「彼とどこで知り合ったの?」この質問にこたえる「プチ言い訳」お教えします!

愛カツ

恋愛・婚活に勝つための情報サイト・恋愛相談掲示板【愛カツ】

近年、異性との出会いの場はどんどん多様化しています。
「彼とは学生時代の同級生だった」「友達の紹介で」などの王道の出会いの他に「合コン」「婚活パーティー」、それに「SNSや出会い系サイト」などインターネットを利用した出会いも一般的になってきています。
しかし中には、友人に「彼とはどこで知り合ったの?」聞かれた時などに、正直に「出会い系サイトで」「合コンで」と答えていいものかと迷ってしまうという声もあります。
ましてや彼と結婚することになったら、お互いの家族や親戚などに何度となくその質問をされるでしょう。
そんな時、何と答えたらいいんだろう・・・今回は、そんなあなたのための「出会いのプチ言い訳」をご紹介致しましょう。

 
合コン、街コン、お見合いパーティーなど
最近の「婚活・恋活ブーム」ですっかり一般的になってきたこれらのイベントでの出会いは
「共通の友人の紹介」
と答えると良いでしょう。
特に「合コン」などは、実際に友達が幹事となることも多いですよね?
一説には、芸能人などの結婚報道で「共通の友人・知人を介して知り合った」というのは、ほとんどが「合コン」での出会いであるとも言われます。
 
趣味コン、SNSなど
共通の趣味を楽しみながら出会いに繋げていく主旨の「趣味コン」などは、そのまま「共通の趣味を通じて知り合った」と言うのが自然でしょう。
またSNSでの出会いも、同じ趣味・興味を持つ人の集まるコミュニティを通して繋がることがとても多いため、同じように「趣味の集まりがきっかけで」と言えますよね。
 
出会い系サイト、恋愛グルチャなど
出会ったきっかけの中でも「親や親戚・友達には言いにくい」という世間的なイメージを気にして、公言を躊躇する人が多いのが「インターネットを利用した出会い」ではないでしょうか?
また最近はオンラインゲームなども一般的になってきているので、「趣味のゲーム繋がりで知り合う」という可能性も十分にありますよね。
この場合も「趣味の集まりがきっかけ」「共通の知人を通して」などと言う人が多いようです。
また中には「結婚相談所で」と答える人もいるようです。
出会い系サイトや恋愛グルチャも、ある意味「結婚相談所」のようなものですから、なるほど!な良いアイデアですね。
 
婚活バー
最近「出会いの場」として注目を集めている「シングルスバー」、いわゆる「婚活バー」。
ここで彼と知り合ったあなたは、「行きつけのバーで」と言うのはいかがでしょうか?
オシャレなバーで男女が知り合い、付き合うようになって・・・という展開は、昔からドラマや映画の中でもよく見かけるシチュエーションですよね?
「行きつけのバーのオーナーに紹介されて」というのもありだと思います。

いかがでしたでしょうか?
「私は彼と出会った場所なんて気にしない!正直に堂々と答えればいいじゃない!?」という女性もいるかも知れませんが、その一方でどうしても周囲の印象が気になってしまうあなたは、こんな「プチ言い訳」を使ってみるといいかも知れませんね。(Nona/ライター)
(愛カツ編集部)

外部リンク

ピックアップ