アプリでサクサク記事を読む
GENIC WEB -ジェニックウェブ-
ダイエット中は「体重計」に乗らない方がいい・・・?

ダイエット中は「体重計」に乗らない方がいい・・・?

美LAB.

体重は減った、けれど・・・!

体重ばかりを気にしてダイエットを続けてしまうと、ついつい飲食を制限してしまい、筋肉量や骨密度を減らしてしまいます。すると代謝が低下し、どんどん太りやすい体質に。「食べないようにしているのに、全然体重が減っていない!」という悲劇を招いてしまいます。

また、体重が少しくらい減ったことは、ボディラインには反映されない場合がほとんど。体脂肪が減ったり、筋肉を鍛えてボディラインを引き締めたりしないと、"食べていないのに美しくなれない"という苦しい日々を続けてしまいます。

何もしなくとも体重が増えることもある

女性には、月経周期があります。これに合わせてホルモンバランスも変化し、そのはたらきで1〜3kgの増減があります。

特に生理前はためこみ期。赤ちゃんができてもいいように水分や栄養素をため込もうとするため、むくみや便秘、体重の増加が起こります。ここで「太っちゃった!」と食事を制限してしまうとさらに代謝を下げて太りやすくしてしまうことに。

1日の中でも1〜3kg体重は増減するものなので、目の前に表示される数値だけにとらわれないようにしましょう。

体重よりも、鏡をチェック!

同じ量でも、脂肪と筋肉とでは筋肉の方が重いです。そのため、ボディラインを引き締めてスリムになっても体重は変わらなかったり、むしろ増えたりすることもあります。スリムにすべきはボディライン。体重の数値ばかりに一喜一憂するのではなく、見た目をシャープにできているかを確認したいですね。

この記事は美LAB.公式アンバサダーにより執筆いただいた記事であり、すべての記事に対し編集部で厳重なる検査を行っております。
記事の著作権は株式会社メディカルネットに帰属します。

外部リンク

Blog posts

1人

ビューティー

アプリでサクサク記事を読む