アプリでサクサク記事を読む

全国の有名ラーメンが食べられる激アツスポット「ラーメン滑走路」に行ってみた / 福岡空港国内線

ロケットニュース24

いよいよ、2017年も残すところあと1カ月。本格的に冬らしくなってきたが、先日寒さを吹き飛ばすような激アツスポットが福岡空港に誕生した。その名も「ラーメン滑走路」。なんでも、全国の有名ラーメンが食べられるらしい。

北は北海道から南は九州まで、審査をくぐり抜けた精鋭10店舗(常設ラーメン7店舗・期間限定ラーメン2店舗・スイーツ1店舗)が集結しているとのことだが、はたしてどのような感じなのか。実際に行って確かめてみた!

・有名店がズラリ
2017年11月21日、「ラーメン滑走路」は国内線ターミナルビル3Fにオープンした。空港自体がリニューアル改装中ということもあって、天井にバリバリの工事感があったがご愛嬌。ただ、滑走路内に入ると景色は一変。ピカピカの店舗が出迎えてくれた。

もっとも気になるのはどこの店舗が入っているかだが、滑走路というだけあって全国の有名店がズラリと着陸。もちろん、出発する側の福岡からも海鳴、一幸舎、玉龍の3店舗の名前があった。

・国内屈指のラーメンスポット
正直、福岡の3店舗が1カ所に集まっているだけで激アツだが、“その土地まで行かないと食べられないラーメン” が加わるから鬼に金棒。究極のご当地ラーメンと言われる「弟子屈(てしかが)ラーメン」は、北海道以外に初出店。「まんかい」は大阪以外で初出店など、誰が行っても目移りすることだろう。

現に私(筆者)が訪れたのは午前10時と早い時間だったが、お客さんが吸い込まれるようにして「ラーメン滑走路」に入っていた。老若男女が各店舗の前でアレコレ悩んでいたあたり、人気になりそうな予感しかしない。

また、店の知名度だけでなく、場所も保安検査場から近くて好印象。飛行機に乗る流れで全国の有名ラーメンが食べられるだけに、もはや国内屈指のラーメンスポットだと言っても過言ではなかった。

・完成が楽しみ
2020年に完成予定ながら、すでに充実してきている福岡空港。隠れたB級グルメの「ビーフバター焼き」や「スーラーメン」など、フードコートもおいしいもの揃いなので、今後の展開が楽しみだ。

・今回ご紹介した場所の詳細データ
名前 ラーメン滑走路
住所 福岡県福岡市博多区大字下臼井767−1 国内線ターミナルビル3F
時間 10:00~21:45(LO21:00)
休日 なし

参照元:福岡空港HP
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

外部リンク

ピックアップ

アプリでサクサク記事を読む