アプリでサクサク記事を読む

メキシコのおすすめ観光地20選! 世界一を争う人気ビーチや世界遺産をチェック

マイナビ学生の窓口

観光名所やグルメなど、日本人なら「なにがあるのか想像がつかない」という人も多そうなメキシコ。メキシコが多くの世界遺産を保有しており、世界でも1、2を争うレベルのビーチがあることを知っていましたか? 今回はそんなメキシコの知られざるおすすめ観光スポットをピックアップ! いますぐメキシコに行きたいと思える観光地を紹介します。




■メキシコの治安


外務省の海外安全情報(危険情報)によりますと、メキシコ国内では殺人強盗等の犯罪が多く、また誘拐事件も多数発生しています。夜間の単独行動は避け、陸路の長距離移動は昼間のみするようにしましょう。身代金目的の誘拐がビジネス化しているため、気をつけて行動しなければなりません。例えば拉致されて1日の限度額いっぱい(およそ6,000ペソ)をATMから引き出させる行為を何日も繰り返す「短時間誘拐(express kidnap)」や、「狂言誘拐(virtual kidnap)」などで誘拐を装って金銭を要求したりするという被害も報告されています。しかし、これは警察に届けられた一部の事象ですので、さらに多くの被害がメキシコ国内にはあると思いましょう。


そして現在ゲレロ州(タスコ市を除く)、チワワ州フアレス市、タマウリパス州マタモロス市、レイノサ市及びヌエボ・ラレド市、ミチョアカン州にレベル2の渡航注意勧告(不要不急の渡航はしない)が出ています。コリマ州及びゲレロ州(タスコ市)は、レベル1の注意喚起です。日本からメキシコに行く際は、外務省発表の海外安全情報で最新情報をチェックしましょう。


■時差


メキシコは日本の約5倍の面積の大きな国です。時差は4つあり、メキシコシティなどは日本との時差はマイナス15時間、カンクンのあるキンタナ・ロー州はマイナス14時間、南バハ・カリフォルニア州、シナロア州、ナジャリ州、ソノラ州などの北部はマイナス16時間、ティファナと北バハ・カリフォルニア州マイナス17時間の時差があります。サマータイムはカンクンのあるキンタナ・ロー州やソノラ州を除いて、全土にあります。サマータイム中のメキシコシティとの時差はマイナス14時間です。


■飛行時間


メキシコへは日本からの直行便は、全日空とアエロメヒコ航空が直行便を毎日就航していて、フライト時間は13時間です(帰りは16時間)。2017年から全日空がメキシコシティへの直行便運航を決めたため、便利にスムーズに旅することができるようになりました。


その他、経由便としてアメリカのエアライン各社を選ぶこともでき(待ち時間含めて16~19時間)、全日空の成田―メキシコシティ線は、直行便エコノミー席利用で往復8万円台からの販売があります。


■旅費


メキシコへの旅は、おそらく今人気のカンクンへの旅が主流だと思いますが、カンクンはアメリカやヨーロッパからのバカンス客が主要客ですので、まだまだ日本からはツアー代金も料金設定が高めです。地域設定も、カンクン旅行がほとんどでメキシコシティと2都市周遊や、アメリカ(ラスベガスやニューヨークなど)で2泊、カンクンで3泊などの国を跨いだ宿泊プランが主流です。


料金も30万円~設定ですので、2都市周遊で世界各国との料金差を比較すると高額なツアーに感じますが、それでもなお行ってみたいと人気が高まる都市の一つです。


■言語


メキシコの公用語はスペイン語です。英語も比較的通じますが、田舎や土産物屋では難しいでしょう。


■その他注意事項


メキシコシティやカンクンでは、水に注意しましょう。レストランでは、氷やグラスが殺菌処理されていないため、慣れていない人が口にすると腹痛の原因になります。ミネラルウォーターを購入して飲むよう心がけましょう。


