暑い日に活躍!香りも◎なひんやりボディースプレーの作り方

LBR

20170717hoshi01

暑さが厳しくなってきたこの頃。汗もかいて肌のベタつきが気になる、なんてことはありませんか? ひんやりとしたボディースプレーを使用すれば、涼しい顔で夏を過ごせるかもしれません。
今回はエッセンシャルオイルを使用した、手作りボディースプレーをご紹介します。

まずは体感を涼しくしよう!
普段からできることといえば、衣類を変えてみること。まずはコットン100%や麻の素材の洋服を意識的に選んでみましょう。
これらの素材は化学繊維に比べ、熱を逃がしやすく乾きやすいので、真夏の衣類にぴったり。またユニクロなどの、熱を逃がしてくれる機能を持つインナーを使うのも一つの手です。
さらに、衣類だけでなく体感を涼しくする方法があります。それはエッセンシャルオイル。
今回使うエッセンシャルオイルは『ペパーミント』。スーッと清涼感を感じる「l-メントール」という成分が入っているため、体感が「マイナス4度下がる」といわれています。このペパーミントを使用して、ボディースプレーを手作りしてみましょう。
ひんやりボディースプレーのつくり方
<準備するもの>
・ローズのフローラルウォーター・・・45ml
・無水エタノール・・・5ml
・ペパーミントのエッセンシャルオイル・・・2滴
・ラベンダーのエッセンシャルオイル・・・3滴
・スプレー式のガラス遮光ビン・・・1個

<作り方>
1. 無水エタノールとペパーミント、ラベンダーのエッセンシャルオイルを、スプレー式ガラス瓶に入れる。
エッセンシャルオイルはゆっくりと傾けて、分量を守ってください。そしてフタをして、良く振って混ぜます。
2. 1へ、ローズのフローラルウォーターを入れ、また同じようにフタを閉めてよく振って混ぜます。
3. しっかりと混ざったら完成です。
保存期間は冷蔵庫保管で1週間以内に使い切ってください。早ければ早い方が理想的です。
香りが変化し、いい香りでなくなってしまったら破棄して、新しいものを作ってくださいね。
<使い方>
使い方は簡単。暑い時に体にシュッシュとスプレーするだけ。日焼け後のお肌にも使えます。
またここで使用しているローズのフローラルウォーターは、オーガニック系をはじめする化粧品の主成分になっていることが多いものです。そのスキンケア効果は、数々の化粧品の実績を考えれば納得のハズ。ボディー用としてのブレンドですが、髪の毛にも使用可能です。
さらにペパーミントとラベンダーには、デオドラント効果を期待できるといわれています。汗をかいた時の嫌な臭いを予防するのにもおすすめです。
暑い真夏もひんやりボディースプレーで、軽やかに過ごしてみてはいかがでしょうか?
※ペパーミントは肌への刺激が他のエッセンシャルオイルに比べると強いため、顔には使用しないで下さい。
また妊娠中、授乳中、てんかん、高血圧、心臓疾患、発熱時、小さなお子さまへの使用も避けてください。
(Kupono Beauty代表、クポノライフデザイナー・星有子)

【あわせて読みたい】・癒しの香りで良質な睡眠を。ファブリックスプレーの作り方・また会いたいと思わせる!世界でひとつだけの手作りフレグランスを作ろう・【#美金 vol.34】デートは清楚な香りを味方に。彼を虜にするフレグランス・1日の始まりに優しい香りをまとう。手作りサシェで衣類も良い香りに
【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・リピ買い率高し!“理想の自分”に導くボディ用引き締め美容液
・お疲れ肌に◎“肌の土台”を整える「導入美容液」が心強い!
・浴衣にも◎!色香漂う「うなじ」を作るネックケア3ステップ
・毛穴落ち・化粧崩れに!美容ライターが選ぶ「夏の化粧下地」6選


【参考】※アロマでクールダウン – 日本アロマ環境協会

外部リンク

ピックアップ