アプリでサクサク記事を読む

フジ『ザ・ノンフィクション』衝撃作「人殺しの息子と呼ばれて…」特番化 インタビューを新収録

ORICON NEWS

 フジテレビ系ドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜 後2:00※関東ローカル)で、10月15日と22日の2週にわたって放送された「人殺しの息子と呼ばれて…」が、15日に再編集版『ザ・ノンフィクションSP 人殺しの息子と呼ばれて…』(後9:00~10:52)として放送されることがわかった。



 同作は、2002年に発覚した北九州連続監禁殺人事件の犯人の息子(24歳)が、初めてメディアのインタビューに応じ事件についてありのままを語った衝撃的な内容で、約7年半ぶりの2ケタとなる番組平均視聴率10.0%を獲得(22日放送分 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。放送後、全国の視聴者から「ぜひ、全国放送でやってもらいたい」との声が多く寄せられたため、1995年の番組スタート以来、初めて全国ネットで放送されることとなった。



 今回は、10月の内容だけでなく、放送後に再び息子へ敢行したインタビュー、母・緒方純子受刑者による未公開の手紙などの内容を加えて、再編集した形で放送。先月5日と12日には、息子の地元である福岡県北九州市のネット局・テレビ西日本で放送されたが、地元での放送後の周囲の反応や自身の心境の変化などが語られるか、本放送に注目が集まる。

外部リンク

ピックアップ

アプリでサクサク記事を読む