海の水も、とてもきれいな透明な水に見えますが、プランクトンなどが発生する時期もあり、口に入ってしまうとお腹を壊す場合もあります。ビーチもいいですが、その海を見ながらホテルのプールでくつろぐのもまたおすすめします。


レストランのトイレなども、便座を除菌してから腰掛けたいものです。トイレにゴミ箱が設置してある場合、トイレットペーパーは流さずゴミ箱に捨てましょう。水圧が低いので流れにくい場合があります。



■メキシコのおすすめ観光地20選


メキシコのおすすめ観光地1.カンクン





ユカタン半島最大の観光地、細長い20kmのラグーンとカリブ海に挟まれたリゾートで世界有数の美しさを誇るカンクンです。カンクンはビーチ滞在型でホテルステイが長い場所ですので、宿泊先は十分下調べをして力を入れたいところです。青い海と白い砂浜、そしてサンサンと照りつける太陽。まさにリゾート気分を満喫できて、セレブリティ気分を味わえる場所です。


空港から、そして街の中心部からこのリゾートホテルエリア群までは車で15分~30分ですので、比較的便利な場所にあると言えるでしょう。


メキシコのおすすめ観光地2.MUSA海底美術館


※写真はイメージです


カンクンでダイビングツアーに参加するなら、「MUSA海底美術館」のオプショナルツアーに参加することをおすすめします。テレビで放送されてからは現地で話題になり、400体の彫刻を海底で見つけながら回るダイビングは、世界中探してもここでしか味わえない体験です。カリブの海の透明度があるからこそ美術館として成り立っているように思えます。


MUSA海底美術館の作品は海底アーティスト、イギリス人彫刻家ジェイソン・デカイレス・テイラーさんの作品ですが、環境に優しい素材を使用し、サンゴに彫刻の色の変化も楽しめるように細工してあるそうです。そもそもの始まりはサンゴの発育のために彫刻を沈めた、ということですので、今後の海の生態系の維持、そしてサンゴの生育が楽しみですね。

メキシコのおすすめ観光地3.チチェン・イッツアー




マヤ文明の遺跡チチェン・イッツアーは、マヤ人の言葉で「泉のほとり」という意味。ユカタン半島のセノーテ(聖なる泉)を中心として都市が繁栄したことからこの名前がつきました。
大神殿「エルカスティージョ」は9世紀初頭に完成したといわれていますが、四面すべてにある急傾斜の階段はマヤ文明の農耕暦や祭事暦に合わせて作られています。北側階段のククルカン(羽毛の蛇)の羽が年に2回(春分の日と秋分の日)、太陽の光により陰になって現れるという仕掛けがあるそうで、マヤ文明の天文・地学・建築技術の素晴らしさが神殿建築に生かされています。謎沖マヤ文明を知る貴重な遺跡です。

メキシコのおすすめ観光地4.テオティワカン




シティから50kmの場所にあるテオティワカン遺跡も、紀元前2世紀ごろに建造されたメキシコの宗教都市国家です。独自に文明をもったテオティワカン人は、どこから来てなぜ滅亡したのかいまだに解明されておらず、遺跡だけが追跡の資料となっています。

のちにこのピラミッド群をみたアステカ人たちは、「神が建てた都市」として信じて「太陽の神殿」「月の神殿」などの名称をつけたそうです。

65mの高さのピラミッド「太陽のピラミッド」は、テオティワカン最大の建築物ですのでじっくり見学してください。ケツァルコアトルの神殿やケツァルパパロトルの神殿、死者の道など見所満載です。知識を深めたい人は日本語のツアーガイドをお願いしたほうがいいと思います。


メキシコのおすすめ観光地5.グアナファト




カラフルな世界遺産都市、メキシコの中部にあるグアナファトは、石畳の道、コロニアル調の家々など、中世ヨーロッパのような街並みが広がる都市です。1988年に世界遺産に登録され、グアナファトの景観や家々、生活道路などの修繕はすべて管理されています。小さなこぢんまりとした町はカフェやレストランも多く、夜遅くまで賑わいを見せています。

