天然温泉「スパ ラクーア」が大規模ニューアル フィンランド式サウナや炭酸泉を新設

モデルプレス

露天風呂(イメージ)/画像提供:竹中工務店

【女子旅プレス】東京・後楽園の東京ドーム天然温泉「スパ ラクーア」は2003年の開業以来初めてとなる大規模改装を、2017年9月4日(月)から行い、10月5日(木)にリニューアルオープンする。

今回のリニューアルでは、ラクーアのコンセプトである「水」を踏襲し、エントランスやスパゾーンを「水の流れ」をイメージしたデザインに一新。

メインの浴室には、露天風呂の「檜風呂炭酸泉」や「酸素泉」、熱く焼けたサウナストーンの上に水をかけて蒸気を発生させることにより、体感温度を調節できる本格的な「フィンランドサウナ」など、新陳代謝を促進するコンテンツを新設。

また、種類の豊富さやベッド数において国内の温浴施設最大級のトリートメント&ビューティーに、日本の温浴施設では初となる「ヴィシーシャワー」の水圧を利用した施術を導入するなど、スパゾーン内で水を使ったトリートメントがより充実。

また、館内着やロッカールーム、パウダーコーナーをリニューアルし、レストランゾーンにも本格的ベトナム料理が楽しめる「ニャーヴェトナム」がオープンするほか、「京都高台寺よ志のや」が、京都をイメージした和モダンリゾートレストランとして生まれ変わる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■スパ ラクーア
住所:東京都文京区春日1-1-1ラクーアビル
営業時間:11:00~翌9:00
入館料:18歳以上2,850円、小学生以上18歳未満2,052円 
※2017年9月3日(日)までは、18歳以2,634円
小学生以上18歳未満1,836円
※休日割増料(土日祝、特定日)+324円、 深夜割増料
(深夜1時~翌6時在館)+1,944円あり
※ヒーリング バーデ(18歳未満利用不可)+864円
定休日:不定休(施設点検・整備などによる休館日あり)

情報:東京ドーム

【Not Sponsored 記事】

外部リンク

ピックアップ