アプリでサクサク記事を読む

【海外編】おすすめの卒業旅行の行き先と旅のコツ 行き先が決まらない大学生必見!

マイナビ学生の窓口

学生最後の卒業旅行の行き先で頭を悩ませていませんか? 私も、学生時代の旅行先はよく迷っていました。特に海外だと、行く場所を決めるのは大変ですよね。そこで元旅行会社スタッフだった私が、グループで楽しめる場所、思い出に残る場所、行ってみたい憧れの場所であることを観点に、卒業旅行におすすめの海外の行き先をピックアップしてみました。大好きな友人との卒業旅行の計画に、この記事を参考にしてみてください。


■卒業旅行のおすすめの行き先・海外編:海外旅行の定番 イタリア

歴史・美食・芸術の揃ったイタリア。魅力いっぱいのイタリアで観光地を巡ったり、ショッピングやイタリア料理やワインを楽しんだりするのはどうでしょう。特にジェラートは絶品なので要チェックです!
なお、スリ・ひったくり・置き引きなどの警告が、在イタリア日本国大使館から出ています。「暗い場所を歩かない」「甘い言葉に誘われない」といった、危機管理の意識を持って行動してください。とはいえ、憧れのイタリアには見るべきものがたくさん。ローマとフィレンツェが特におすすめなので紹介します。
<永遠の都市ローマで優雅な休日>
イタリアの首都・ローマには、コロッセオやフォロ・ロマーノ、パンテオンなど、2000年以上前に建築された石造りの円形闘技場や神殿が立ち並んでいます。私はサン・ピエトロ大聖堂に感動しました。
ほかにも、トレビの泉やスペイン坂といった観光名所がギュッと詰まったローマは、まるで映画の世界。オードリー・ヘップバーンの名作「ローマの休日」を観てから行くと、より楽しめます! 永遠の都・ローマにて最高の思い出を作ってくださいね。
<「イタリアの歴史」を感じるフィレンツェ>
フィレンツェは、15世紀にルネサンス文化の中心地・フィレンツェ共和国として栄華を極めました。「丘のようだ」といわれるサンタ・マリア大聖堂を中心とした市内には、建築物や芸術作品がたくさん。
洗礼堂やヴェッキオ宮殿、ウフィッツィ美術館など、中世の美しい世界観を楽しめます。「街全体が巨大な美術館のようだ」といわれるすばらしい場所なので、訪れてみて下さい。
■卒業旅行のおすすめの行き先・海外編:過去と未来、グルメの国 ドイツ

音楽やアート、街の雰囲気が楽しめるドイツ。ヨーロッパの文化を楽しむ卒業旅行なんていかがでしょうか?
ドイツで注意したいのは、日本で発行されたクレジットカードが使用できない場所が多いこと。海外ATMに対応した国際キャッシュカードを持っておくと、現地通貨が引き出せるので便利です。ちなみに私は、「新生銀行」のキャッシュカードを忍ばせて海外を旅しています。そんなドイツから、観光におすすめな2つの都市をご紹介しましょう。
<過去と未来へタイムスリップ! ベルリン>
ブランデンブルク門やベルリンの壁、ベルリン大聖堂といった歴史ある観光地だけでなく、ヨーロッパを引っ張るカルチャーやアートの楽しめるベルリンは、大人数でも楽しめること間違いなし! ベルリンで最も現代的な場所・ポツダム広場に行けば、映画やカフェ、ショッピングを一日中楽しめます。
また、レストランや雑貨屋の立ち並ぶオシャレなハッケシャーホーフもおすすめです。ストリートアートや音楽が街に溢れています。活気ある人々に触れてみてはどうでしょうか。
<ドイツ最大の観光都市・ミュンヘン>
ドイツ南部の都市・ミュンヘンは、中世の文化を受け継ぐ美しい都市です。ゴシック調の建物を背景に、友人との優雅なひとときを楽しむのも良いでしょう。
市民の憩いの場として使われるカールス広場やヴィクトリアーリエンマルクトの野外市場で、買い物するのもいい思い出になるはず。ビールの好きは本場の「オクトーバーフェスト」に参加してみるのもいいですね。ミュンヘン新市庁舎のマリエン広場にて11月から開催されるクリスマスマーケットも魅力的です。
■卒業旅行のおすすめの行き先・海外編:大自然が楽しめる オーストラリア

オーストラリアは、国内の治安が安定した安心できる渡航先です。その反面、日本から持ち込んだカップラーメンが罰金の対象となったケースもあるほど、入国時の持ち込み検査が厳しいです。トラブルを避けるためにも、食品はなるべく持ち込まないようにしましょう。安心して楽しめる国オーストラリアで、大人気の旅行先を2つご紹介します。大都市シドニーと活気あふれる街ゴールドコーストはどちらも卒業旅行におすすめです。
<国際都市「シドニー」で観光>
有名なオペラハウスやパディントン・マーケットなど、多くの観光地のあるシドニー。中でもダーリングハーバーは、オシャレなレストランやお店が並び、カジノもある人気スポットです。ライトアップされた夜景がとても綺麗なので、記憶に残ること間違いなしです。
魅力的なシドニーを散策して、大都会の雰囲気と英国モダンな街並みを楽しむ卒業旅行もいいでしょう。
<活気あふれる街「ゴールドコースト」>
オーストラリアの東にある大都市・ゴールドコースト。ここは若者が楽しめる街として有名です。昼間はオーストラリアの大自然を、夜は活気あるナイトライフを楽しむのはどうでしょうか。
サーファーズパラダイスでのビーチアクティビィや大人気水族館のシーワールド、キラ・ビーチ、タンボリン国立公園など、豊かな自然を楽しめる場所がたくさんあります。一日中遊べるゴールドコーストで、友人との最高のひと時を楽しんでみてはどうでしょうか。
■卒業旅行のおすすめの行き先・海外編:微笑みの国 タイ

