アプリでサクサク記事を読む
彼氏はオーストラリア人!国際恋愛でプラスなこと♡

彼氏はオーストラリア人!国際恋愛でプラスなこと♡

GENIC WEB公式ライター Chii

国や性別、年齢関係なく、人は必ず良いところも悪いところもありますよね。一人一人違うので一概には言えませんが、国民性やその国独自の考え方があるのは確かです。そこで今回は実際に私がお付き合いをしているオーストラリア人の彼との関係を例に、国籍の違う彼と付き合うことでプラスなポイントをご紹介します。

好きになる理由に国籍は関係ない!

まず前提として、長く真剣な国際交際をしている人の多くは、「好きになった人が外国人だった」というケースだと思っています。「外国人と付き合いたい」という興味本位や、ある種のステータスが理由でお付き合いを始めた方で長く付き合った人を私は見たことがありません。

 

私の場合も理由は別にありますが、それを踏まえた上で、今回は外国籍の方とのお付き合いすることで良いなと思った点をご紹介します。

 

1. 男女平等

イコールな関係性を保てる

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

国によって考え方は全く異なりますが、オーストラリア社会では女性の活躍が男性同様に認められます。会社で良い役職に就くことも可能であれば、女性医の割合は日本の倍です。更にヨーロッパの上位国は日本の4倍の女性医が産後も仕事を続けられる環境が整っています。

 

完全に男尊女卑が消えたとは言い切れませんが、オーストラリアでは男女の対等な関係が交際にも現れています。

 

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

例えば私たちの場合「女性が家事をして男性がお金を稼ぐ」という考えが根本にない為、彼が料理、私が掃除を担当するなど、それぞれ自分の得意な作業を行うことが多いです。お互いに仕事をしているので、片方が忙しいときは臨機応変に手伝います。

例えば彼が何かのタイミングで収入がないときは、私が家族を養っていくつもりですし、逆の場合でも同じです。

「結婚したら家庭に入りたい」という女性にとっては少しハードかもしれませんが、結婚や出産をしても社会でバリバリ働きたい女性にとっては、とてもプラスの関係だと思います。

 

2. 愛情表現

言葉やスキンシップで示すので分かりやすい

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

英語には「彼氏」「彼女」の事を、「Baby」「Babe」「Lovely」「Sweetie Pie」「Honey」など愛情を示す数え切れないほどの呼び名があり、日常的に使うのはもちろん、友人や家族の前でも同じように表現します。

また、「I love you」は挨拶代わりに使います。

 

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

例として出すのはお恥ずかしいですが、私の彼の場合、「My beautiful Princess」「Pretty Lady」と日常的に呼んでくれたり、彼の友人の前でも「こんなに素晴らしい彼女がいて僕は幸せ者でしょう」と話してくれることがよくあります。ハグやキスも挨拶代わりに頻繁にします。

 

ただ、自分自身も同じように返さなければ相手は不安になります。その為、日本人の私にとっては初めは表現が難しかったです。今でも彼ほど表現力はないですが、毎日「I love you」と伝えたり、スキンシップをするようにして愛情表現しています。

 

3. ユニークな自分(個性)を認めてくれる

自分らしくいられる

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

オーストラリアやヨーロッパ、アメリカなどの移民が多い国では、小さい頃から自分と違う肌の色や髪の色をした他人を、そのままの形で受け入れることを厳しく教育されているそうです。

その為、その人の「個性」そのものを、「美」だと認識することが多いように感じます。

 

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

日本では、私の帰国時のメイクや服装、体重の変化などに友人が敏感に気づき指摘をするので、なかなか気を抜けません。しかしオーストラリアでは外見について褒めること以外ほぼ触れられないので、自然体でいられます。

彼は、私がどんな髪型や服装をしても、「私が好きでしたこと」の事実を絶賛してくれるので、いつも自分らしくいられます。

 

自分の個性を色濃く持っていないと、オーストラリア人を始めウェスタンの方と真剣な交際に発展するのは難しいかもしれません。それほどその人の持つ個性は尊重されます。

 

4. お互いのカルチャーを共有出来る

相手の言語や習慣などを知る楽しみがある

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

私は何に関しても常に冒険をしていたいタイプです。

彼の、「全く違う環境で育った、ルーツの違う人」という点に大きな魅力を感じたのは確かです。

 

彼が小さい時にしていた遊び、毎朝食べるものなど、全てが違うので、毎日が新しい発見の嵐!

