アプリでサクサク記事を読む
GENIC(ジェニック)
開閉
新プロトラベラー「ERIKO」独占インタビュー!

新プロトラベラー「ERIKO」独占インタビュー!

GENIC編集部

応募総数45,000件超えの新プロトラベラー公募から見事プロトラベラーに就任した4名にGENIC WEBが独占インタビュー!今回はERIKOを直撃!@GIRL、GENIC WEB公式ライターとしても活躍中のERIKOがついにプロトラベラーに!そのシンデレラストーリーやいかに?

歯科衛生士から@GIRL、そしてプロトラベラーへ

A post shared by ERIKO (@eriko_s2) on

GENIC WEB編集部:

@GIRLとして活動もしているERIKOさんですが、それまでどんな仕事をしていましたか?

(編集部注:@GIRL(アットガール)とは、ミツバチワークス株式会社がマネジメントする、インターネットで活躍する女性たちの総称です。)

 

ERIKO:

元々は歯科衛生士としてお仕事をしていました。旅行が好きでしたが常勤の仕事だとなかなか旅行に行けないので、自分でネットショップをはじめ、フリーでお仕事をし、旅行に行ける環境にしました。

 

週5日の固定のお仕事を辞め、自分のネットショップ以外にも可能性を広げるために様々な事にチャレンジしようと思って、@GIRLになろうと決めました。

 

GENIC WEB編集部:

プロトラベラーに応募したきっかけは?

 

ERIKO:

元々プロトラベラーであるMOYAさんやmanashikaさんのGENICmeetingに参加していて、実際にプロトラベラーの方々のお話を聞く機会がありました。私は旅行や写真が好きだったので、自分の世界観を写真で表現し、旅に出たい!と思わせてくれるプロトラベラーの存在に憧れがありました。そんな時プロトラベラーの公募があり、私も今度は発信する側になりたい!と思い迷わず応募しました。

 

GENIC WEB編集部:

選考期間中どんな気持ちで過ごしていましたか?

 

ERIKO:

後悔しないようにどんな課題についても常に全力で取り組みました。課題のことを考えすぎて眠れない日もありましたし、人と比べたり、自分の写真や表現力に悩み落ち込んだりする日も多かったです。

 

GENIC WEB編集部:

@GIRLとして活動する中でもプロトラベラーに強い憧れを持っていったそうですが、就任が決まった瞬間の気持ちを教えてください。

 

ERIKO:

直接口頭での発表でしたので、ドキドキした気持ちで会場に向かいました。

最初「ぜひプロトラベラーになっていただきたいのですが、いかがですか?」という言葉を聞いた時、本当に自分が?!と信じられずびっくりし頭が真っ白になりました。これからのお話を聞くうちにだんだんと実感が湧き、今までの選考を思い出し嬉しくて思わず涙目になってしまいました。

 

以前は旅行を仕事にするなんて最高!と単純に思っていましたが、仕事にはちゃんと目的やノルマがあって、ということを@GIRLとして活動する中で再認識をしました。@GIRLで経験したことを今後生かしてしっかりお仕事していきたいです!

 

GENIC WEB編集部:

プロトラベラーになる!と誰に最初に伝えましたか?

 

ERIKO:

最初に伝えたのは5年間お付き合いしている彼です。普段一緒に出かける時も、旅行に行く時も、写真に協力してもらったり、プロトラベラーになりたい!という夢も応援してくれていたので、最初に伝えました。

就任を電話で伝えた日の夜はお祝いの花束とケーキを買ってきてくれました。

 

自分の幅や可能性を広めることができるのが旅

A post shared by ERIKO (@eriko_s2) on

GENIC WEB編集部:

今までたくさんの旅をなさっていますが、印象に残っている旅行や国は?

 

ERIKO:

モルディブです。一島一リゾートでゆったり過ごすモルディブは、今まで観光メインでせわしなく旅をしていた私に、何もしない贅沢な旅を教えてくれました。

 

GENIC WEB編集部:

三次選考での渡航先にオーストラリアを選んでいましたね?

