もっとラブラブになりたい人は必読!彼氏に甘えるコツ

もっとラブラブになりたい人は必読!彼氏に甘えるコツ

Love crew

デート中、急に彼に甘えたくなる時がありますよね。でも、うまく甘えられなかったり、甘え方が分からなかったり…。タイミングは?わがままだと思われない甘え方は?キュンとする言葉は?電話、LINEは?などの疑問を解決。今回は彼氏に甘えるコツを紹介します。

彼氏に甘えるとはどういうこと?

大好きな彼に甘えてみたいと思うことってありませんか?

かわいく甘えられる女子なら、きっと今よりも愛されるはず。

でも、間違った甘え方で彼氏から迷惑がられたらと思うと、怖くて甘えられないですよね。

それに、普段から慣れていないと甘え方も分からないですし…。

彼氏に甘えるとはどういうことなのでしょうか?

 

彼氏に甘えるタイミングって?

スキンシップで甘える場合

甘えてみたい!と思っても、甘えるタイミングが分からないということがありますよね。

でも、甘えたいと思った時が甘えるタイミングです!

例えば外出中、エレベーターで誰もいなくなったときに頭をグリグリしたり、前を歩いている彼の裾をつかんでみたり。

ふいに甘えてみるのが、彼をキュンキュンさせるポイントです。

ただ、人の多い場所では周囲の迷惑になってしまいますし、彼も恥ずかしがるかもしれないので、甘えるのは一瞬だけにしましょう。

 

人がいる場所で甘えるのに勇気がいるときは、お互いの部屋で2人きりになったら思いっきり甘えちゃいましょう。

普段甘えないあなたのかわいい姿に、彼はきっとメロメロになるはずです!

 

彼氏にわがままだと思われない甘え方

言葉での甘え方には要注意

甘えとわがままは紙一重。

自分としてはかわいく甘えているつもりでも、度を越した甘えは彼にわがままだと思われてしまう可能性があります。

言葉で甘える場合には、誤解されてしまうケースもあるので、要注意。

 

例えば、彼が恋しくて今すぐ会いたい時に「すぐ迎えに来て」などと頻繁にお願いすると、どうでしょうか?

彼は都合よく使われているように感じ、ただのわがままのように感じてしまうのでNGです。

 

「会いたいんだけど、今日は会えるかな?」という気遣いの感じられる言い方だと、彼に配慮しているお願いの仕方となります。

彼からOKが出たら、思いっきり喜びましょう!

素直な感情表現に、彼は癒されると思いますよ。

 

甘える時に彼氏がキュンとくる言葉

甘える時には、どんな言葉を伝えたら分からない時は、

「好きだよ」

「甘えていいかな?」

「あと少しだけ一緒にいていい?」

など、ストレートな表現でOKです。

 

シンプルな想いを突然伝えられることで、彼はキュンとくるはず。

あなたが飾らずに話すと、彼も素直に心を開くことができ、2人の距離も縮まりますよ。

素直に思った気持ちを伝えることが、甘え上手の秘訣です。

 

彼氏にLINEで甘える時のポイント

デートの帰りなど、彼氏にLINEで甘えたい時がありますよね。

そういう時に、長文を送るとちょっと重いと思われるかもしれません。

読むのも時間がかかりますし、彼の返事も考えてしまうかも…。

できるだけ短文で、簡潔な文で気持ちを伝えましょう。

 

気持ちを伝えるのが恥ずかしい場合は、ハートマークや恋愛系のスタンプだと気軽に送れて良いですね。

LINEでの雰囲気も軽くなるので、彼も返事がしやすくなると思いますよ。

 

彼氏が喜ぶ電話で甘える方法

遠距離恋愛でなかなか彼と会えない時でも、甘えたい時ってありますよね。

そんな時は、電話を有効活用しましょう。

 

ポイントは、ここでもストレートに「好き」という気持ちを伝えることと、「急に声が聞きたくなって」というフレーズを伝えることです。

電話だと顔が見えない分、相手の次の行動を読めません。

そんな時、急に「好き」と言われることで相手は驚き、新鮮な気持ちになります。

また、「急に声が聞きたくなって」という言葉の裏の意味は、「あなたを必要としている」ということ。

あなたに自分は必要とされていると感じると、彼はきっとあなたのことをさらに可愛く感じるはずです。

 

甘え上手のコツは、自分を素直に出すこと。

そのためには、一歩勇気を踏み出して、彼に近づいてみましょう。

カップルになった2人なので、多少甘え方に失敗しても大丈夫です。

大好きな彼にいっぱい甘えて、もっとラブラブなカップルになりましょう!

 

(文責:並木キキ)

 

おすすめ記事

・カップルのLINEにベストな頻度!長続きさせるポイントとは

・彼氏とのデートはうまくいってる?悩みを解決しよう

・ずっとラブラブに!カップルを長続きさせるポイント

ピックアップ