かと思えば、全く違うルーツなのに共通のことを発見したり、相手の国を詳しく知ることが出来たり…とにかく楽しみが尽きません。

 

また、お互いの国の言語を覚えるのも楽しみのひとつになりますよね。

ここだけの話ですが、語学を習得するのに一番近道なのは彼と毎日その国の言葉で話すことです。これ以上の近道は他にないと言っても過言ではありません。

 

5. ポジティブ

オーストラリア人特有!幸せの捉え方

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

私が今までお付き合いをしてきた人の中で、オーストラリア人は「幸せ」の考え方が根本的に違うと感じました。

 

日本では、安定した職に就いて長く働き、良い生活をするのが一般的に考えられる幸せの形ではないでしょうか。アメリカを始めとした、多くの国でもそう考えられることが多いように感じます。

 

オーストラリア人は、お金のあるなしに関わらず「自分の心が幸せであるかどうか」を基準にしている人が圧倒的に多いように感じます。一生懸命働いたと思ったら、パタリと仕事を辞めて何ヶ月かホリデーに出たりする人が非常に多いです。

 

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

気持ちの切り替えが非常に早く、落ち込む出来事があっても次の日が来ると、まるで何もなかったかのようにポジティブに戻ります。また、必要以上に先のことを心配しません。オーストラリア人の口癖は「どうにかなるから大丈夫」です。

 

私は、彼が落ち込んでいる姿をほぼ一度も見たことがありません。最初は「どうにかなるから大丈夫」としか言わない彼に慣れませんでしたが、本当にどうにかなっているので、最近は自分自身も必要のない心配をしないようになってきました。

 

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

熱中すると仕事でも遊びでも120%でやるのがオーストラリ人です。

「今幸せか」を非常に大事にしているので、必然的にどんなときも幸せでいられるのではないかと思っています。これが、日本人の私にとって一番プラスなポイントです。

 

旅好きなあなたには出会いがあるかも?

A post shared by Chii (@chiionholiday) on

いかがでしたか?今回は一般的な国民性と私の体験談を元に書かせて頂きましたが、一概には言えず、日本人だから、オーストラリ人だから、とくくることは出来ないと思っています。現に昔お付き合いしていたアメリカ人の彼よりも日本人の彼の方が100倍優しいということもありました。

 

最終的には「人それぞれ」ということになりますが、記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

もしかしたら、あなたも旅行先で国籍の違う彼と恋に落ちることがあるかも...!?そのときはこの記事を思い出してみてくださいね!

 

GENIC WEB公式ライター Chii

東京都出身。

現在はオーストラリア人の彼とオーストラリアで暮らしている。

趣味は旅行と、海でのんびりすること、お気に入りのカフェでホットラテを飲むこと。

SNSではオーストラリアでのスローでシンプルなライフスタイルを発信中。

2017年2月に書籍「Byron Baby」を出版。

Byron Baby 購入はこちらから

Chii Blog

Chii Instagram

おすすめ記事

・必見♡フォトジェニックが溢れる国、オーストラリア!

・どう乗り切ればいい!?彼氏との遠距離恋愛で浮気を防ぐポイント。

・彼氏と距離を置く期間は?理由や注意点、確認点も知ろう!遠距離の場合も

・彼氏と喧嘩。仲直りする方法と上手に仲直りできない時の対処法

・喧嘩した彼氏と上手に仲直りしたい!仲直りのコツ

GENIC WEB公式ライターChiiさんの他の記事もチェック!

ピックアップ

アプリでサクサク記事を読む