アプリでサクサク記事を読む
さよなら、盛りすぎセルフィー加工。加工アプリなしで綺麗なセルフィーを撮るコツ

さよなら、盛りすぎセルフィー加工。加工アプリなしで綺麗なセルフィーを撮るコツ

GENIC WEB公式

PR

メイクが上手くいった日、大好きな友達と会った日。セルフィーは女の子の日常を刻むために欠かせない写真です。加工アプリで不自然に盛りすぎたセルフィーはもう卒業、「リアルに綺麗な人」に見えるセルフィーに挑戦しましょう!OLYMPUS PEN E-PL8なら加工なしで「天然美人」なナチュ盛れ写真が撮れます。

まずは盛れるベース作り。セルフィーテクニック

光を利用する

オシャレ写真に自然光は欠かせませんが、セルフィーも同じです。車の中でのセルフィーが盛れるのは有名ですよね。明るいところで撮影すればナチュ盛りできます。他にも、逆光を利用すれば切なさを感じさせる雰囲気のあるセルフィーに。

 

ファッション、ヘアスタイルで小顔効果を狙う

小物を上手く使えば小顔効果も狙えます。帽子やアクセサリー、これからの時期だともこもこ系の羽織りを着ていると、顔が小さく写りますよ。

また、ストレートのしっとりヘアよりも、髪にふわっとしたボリュームがある方が盛れるので、撮影前に少し髪をほぐしてかきあげておけば、一層の小顔効果やニュアンス美人効果が出て◎。

 

メイクを工夫する

セルフィーを撮るときは、明るさを調整したり、光を意識したりしますよね。肌を明るく写す分、顔のメリハリが分かりにくくなってしまいます。そこで、ノーズシャドウやハイライトをしっかり入れ、陰影を意識したメイクがおすすめです。

アイラインやマスカラをややしっかりめに塗れば、目がくっきり。ナチュラルに見せるコツは、シャドウを濃くしすぎないこと!リップを塗って唇に色をさすこともお忘れなく♡

 

加工アプリよサラバ!PENのタッチセルフィー専用モードが想像以上に盛れる!

美肌になるのに、髪や小物はディティールくっきり

セルフィーモードでは、肌をなめらかにしてくれる「eポートレート」が付いています。明るさ調整も画面タッチで簡単。カメラならではの画質×美肌モードで「ナチュラルで綺麗」な最強に美しいセルフィーが撮れます!

 

撮影:yuco

yuco's COMMENT
肌はなめらかに写るのに、ドライフラワーの色みやディティールの美しさがしっかり伝わることに感動です。被写体が自分より手前にある時でも、タッチシャッターなら自分の顔に簡単にすばやくピントを合わせられるから、失敗なく撮れました。
お出かけした時なんかは、スマホで撮るよりも広角なので、画角に収めたいものがたくさん入ります。

 

困ったセルフィーあるあるの「ピンボケ」を解消

セルフィーで案外多いのが、ピンボケ問題。

背景や手前の物にピントが合ってしまって自分がボケている、なんて意外と多いのではないでしょうか。それってちょっと残念。

 

PENはモニタータッチでピント合わせ&シャッターが切れるので、失敗知らず。

しかも、髪や服の質感がしっかり伝わるのに、美肌に写ります。加工アプリとの差が一目瞭然です。

 

撮影:ERIKO

ERIKO's COMMENT
PENは180度回転式の下開きモニターだから、下開きモニターにし、表示されたカメラマークにタッチするだけで1秒後にシャッターが切れる!ポージングしやすかったです。
キットレンズ装着時には、セルフィーに適した画角にレンズが自動で移動。「ここで撮りたい!」と思った時にササッと撮れて便利です。
eポートレートのオンオフや、明るさなども、モニターを見ながらタッチパネルで簡単調整できます。

顔だけアップはもう古い。今っぽいのはシーンが伝わるセルフィー

オシャレなインスタグラマーがやっているのは、顔+プラスワン。

顔のアップではなく、シーンが伝わる要素を1つも2つも盛り込むのが、今っぽセルフィーです。

 

撮影:aiai

aiai's COMMENT
旅行に来ていることが伝わるようセルフィーを撮りました。サボテンやヤシの木がフレームになるような感じで、ベストな位置に背景がくるアングルを探しました。 サングラスとTシャツなど、ファッションをサボテンやヤシの木との雰囲気に合わせ、統一感も重視。

下向きのチルト式モニターで画面を見ながら簡単にセルフィーできるので、とっても撮りやすかったです!拾い範囲を綺麗に写せるので、目で見た景色を欲張って残せるのもいいですね!

 

撮影:よっぴー

よっぴー's COMMENT
自分とレンズが近くなりすぎないよう、少し離して撮りました。
インターバル撮影にも対応しており、自分の好きな秒数×連写で撮れるので、ポージングが取りやすかったです。この設定ももちろんモニターにタッチで可能です。

地味に凄い、結構大事な「指の写り込み」防止策

PENのモニターを下開き状態にすると、セルフィーモードが自動で起動。

下開きのメリットは、タッチする際に指がレンズにかからず、写り込まないこと。

実は、上向き目線になるから可愛く撮れる!というメリットも。

ボディーの前面に付いたグリップは、セルフィー時のホールド性も追求されています。セルフィー撮影に至れり尽くせりのカメラですね。

 

オシャレな写真の撮り方を、達人たちがアドバイス

『撮る・持つをかわいくおしゃれに』をモットーに、オリンパスが運営するサイト「SWEET PHOTO」では、オシャレな写真の撮り方をシーン別に学ぶことができます。

 

プロトラベラーaiaiや、GENIC WEB公式ライターとして活躍するよっぴー、ERIKO、yucoをはじめ、達人たちが撮り方をアドバイス♡

 

写真が上手に見えるコツ満載!ぜひチェックしてくださいね。

 

SWEET PHOTO

おすすめ記事

・ootdをグッとオシャレに撮るポイントをインスタグラマーが伝授!

・肝はピントとディティールの見せ方!意外と簡単、センスよくブツ撮りするコツ

・友達との写真、まだ顔アップでピースしてるの?絶対オシャレに撮れるアイデア

・ほんのひと工夫でフード写真をオシャレに撮れる構図

・写真が"普通"な原因はきっとこれ。シーンに溶け込んだ写真にチャレンジ

・後から加工いらず!人と差を付けるフード写真って?

Blog posts

1人

ピックアップ

アプリでサクサク記事を読む