粧品類(機内持ち込み制限の対象となる液体物)
ヘアケア用品、スキンケア用品、日焼け止め、マウスケア、制汗・冷却スプレー(衣料につけるものも含む)、マニキュア、美白スプレー、ヘアスプレー、シャンプー、リンス、トリートメント、ジェル状リップクリーム・ジェル状口紅、軟膏、救急用塗り薬、ハンドクリーム、コンタクトレンズ用洗浄液などは、入れ替え対象物です。

・食料品(機内持ち込み制限の対象となる液体物)

味噌、醤油、漬物、マヨネーズ、焼肉のたれ、わさび、練り辛子、液体だし、プリン、ヨーグルト、缶詰、ゼリー、スキムミルク、レトルトのカレー、サラダ油、ごま油、清涼飲料水、アルコール飲料(アルコール度数が70%を超えるものは不可)、アイスクリーム、かき氷など

※制限があるだけで、100ml(g)以下の個々の容器で、それらの容器を1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れる事ができれば、機内持ち込み可能です。しかし、航空会社のチェックインカウンターで預けるスーツケースに入れておけば、100ml(g)を超えても預けられますので準備の際に、さほど必要がなければスーツケースに収納しましょう。

■免税店で買い物したものは機内持ち込み可能
出国手続きをすべて終えて、ターミナル内の免税店で購入した商品(液体類)は機内持ち込みが可能です。購入を証明するレシートがある、密閉式のビニール袋の中に入っている(未開封)など条件をクリアしていれば大丈夫です。ただし、乗継ぎ便の場合は、経由国の定めが適用されるので、購入時に保安検査員の方から情報を収集したり、免税店のスタッフに確認したりしましょう。

■国際線の預け入れ荷物について
念のため、手荷物以外の荷物について記載します。航空会社ごとに内容は変化しますが、預け入れるスーツケースの3辺(縦・横・高さ)の合計の長さが各社決められていますのでそちらを確認しましょう。また、個数・重量も細かく規定がありますので荷造り時に最終確認をして、規定内の重量、大きさのものであるか照らし合わせましょう。

■飛行機に持ち込めないもの・まとめ
国内、海外問わず飛行機の中に持ち込めないものには、ルールがあります。旅行にでかける前に知っておけば、恥ずかしい思いや、失敗した、という気持ちに覆われることなく、スムーズに旅に出ることができます。しかし、国際ルールやめまぐるしく世界情勢が変わる現代では、最終的には自分が搭乗する航空会社のルールに従うことになりますので、疑問点はあらかじめ航空会社に相談するなど過信せずに対策をたてるといいでしょう。

執筆:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)
学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。


外部リンク

ピックアップ