インスタに載せたい!フード写真をおしゃれに撮る5つの法則♡

インスタに載せたい!フード写真をおしゃれに撮る5つの法則♡

GENIC WEB公式ライター Chii

旅行先で見つけたお気に入りのカフェメニューや、自宅で作ったおうちごはんなど、フード写真をおしゃれに撮れたら良いですよね。 そこで簡単な工夫をするだけでフード写真がグッと素敵に見える5つの法則をご紹介。 外出先でも自宅でも簡単にマネできちゃいます!

1. 光の差し込み具合で立体感を出す

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

料理が美味しそうに見えるかどうかは光の差し込み具合がとても重要。

店内の照明よりも太陽の自然光のほうが綺麗に写るので、テラスや窓際のお席に座るのがおすすめ。

 

上の写真は昼間にテラスで撮影したものです。

オムレツがよりふっくらして見えるように、後から加工で影をつけていますが、この立体感は太陽光なしでは実現できないと思います。

 

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

こちらは室内で撮影したものですが、窓際に近い席で撮影しました。

そうすることで店内の照明にプラスで、自然光も取り入れることができました。

 

また各食器に注目して頂くと分かる通り、光が反射しています。

これが立体間を生み、より自然な輝きを実現してくれます。

 

2. フードによって「アングル」を変える

定番!真上から撮影

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

インスタグラムでは定番の、フードを真上から撮るスタイル。

真上から撮るときのポイントは垂直に撮り、あえて全てを写しきらないことだと思います。

そうすることで写真全体が小ぢんまりとしてしまうことを防ぎ、より臨場感溢れる写真になるのでおすすめです。

 

斜めから全体を撮影

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

斜め上から全体を撮影したもの。

 

このアングルで撮った理由は、縦に立体感があるフードを見せたかったのと、ドリンクの透明な爽やかさをプラスしたいと思ったからです。

 

このようにフードや見せたいものによってアングルを変えることで、写真の印象を変えることができます。

 

3. ファインダーを覗きながら配置を考える

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

フードの配置もおしゃれに撮るための欠かせないポイントです。

私はいつも実際にファインダー越しにチェックしながらフードを並べています。

 

実際に見るのも良いのですが、ファインダーを通して見ると印象が変わることがあります。

そのため一度ファインダー越しで見てみるのがおすすめです。

 

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

配置のコツは見せたいメインのものを中央にして、その周りを整えることです。

 

このとき大事なのが、プレート同士の距離間。

空けすぎず、つめすぎず大きなプレートの周りを小さなプレートで埋めるような感覚で配置します。

 

4. 「小物」で写真に華やかさを出す!

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

フードと一緒に小物も並べることで賑やかな印象になります。

 

上の写真では空いたスペースにお店のショップカードを置いてみました。

そうすることでどこのお店で食べたか、紹介することもできますよね。

 

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

こちらの写真ではサングラスを置きました。

ファッションアイテムを並べることでアクセントになり、休憩中のゆるい雰囲気も演出することができます。

サングラスのタイプがお店の雰囲気に合っているか、ということも考えるようにしましょう!

 

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

自宅で撮影するときはたくさんのアイテムがあると思うので、遊び心で色々置き変えてみるのも楽しいですね。

本やメガネなどを入れるとのんびりした休日の雰囲気が出せるのでおすすめ。

 

5. 「雰囲気作り」で見応えのある写真に

最後に忘れてはいけないのが、雰囲気作り。

それがどんなときに撮影されたものなのか、ということを私は写真に取り入れるようにしています。

具体的に紹介していきます。

 

一人旅でのんびり朝食

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

「旅行先で一人カウンター席で食べる朝食とラテ」というイメージで撮影。

トーストを少しカットして、自分の足も入れて撮影しました。

そうすることで「私が過ごしている時間」を表現しています。

 

旅行先で友人とランチ

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

こちらは旅行先で友人とランチをしたときの写真です。

友人と自分の足を少し写すことで、二人でランチを楽しんでいる雰囲気を出しました。

 

クリスマスホリデーを満喫

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

こちらはクリスマスシーズンに撮影した写真です。

デコレーションをすることで、クリスマスの雰囲気を出したり、クリスマスホリデーを満喫している様子を演出してみました。

 

自分の手や足を入れたり、わざとナイフとフォークを広げて置いたりすることで、「誰が」「どこで」「どんなとき」の雰囲気を表現することができ、見応えのある写真になります。

 

さっそくあなたもおしゃれなフード写真を撮ってみよう♡

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

いかがでしたか?

今回ご紹介したコツはどれも今すぐ試せる簡単なものばかり!

さっそくあなたもカフェや自宅で試してみてくださいね♡

 

GENIC WEB公式ライター Chii

東京都出身。

現在はオーストラリア人の彼とオーストラリアで暮らしている。

趣味は旅行と、海でのんびりすること、お気に入りのカフェでホットラテを飲むこと。

SNSではオーストラリアでのスローでシンプルなライフスタイルを発信中。

2017年2月に書籍「Byron Baby」を出版。

Byron Baby 購入はこちらから

Chii Blog

Chii Instagram

おすすめ記事

・ビーチフォトの撮り方はインスタグラマーに学べ!ビーチ写真のおしゃれな撮り方

・ふわふわ可愛い担当♡のゆうりが教える!可愛い写真を撮る秘訣

GENIC WEB公式ライターChiiさんの他の記事もチェック!

ピックアップ