一番の楽しみは、グアナファト市街を街歩きして、メキシコ人の文化や生活の一部に触れることです。フアレス通りの複雑に入り込んだ道をふらっと歩くことで、おいしい隠れ家レストランを見つけたり、めずらしいお土産を手に入れたりすることもできます。

メキシコのおすすめ観光地6.アカプルコ



メキシコを代表するビーチリゾート、アカプルコは年間300万人近い観光客が訪れます。ビーチには無料で置いてあるパラソルの下でビーチチェアに座りながらのんびりすることができ、ドリンクなどもオーダーに来る人に頼めば有料で販売してくれます。海にはクルーズ船やジェットスキーを楽しむ人も多くいますが、どちらかといえば地元の住民が遊びに来るローカルビーチという印象が強いです。

ビーチから右奥に見える崖「ラケブラダ」は、アカプルコ湾に高さ35mという高さからダイブするクリフ・ダイビングショーのスポットです。


メキシコのおすすめ観光地7.サンミゲル・デ・アジェンデ




フランシスコ会修道士サンミゲルによって建設された町は、20世紀になってサンミゲル・デ・アジェンデという名に改められ発展しました。メキシコ独立戦争の英雄アジェンデが生まれた町です。手工業の好況で町は繁栄しましたが、その後衰退。今はそのガラス細工、銀細工、民芸品、陶器の伝統手工業が「芸術の町」として知られるようになり、アジェンデ美術学校には世界中からもの作りを学ぶ留学生がたくさん集まってきています。

コロニアル建築の古い町並みは該当が灯る夜になると、ロマンティックな雰囲気に包まれます。サンミゲル・デ・アジェンデ(国定コロニアル記念都市)は2008年には郊外のアトトルニコとともに、世界遺産に登録されました。


メキシコのおすすめ観光地8.カンペチェ




メキシコ湾に面するカンペチェは要塞都市で、スペインによって建造されました。マヤ人の都だったカンペチェは1540年頃スペイン軍に征服されてからメキシコ有数の貿易港として栄えました。しかし海の争いごと、海賊船の襲来が度重なったため大要塞を築くことになりました。この歴史が、今の観光名所に繋がっています。

カンぺチェの旧市街は城壁と砦に囲まれ、縦横にきれいに整備されたストリートは都市防衛の歴史を知ることができます。街の中心部サンフランシスコ砦やアラメダ公園、ペドロ・サイス市場、サンペドロ砦周辺はコロニアル調の旧市街の街並みを楽しめます。街のシンボルカテドラルもカンぺチェの代表名所です。白亜の塔の教会もぜひ見学してみてください。

メキシコのおすすめ観光地9.モンテ・アルバン




中央アメリカ最古の遺跡。古代サポテコの祭礼場所モンテ・アルバンは、紀元前500年頃から建設が始まったと言われ、考古学的な価値も高く世界文化遺産に登録されています。

モンテ・アルバンはサポテコ人が建造しましたが、疫病や地震、飲料水の確保が何らかの事情でできず、この地を放棄してしまいます。その後ミステコ人が移り住み、モンテ・アルバンを埋葬の場として利用し始めました。


壁画「踊る人々のピラミッド」は、モンテ・アルバンのピラミッド300枚の巨石平板に踊る人のレリーフがあります。裸だったり、血を流していたりしている"拷問"の壁画です。当時の見せしめのレリーフとしてはちょっとおどろおどろしいのですが、紀元前の作品ということで現物が見られるのはいい機会でしょう。

メキシコのおすすめ観光地10.コスメル




メキシコのダイビングスポットは透明度が違います! ユカタン半島の先にあるカンクンから船、メキシコシティから飛行機で行く島コスメルは、長さ53km、幅14kmの島です。