リピーターが続出する、魅力あるタイを4つ目におすすめします。首都のバンコクやリゾートのプーケット、仏教文化を受け継ぐチェンマイで、東南アジアの魅力を楽しむ卒業旅行もいいのではないでしょうか。タイ国内にある寺院やお寺を観光する際は、露出の少ない服を着るようにしましょう。神聖な場所なので、周りに不快な思いを与える行動は厳禁です。また「蚊」と「野良犬」にも注意が必要です。マラリヤやデング熱の原因となる蚊は、虫除けクリームやスプレーで対策し、狂犬病の病原となる野良犬には近づかないようにして下さい。
タイに何回も訪れたことのある私がおすすめするのは、バンコクとプーケット。それぞれの魅力を紹介します。
<ショッピング天国と王宮の街「バンコク」>
バンコク市内のおすすめスポットといえば、タイの王宮ワット・プラケオです。荘厳な建物を見てまわるのは、いかにも「海外旅行に来た!」という感じがしますね。私はバンコクの郊外に新しくできた「アジアンティーク」というショッピングモールがお気に入り。川辺にあるモールでのんびりするのも楽しいですよ。
また、バンコクから半日で行けるアユタヤでは、有名なアユタヤ遺跡や水上マーケット、像に乗ったりして楽しめます。現地のツアーを利用すると移動もラクなのでおすすめです。
<タイ最大のリゾート地「プーケット」>
タイは最大のリゾート地プーケットは、透き通った青い海と真っ白な砂浜が魅力的な観光地。「アンダマンの真珠」と呼ばれ、年間600万人以上の観光客が海外から訪れています。
プーケット内で最も活気あるのがパトンビーチ。ここには外国人が多く集まり、夜でも賑わいます。ピピ島やコーラル島のツアーに参加すれば、ジャングルを探検しているような気分も楽しめますよ。ビーチにグルメ、ショッピングとなんでも揃う万能型リゾートで、学生の旅をエンジョイしてください。
■卒業旅行のおすすめの行き先・海外編:人気急上昇の秘境 フィリピン

豪華なホテルに泊まって、海でのんびりとリゾート気分を味わうのも、海外の卒業旅行の楽しみの1つ。そんな夢を叶えてくれるのがフィリピンのリゾートホテルです。手頃な価格で5つ星のホテルに宿泊できるフィリピンは、旅の予算を低く抑えられます。街中での移動手段にはタクシーやトライシクル(バイク)、ジプニーと呼ばれる乗り合いバスがありますが、観光客はタクシーを使うのが安全です。有名な配車アプリ「Uber」や「Grab」を使えば、クレジットカード払いができるので便利ですよ。
フィリピンに2年間滞在していた私がおすすめするのは、セブ島とボラカイ島。どちらも世界的なリゾート地として有名です。
<海と街を楽しむ「セブ」>
私が特におすすめするのが「アイランドピクニック」というツアーです。南国の海をフィリピン特有のバンカーボートで移動して、透明度の高い海でシュノーケルをする、セブの海を一気に楽しめるツアーです。
また、セブ市内ではアヤラセンターやSMシティセブなど、巨大モールで買い物が楽しめます。ランチやディナーには、アヤラセンターにある「カサベルデ」というレストランに立ち寄ってみて下さい。おいしいリブステーキが食べられる、私のお気に入りのレストランです。海も街も楽しめるセブ島で、すてきな思い出を作ってくださいね。
<島まるごと1つが楽園・ボラカイ島>
フィリピンの楽園・ボラカイ島。ホテルが立ち並び、島全体が一つのリゾートホテルです。
代表的なホワイトビーチは、世界のベストビーチに選ばれたこともあります。夜には波の音を聞きながらオープンバーでリラックス。バンドの生演奏も聞けます。キリッとした飲み心地のビール「サンミゲル・ピルセン」が、南国の夜にピッタリです。
またフィリピンは、透明度の高いダイビングスポットとして有名です。ライセンスの必要ない「体験ダイビング」というツアーもあるので、この機会に挑戦してみてはどうでしょうか?
ここでは、卒業旅行におすすめの海外の行き先を5つご紹介しました。どこか、気になる国や都市はありましたか? 「こんなところがあったんだ!」や「ここは見てみたい!」という場所を見つけてもらえたらうれしいです。今回は大人数でも楽しめる国、学生旅行に選びやすい場所という観点から、イタリア、ドイツ、オーストラリア、タイ、フィリピンを紹介しました。あなたは卒業旅行に、どこの国を選びますか? 最高の旅にしてくださいね。


執筆:ヒロフルカワ
大学生の時に海外に魅了され、趣味がバックパッカーとなりました。フィリピンのセブ島では現地旅行会社のツアーコーディネーターを経験。訪れた国は2桁となり、3つの国で留学・長期滞在を経てトラベルライターに。長年の海外経験をもとに、旅のヒントやおすすめの旅行先をご紹介します。

外部リンク

ピックアップ

アプリでサクサク記事を読む