【留学体験談】人気急上昇中! 地中海に浮かぶマルタ島への短期留学【学生記者】

マイナビ学生の窓口

こんにちは、青山学院大学3年のぶんぶんです。


大学在学中に経験したいと考える人が多い留学。語学を学ぶならどこの国に行きたいですか? 人それぞれさまざまな国が今回私が紹介するのはマルタ島。ヨーロッパに位置する美しいマルタ島で過ごす留学生活はまさに最高。そんなマルタ島で過ごした5週間の留学体験談を紹介します。

■基本情報
留学先(国、都市、学校名):マルタ島(イタリアの下)、セントジュリアン、ESE語学学校
留学期間:2017年2月~2017年3月までの5週間
語学力:語学学校のクラスはB1.2
■留学費用
・かかった金額:45万円
・奨学金:なし
■準備を始めた時期
留学に行くと決めたのは11月中旬(出発前2か月半前)で、すべての申し込みが終了したのは12月初旬です。留学先の情報は学校においてある語学学校のパンフレットをみたり、ネットで調べたりしました。英語の勉強は学校のチャットルームという外国人留学生とお話しできる教室に通いました。
■留学をしようと思ったきっかけ
父が海外勤務だったこともあり、その影響で昔から海外に強いあこがれを持っていました。また、その気持ちがさらに強くなったきっかけは2016年の夏、フィリピンに3週間ボランティアに行ったときです。現地の友達がたくさんでき、新しい価値観に出会いとても刺激的な日々でした。しかし、当時は英語が苦手だったため、うまくコミュニケーションが取れませんでした。このことから、英語を学びたい、新しい土地、新しい人に出会って思考や行動の幅を広げたいと思い留学に踏み切りました。また、マルタ島に決めた理由は、ヨーロッパに行ってみたかった、日本人が少ない、料金が安いという3つの理由からです。

■留学を行くことに対する悩み・不安
語学力に対する不安が大きかったです。クラスメイトやホストマザーとうまく会話ができるか心配でした。またホームシックにならないか、食事が合うかどうか、生活に慣れるか、すべてが不安でした。実際、最初の一週間はホームシックで毎日母に電話をしていましたね。しかし、だんだん友達も増え、環境に慣れていくことで不安は解消されました。食事も口に合い、最終的にはむしろ太ってしまいました(笑)。
■留学先でのトラブル
3週間目の半ばに、急遽家庭の諸事情によりホームステイ先が変更しました。そのときは本当に不安で、新しい家になれるか心配でしたが、とてもいい人だったのでよかったです。
■留学先での体験談
学校が行っているアクティビティーに積極的に参加して、友達を増やしていきました。普段学校は14時に終わっていたので、そのあと外国人の友達とカフェに行ったり観光をしたりして楽しみました。ホームステイ先は夜ご飯が19時からだったので、それまでには帰って勉強をしていました。また、マルタ島は地中海に浮かぶ島で本当にきれいです。遺跡がたくさんあり、絵に描いたようなヨーロッパな街並みに感動しました。
■留学に行って学んだこと
クラスメイトには大学教授のドイツ人や医者のコロンビア人、大学休学中の韓国人、夫婦で来ているブラジル人、ホテル経営のイタリア人など多くのバックグラウンドをもった人がいました。彼らは英語を勉強するため、休暇ができたための気晴らし、キャリアアップのためなどさまざまな理由で留学に来ています。彼らと話すと違った人生、違う考え方を知ることができて新鮮で、考え方や将来に対する視野が広がりました。今思えば年齢も国籍も職種もこんなにも違う人と接する機会は滅多にないので、貴重な経験だったなと感じます。
■帰国後の語学力について
今も継続して英語を話せるチャットルームに通っているのですが、以前よりかは英語で言葉が出てくるようになりました。また、発音もよくなったと思います。たった5週間ですが変化があり、うれしかったです。
■まとめ
留学に行き、今までと違う生活をする上で見えてくるものはたくさんあります。慣れない土地に一人で行って、現地に溶け込み情報収集をすることは意外と難しいです。しかし、私は留学をきっかけに「私ならできる」「どんな人とでも打ち解けられる」「どんな環境でもやっていける」という自信が生まれました。やってみると意外となんとかなることもありますので、迷っているくらいなら絶対に行ったほうがいいですよ! ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
文・ぶんぶん

外部リンク

ピックアップ