アプリでサクサク記事を読む
中身がパンパン?! イマドキ中高生のペンケース事情を大調査!

中身がパンパン?! イマドキ中高生のペンケース事情を大調査!

ストレートプレス

「コクヨ」は、本格的な受験シーズンを前に『中高生のペンケースの中身と使い方に関する調査』を実施した。

対象は中学3年生~高校3年生の男女400名。ペンケースに入っている文房具の個数を尋ねたところ、ペン類や消しゴムなど約20個も所持していることがわかった。

ペンケースを使う上で困っていることは「中身が多くてパンパン」。たしかに約20個もの文房具が入っていればパンパンにもなるはず。中には1つのペンケースに収まらないという声も。


一方勉強時間について尋ねるとなんと8割以上が「時間を有効に使って効率的に勉強したい」と回答。大半の学生がストレスなく効率的に勉強したいと感じていることがわかった。

この結果に対し、東大、京大をはじめとする難関大合格へ受講者を多数導いた数学科の実力派講師である東進ハイスクール・志田晶先生は、

「効率的に勉強するためには、頭の中もノートの中も机の上も身の回りの持ち物も、きれいに整理整頓することが大事!」と、コメントしている。

志田先生の勉強がはかどる「文房具活用法&ノート作成術」を伝授!


学校や塾での授業時には「問題文はコピーして、はさみで切り、糊で左ページの上に貼る。予習はその下にして、右のスペースに授業を受けたときのメモを書くため、定規で線を引いて空けておくこと。また、右ページは、授業の解答と配布プリントの添付スペースにする。」

家庭での自主学習は「問題文ごと、色分けしてマーカーでくくるようにすると、二度目の学習の際、視認性がよくなるので、効率よく勉強することができます。また、あとで復習したい問題は、翌日するのか一週間後にするのかで色を分けて付箋を貼るようにします。」

志田先生が伝授する方法だと、使用する文房具がけっこう多い。

「コクヨ」では多くの文房具の収納や整理に最適な大容量ペンケース「シェルブロ」を販売している。

あけると底面が広がる大開口シェル型構造で、目的のものをすぐに見つけられて取り出しやすいことが特徴。約35本のペンが収容可能で、整理整頓にも便利なメッシュポケットもついている。

必要な文房具が収納できる「シェルブロ」で、効率的に勉強をすすめて受験シーズンを乗り切ろう!

外部リンク

ピックアップ

アプリでサクサク記事を読む