 

ERIKO:

三次選考の場所はオーストラリアのケアンズを選びました。三次選考では記事を3つ書かなければならなかったので、予算内で様々な景色が見えたり、色んな体験ができたりする場所を選びました。オーストラリアは壮大な自然と洗練されたシティの共存が魅力なので、どちらの良さも伝わるように写真や記事に気を配りました。

また自分の強みであるドローンを飛ばせる国を選ぶことも意識しました。ドローンの写真は普段自分ではなかなか撮れないアングルでの写真を撮れるので、選考時に印象に残りやすいのでは?と考えました。

 

A post shared by ERIKO (@eriko_s2) on

GENIC WEB編集部:

ERIKOさんにとって旅行の魅力とはなんですか?

 

ERIKO:

知らない世界を知り、学ぶことで、自分の幅や可能性を広げられ、見たかった景色を実際に自分の目で見て、幸せだなと感じられることです。

 

GENIC WEB編集部:

旅先では現地にあわせたファッションを楽しまれるとお伺いしました

 

ERIKO:

私にとってファッションは旅先を楽しむためのツールの1つなんです。

旅先や目的にあったファッションを身に纏うと、自分自身のテンションがあがったりして、旅先の写真もより魅力的なものになるからです。

ファッションはカジュアルだけどデザイン性のあるアイテムやスタイルが好きです。

 

GENIC WEB編集部:

旅先はいつもどのように決めていますか

 

ERIKO:

最近はInstagramなどで魅力的な写真を見て、私もここへ行きたい!と思い、旅先を決めることが多いです。旅の企画時に大事にしているのは、ある程度行きたいところややりたいことを明確にし、予定表を作ることです。まったり過ごすだけの旅をすることもありますが、限られた日程の旅行の時は地図などで行きたい場所をしっかりと確認します。

 

GENIC WEB編集部:

現在決まっている旅があったら教えてください

 

ERIKO:

年末年始にカリブ海のクルーズ旅行です。両親からクルーズ旅行の魅力をよく聞いていて、その魅力を知りたいと思いました。

 

憧れのプロトラベラーに

A post shared by ERIKO (@eriko_s2) on

GENIC WEB編集部:

プロトラベラーとしてどのように旅行の素晴らしさを伝えたいですか?

 

ERIKO:

旅先の魅力や空気感がより伝わる動画での撮影にチャレンジしていきたいです。旅程や旅のスポットについて詳しく説明するのが好きなので、ブログや記事などでそれらを発信していきたいです。

 

”発信すること”がお仕事になるので、発信の頻度や速度はこれから勉強していきます。また、人前で話す技術を身に付けるのも今後の課題だと思っています。

 

たくさんのメディアに出て、一人でも多くの人に自分について知ってもらいたいです。

 

GENIC WEB編集部:

プロトラベラーにかける素敵な思いをお話しいただき、ありがとうございました!最後に読者の方へメッセージをお願いいたします。

 

ERIKO:

プロトラベラーに憧れていた私が、今度はプロトラベラーとして活動することにまだびっくりしています!

私はプロトラベラーの方々に旅や仕事についてなど、行動するきっかけをたくさんいただきました。今度は私が誰かの心を動かすきっかけを発信できるようなプロトラベラーになりたいと思っています。よろしくお願いします。

 

ERIKO Instagram

ERIKO Decolog

雑誌『GENIC』の次号ではプロトラベラーERIKOをさらに詳しく!

2018年1月20日発売の雑誌『GENIC』(vol.45)では、ERIKOをさらに詳しく徹底解剖します!

気になるあんなことやこんなことも聞いちゃいます!

お楽しみに♡

 

雑誌『GENIC』をチェック!

新プロトラベラーに就任したのは4名!

GENIC WEBでは公募により新たに就任したプロトラベラー4名に独占インタビューしています!

 

aiseri

ERIKO(本記事)

櫻井千尋

中嶋杏理

おすすめ記事

・【速報】新プロトラベラーがついに決定!

・【ERIKOのプロトラベラー公募課題記事1】ケアンズから1時間のおしゃれリゾート地、ポートダグラスへ!

・【ERIKOのプロトラベラー公募課題記事2】ケアンズから日帰りで行ける鉄道の旅!キュランダの魅力♡

・【ERIKOのプロトラベラー公募課題記事3】絶品スイーツから本格コーヒーまで!ケアンズのおすすめカフェ4選♡

 

海外旅行・スポット

アプリでサクサク記事を読む