アプリでサクサク記事を読む

ハワイ初の高架鉄道「ホノルルレールトランジット」2020年開通へ

モデルプレス

【ホノルルレールトランジット/女子旅プレス】ハワイ・オアフ島における初の高架鉄道「ホノルルレールトランジット」が、2020年より順次運行を開始する。ホノルル高速鉄道輸送機構(Honolulu Authority for Rapid Transportation)の発表によると、第1段階として、2020年にカポレイからアロハスタジアムまで9駅分を先行開業し、5年後の2025年にアラモアナ・センターまでの全21駅を完全稼働させる予定だ。

◆オアフ島に21の鉄道駅が誕生「ホノルルレールトランジット」

「ホノルルレールトランジット」とは、ホノルル市近郊のイーストカポレイと中心街のアラモアナセンターとの間、20マイル(32km)を21駅で結ぶ新設の路線で、米国初の自動運転システムを導入。2030年までの平日旅客人数は119,600人と推定されている。

1両あたりの座席数は118席で、最高運転速度約105kmで走行。車両内部に監視用カメラを搭載し、自転車およびロングサーフボードなどの積載スペースも設ける。

これまでオアフ島内の移動手段は自動車、トロリー、路線バスが主だったが、本路線の開通によりホノルルの慢性的な道路渋滞の緩和が期待されている。(女子旅プレス/modelpress編集部)
情報:日立製作所

【Not Sponsored 記事】

外部リンク

ピックアップ

アプリでサクサク記事を読む