アプリでサクサク記事を読む
全ては自分次第!人生を”明るく楽しく元気よく”生きるコツ

全ては自分次第!人生を”明るく楽しく元気よく”生きるコツ

Grapps

人生、山あり谷あり。人生において幸せの数は限られている、初めから決まっている。
…なんて言葉もありますが、自分次第で良くも悪くも変えられるはず!
できれば"明るく楽しく元気よく"過ごしていきたいですよね。
今回は人生を生きやすくする方法、誰でも簡単に取り入れられるコツをご紹介します。

自分軸で考えよう

"謙虚"で"相手のことを思いやれる"、"譲り合い精神"を持つ私たち日本人。
とても良いところであり、誇りを持つべき部分です。
でも、人生が行き詰まったり、何をやっても上手くいかなくなってしまったり、楽しい・嬉しいなどポジティブな感情を持てなくなってしまったなら、少し軸を自分へと向けてみるのもいいかもしれません。
「みんながやっているからやる」のではなく、本当に自分がやりたいことなのかを考える。
「周りがこうしているからする」のではなく、本当にそれがすべきことなのかを自分で考える。
「誘われたから行く」のではなく、本当に自分はそこへ行きたいのかを考える。
日本人の良いところでもある"周りに合わせる"という部分は、一歩間違えると"自分がない"状態にもなりかねません。
もっと自分の心の声に耳を傾けて、自分に正直に生きることができたなら…きっと人生はより生きやすくなるはずです。

"無"のスケジュールを作る

日々、色々なことに追われ、気づけば「もうこんな時間…」「もう◯月…!?」のような過ごし方になっていませんか?
忙しいのは仕方ありません。だってそれだけ予定があって、なくせるものならなくしたいけれど、そうできないからこその現状なんですもんね。
そんな多忙な人にほど取り入れてもらいたいのが"無"のスケジュールを作ることです。
スケジュールが詰まっている人ほど、自分のスケジュール管理が得意なはず。
責任感が強いからこそ、キツいスケジュールもどうにかしてこなそうとするんです。
だからこそここは逆転の発想を!

"何もしない日"もタスクのひとつ、その上でスケジュールを組んでいきましょう。
確かに"何もしない日"がなければ、他の日はもう少しゆとりを持って過ごせるかもしれませんが、自分自身と向き合う時間、"生きていること"を実感する時間を持つことで、丁寧に生きられるようになるのです。

嫌だと感じる物事・人は一瞬、放置する

人間ですから、相性が合う人もいれば合わない人もいて当然です。
また「あ、やりたくないな。面倒だな。嫌だな。」と思うことだってありますよね。
でも、やらなければいけない、向き合わなければいけないのが現実。
とは言え、"嫌だ"というマイナスな感情に支配されている時は、もしかしたらそんなに嫌じゃない人でも、やってみたら意外と楽しいことでも、そうは思いづらくなっているのです。
だから"一瞬"放置すること。考えなくするのです。
ちょっと時間が経つと「やっぱり気がかりだからやってしまおう」「なんかスッキリしないから向き合ってみるか」と、少し前向きに捉えられるようになります。
「嫌だ、嫌だ」と思っている時にやるよりも、少し経ってから前向きな気持ちで取り組む方が、良い結果になるはずです。

"あの時よりは…"精神を持つ

今までの人生の中で良いことばかりだった人はいません。
どんな人でも悲しいこと、辛いこと、大変だったこと…色々あったでしょう。
"思い出は美化される"と言いますが、美化しすぎないことも大切。
どれだけ辛いことが起きても「"あの時よりは"辛くない」と、どんなに悲しいことが起こっても「"あの時よりは"悲しくない」と、過去の出来事を乗り越えられた自分なら今回のことも絶対に大丈夫!と思うようにしましょう。
過去の傷をいつまでも根に持つのではなく、"乗り越えられた自分"を認めてあげることで、今後何が起きても冷静に自分の気持ちを向き合ってコントロールできるようになります。





周りから見たら幸せそうでも、本人にしか分からない悩みがあるように、他人の心は読めません。
人と比べるのではなく、自分と向き合って"明るく楽しく元気よく"輝かしい人生を送っていきましょう!



written by tomo

外部リンク

ピックアップ

アプリでサクサク記事を読む