椰子の木が並ぶサンミゲルの海岸通りは、のんびりゆったりとした時間が流れています。カリブ海に囲まれていますので透明度の高い海、白い砂浜はカンクンに近いです。コスメル島のチャンカナブ公園はダイビングやシュノーケル、ドルフィンディスカバリーなどのアクティビティが豊富なのが特徴。ビーチは流れが少なく海底美術館のようなものもあります。海が透明すぎてシュノーケルでも海中がよく見えますので、コスメルでのダイビングもおすすめです。

メキシコのおすすめ観光地11.セノーテ




チェチェン・イツァーの「聖なる泉(セノーテ)」は、ユカタン半島一大きな規模のセノーテで、深い色合いの聖域の様な静けさと呼吸を感じる泉です。儀式のひとつとして生贄や貢ぎ物が投げ込まれた、という諸説も残っていて、泉の周りには生贄投下のための祭壇が残っています。人間は、日照りの時期に処女の女性がささげられたとの言い伝えもあります。


遺跡見学の後には、天然のセノーテがあり泳げるように整備されています。ライフジャケット、更衣室、シャワーも揃っていますので、時間があれば神秘の泉を実際に体験してみて下さい。


メキシコのおすすめ観光地12.マヤ遺跡





メキシコにあるマヤ文明の遺跡は、テオティワカンやチチェン・イッツアーだけではありません。トトナカ人とワステカ人の宗教都市、稲妻とハリケーンの神々を祀った壁龕「エルタヒン」、「魔法使いのピラミッド」があるウシュマル、チアパス州の「碑文の神殿」パレンケ、カンペチェ州の2002年世界遺産登録されたジャングルの未開の地「カラクムル」など各地に点々としています。


神秘的で謎の多いメキシコのマヤ文明は、非常に高度で技術力も高く驚くことがたくさんあります。宗教観点、遺跡(古代建築物)としての精巧性など支店をかえるだけで新しい発見ができます。これを機にマヤ文明を研究するというのもいいでしょう。

メキシコのおすすめ観光地13.グアダラハラ





メキシコ第2の都市グアダラハラは、メキシコ中西部太平洋を望める場所にあります。伝統音楽「マリアッチ」発祥の地で、中心部のオスピシオ・カバーニャスは世界遺産に登録されている歴史と文化、音楽の街です。


観光の中心はオスピシオ・カバーニャスで、グアダラハラ出身のオロスコが描いた「スペインのメキシコ侵略」の天井画や壁画があわせて50ほどあります。ドーム状の内部や壁にはオロスコの超大作が壁画にたくさん装飾されています。礼拝堂、画廊、ホールなどに利用されているオスピシオ・カバーニャスでは、毎週水曜日にメキシコの伝統舞踊が披露されています。


メキシコのおすすめ観光地14.メキシコシティ




メキシコシティは、メキシコ合衆国の首都でスペイン語を公用語とする都市です。北半球にあり5月から雨季、11月から乾季となっています。日本との時差は15時間で日本の方が時間が進んでいて、サマータイム導入中の時差は14時間です。


中央広場のソカロは歴史的に重要な広場で、今ではソカロに面しているテンプロ・マヨールや国立宮殿などがあり、500年近く鎮座しています。


メキシコのおすすめ観光地15.テンプロ・マヨール





アステカ帝国時代の中央神殿跡にあるテンプロ・マヨールは、アステカ遺跡の一部といわれていて、ソカロからすぐの場所で歴史的遺構が見学できます。遺跡は発掘調査のあと、テノチティトランの中央神殿であることがわかりました。赤い神殿、神の使者チャック・モールの石像、蛇頭像などの石像群も注目です。遺跡の北側にある髑髏の彫刻「ツォンパントリの祭壇」も見逃さずに見てください。

