アプリでサクサク記事を読む

薬師丸ひろ子、石原さとみの母親役で初共演「本当のお母さんみたい」

ORICON NEWS

 女優の薬師丸ひろ子が、来年1月12日にスタートするTBS系連続ドラマ『アンナチュラル』(毎週金曜 後10:00)に出演することがわかった。石原さとみ演じる主人公・“法医解剖医”三澄ミコトの母・三澄夏代を演じる。普段は中堅の法律事務所で離婚問題など民事事件などを担当する弁護士という一面も持ち、ミコトを母として、時には弁護士として支えるという役どころ。



 同作は、死因究明のスペシャリストたちが集うUDIラボ(不自然死究明研究所)に運び込まれた遺体の謎を解く一話完結ミステリー。夏代は竹を割ったような性格で、良かれと思ったことは即座に行動に移してしまうため、ミコトやミコトの弟・秋彦(小笠原海)が困惑することもしばしばだ。



 薬師丸は「撮影中、石原さんはじめ、共演者のみなさんとラボのテーブルに座ると、年齢差はありますが、共通の話題で盛り上がったり、とても居心地が良くて、UDIラボってほんとにこんな場所なんじゃないかな?と、ひとつの仕事をしているチーム感というのが、伝わってきます」とすっかり現場を満喫。「皆さまにもじっくりテレビの前に座ってこのUDIラボを覗いてもらいたいなと思います」と呼びかけた。



 そんな薬師丸と初共演となる石原は「本当のお母さんみたいに柔らかくてあったかくて、本当に優しい方です」とはやくも信頼を寄せる。「撮影の合間にいろいろな質問をさせて頂いたのですが、とても親身に答えてくださって、その言葉がとても刺さりました。UDIラボでのシーンの待ち時間に趣味の話をしてくださったんですけど、意外性もあってすごく現場が盛り上がったんですよね。女優さんとしても、一人の女性としてもとてもすてきな方で、今回ご一緒させて頂いて本当にうれしいです」と尊敬の眼差しを向けている。

外部リンク

ピックアップ

アプリでサクサク記事を読む