ハロウィンやお弁当に!秋色きんぴらと簡単サンドイッチレシピ

LBR

20171010kunishio01

おいしいもので溢れる実りの秋。ピクニックや紅葉狩りなどのアウトドアやハロウィンなどのイベントが盛りだくさん! そこで今回は、簡単に作れて美肌作りにも嬉しい秋レシピを、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。お弁当に、おもてなし料理に、ぜひお試しください。


人参と紫キャベツの「美肌きんぴら」

<材料>作りやすい分量
・人参 1本
・紫キャベツ 1/8個
・ごま油 小さじ1
-A-
・酒 大さじ2
・きび砂糖 大さじ1
・すりおろしにんにく 小さじ1
・すりごま 大さじ2
-B-
・本みりん 大さじ1
・濃口しょうゆ 大さじ1
・塩 ひとつまみ
・青のり 小さじ1
<作り方>
1. 人参は皮を剥き太めの千切りにする。(またはピーラーで細く削ぐ)
紫キャベツは芯を除き太めの千切りにする。
2. フライパンを熱しごま油をひき、1がしんなりするまで炒める。
3. Aを加えよく和えながら炒める。砂糖が溶けたらBを加えて弱火で混ぜ合わせながらさっと炒める。
4. 塩で味を整え、器に盛り、青のりをトッピングすれば完成!
隠し味のにんにくが味のアクセントに! ごまと青のりの香りも食欲をそそります。オレンジと紫のコントラストで秋らしい食卓を演出してくれるひと品です。
<インナービューティーポイント>
・人参には乾燥からお肌や粘膜を守る「βカロテン(体内でビタミンAに変換)」が豊富。秋の乾燥肌対策にも毎日食べたい食材のひとつです。
・紫キャベツには豊富な食物繊維、ポリフェノールの一種「アントシアニン」が豊富。抗酸化力を高めてアンチエイジングをサポートします。美肌作りに嬉しいビタミンCや、むくみ予防に嬉しいカリウムも豊富です。
・トッピングの青のりには、不足しがちなカルシウムが豊富です。
・ごまには細胞老化を防ぐ抗酸化力の高い「セサミン」などの成分が豊富に含まれています。
~アレンジレシピ~ 秋色美肌きんぴらサンド

<材料>1人分
・フランスパン 1/3本
・上記でご紹介したきんぴら 1/2カップ
・マヨネーズ 大さじ1
<作り方>
1. フランスパンは横に切り込みを入れて軽くトーストする。
2. 切り込みの内面にマヨネーズを塗り、きんぴらを挟めば完成!
アレンジレシピをより美味しく食べる方法
・青ジソがあれば一緒に挟むと爽やかな味わいで色どりもよくなります。
・マヨネーズの代わりに今注目の良質オイル「ギーオイル」を使うと少し濃厚な味わいに。
残ったきんぴらをアレンジして、食べ応えのあるバゲットサンドが完成! 美肌にも嬉しい栄養満点のバゲットサンドは、紫外線が気になるピクニックのお供にもおススメ。ぜひお試しくださいね。
ライタープロフィール
インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子
「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)
【保有資格】
ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

【あわせて読みたい】・彼も喜ぶお弁当おかず!レンチンで簡単に作れるヘルシーレシピ2つ・彼の胃袋をつかむ!男性が喜ぶお弁当づくりのポイント5つ・彼も喜ぶお弁当!お酒にもコーヒーにも◎簡単サンドイッチレシピ・15分で出来ちゃう!簡単ヘルシー節約お弁当レシピ3つ
【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
・その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
・“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
・見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

外部リンク

ピックアップ