メキシコのおすすめ観光地16.国立宮殿




メキシコシティのソカロにある国立宮殿は、アステカ時代の征服者コルテスが宮殿を建立しました。その後の大改修を経て今の姿になり宮殿には「メキシコの歴史」(ディエゴ・リベラ)が描いた壁画があり各時代のメキシコの様子が描かれています。


国立宮殿は、メキシコ独立の舞台となった場所です。毎年9月15日の独立記念日には1810年「ドローレスの叫び」を再現するかのように、大統領がバルコニーから「メキシコ万歳! 独立バンザイ」と叫びます。赤白緑のメキシコの国旗をもった国民が、ソカロで同じように叫ぶ姿は、年に1度の風物詩です。


メキシコのおすすめ観光地17.プエルト・エスコンディード


※写真はイメージです


メキシコ、アカプルコから東400kmの場所にあるプエルト・エスコンディードは、その名も「隠された港」の意味があり、一昔前はバックパッカーの隠れ家だったようです。今ではリゾート観光開発が進みサーフィンの国際大会も開かれる、サーフィンのメッカとして一躍有名になりました。世界中から波を求めてサーファーが集まります。


特にプラヤ・シカテラは強い波が立つポイントで、世界トップ10にランキングしたこともある本格的なサーフィンエリアです。ボードのレンタルや販売もしていてシーズン中は賑わいます。


メキシコのおすすめ観光地18.オアハカ




オアハカはオアハカ州の首都で、マヤ人のパレンケ遺跡やサポテコ人のモンテ・アルバンなどが集まる大遺跡。建造物の保存もいいと評判です。メキシコに古くから暮らす先住民の文化が色濃く残り、田舎ののんびりとした風景が広がります。

昔ながらの風習を守るインディヘナの人達が暮らし、インディヘナの伝統衣装や民芸品などを刺繍したり織物にしたりして生活しています。市内観光は、サント・ドミンゴ教会、ラソレダー教会など、先住民が信仰し足しげく通っている教会を見て周りましょう。


メキシコのおすすめ観光地19.タスコ




メキシコシティの170km南西にある街タスコは、銀の採掘と鉱山で栄えた街です。伝説的なシルバーラッシュがこの地で始まると、国中から人が集まって町が拡大し、その銀鉱脈発見者のボルダは一躍大富豪となりました。銀で稼いだお金をボルダはすべてタスコの教会、庭園建築に注ぎ込み、銀鉱脈が枯れると町は活気がなくなり衰退して行きました。

その黄金期に建てられたコロニアル様式の建物が今、世界から注目されタスコに観光客が増えてきました。メキシコシティから日帰り客も多いですが、のんびり過ごしたい人は1泊して楽しむのがいいでしょう。タスコの町中心部にはソカロとサンファン広場、生鮮食料品が並ぶ市場があり、おいしいメキシコの食事を楽しめるでしょう。


メキシコのおすすめ観光地20.ロスカボス




バハ・カリフォルニア州にあるロスカボスはサンディエゴ、ティファナを南下した最南端にあります。サン・ホセ・デルカポ空港のそばにありサン・ルーカスと人気を二分する太平洋のビーチリゾートです。コルテス海と太平洋が交わる岬は荒波に削られた奇岩、奇石が現れ驚きます。高級リゾートのあるコリドールエリア、静かな街並みサン・ホセ・デルカボエリア、クラブやレストラン、ナイトライフが充実したカボ・サンルーカスエリアなど好きな場所で滞在するのがいいでしょう。国道1号線には砂漠にサボテン、という景色が広がっていますので、自分で運転してドライブを楽しんでもいいかもしれません。

メキシコのおすすめ観光地をご紹介しましたが、いかがでしたか? カンクンはもちろん世界的遺産や芸術作品を見ることができるメキシコ。ビーチ好きや遺跡好きの友達と、メキシコに遊びに行ってみてはいかがでしょうか?


執筆者:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)


学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。



外部リンク

ピックアップ

アプリでサクサク記事を読む