アプリでサクサク記事を読む
GENIC WEB -ジェニックウェブ-

自称ビッチから学ぶ楽しいエッチのヤリ方5つ 楽しみたいだけなの!

モデルプレス

【セックス/モデルプレス】大好きな彼とのセックスライフは充実していますか?せっかくエッチをするなら楽しいエッチにしたいものですよね。そこで今回は、自称ビッチのみなさんに楽しいエッチのヤリ方5つを教えてもらいました。ビッチじゃない女性でも取り入れられるプレイがたくさんありますから、ぜひ参考にしてくださいね!

♥ビッチはゴムを付けている時に後ろから抱きしめる

「男性がゴムを付けている時って、ちょっと時間が空いちゃうじゃない?その間ただ待っているだけだと気まずい雰囲気になるから、後ろから抱きついてじゃれたりすると楽しさをキープできるから良いよ。おっぱいを当てると、相手ももっと興奮するし」(21歳/保育士)

彼氏がコンドームを付けている時に気まずい思いをしたことがある女性は多いのではないでしょうか。

せっかく楽しい雰囲気になっていたのに、ただ待っているだけでは気分が盛り下がってしまいます。

そんな時に、ビッチな女性は男性に抱きついていちゃいちゃするようです。

そうすることによって、男性も無言のプレッシャーを感じなくて済むのでリラックスしてエッチができますね。

♥ラブグッズを使って楽しいセックスを

「今のラブグッズってすごく進化していて、お洒落で部屋に置いておいても違和感が無いの。しかも女性のことを考えて作られていて、すごく気持ち良くなれる。良い物はちょっと値段が高いけど、楽しいエッチのための出費なら惜しまないよ」(20歳/大学生)

ラブグッズはもはや持っていて恥ずかしいものではなくなってきていますよね。

今ではお洒落なアイテムとしてビッチな女性の必需品となっているようです。

また、ネットショッピングで買えることもあり、実はビッチ以外の普通の女性も多く愛用しているとのことでした。

♥ビッチはラブホでエッチをする

「彼氏と同棲していますが、わざわざラブホまで一緒に行ってエッチをしています。家だと声を我慢しなくちゃいけなかったり、生活感があっていまいち集中できないんです。平日はお互い仕事で忙しくてエッチしている暇は無いので、休日にラブホに行って思いっきり発散しています」(24歳/IT企業)

同棲していると、家でエッチすることが当たり前になってきますし、わざわざお金を払ってまでラブホテルでエッチをすることも無いだろうと思われがちですが、ビッチは違うようです。

ラブホテルの非日常的な空間が、いつもは抑えていた自分を解放させてくれるのだそうです。

そうすると、ストレス解消にもなるし、マンネリ防止にもなるのだとか。

近年のラブホテルは様々な工夫がなされて設備が充実しているのでデートにぴったりですね。

♥ビッチならでは?ハプニングバーに行く

「彼氏が、そういう趣味を持っていてね。最初は抵抗感があったのだけれど、行ってみると面白い人たちがいて、とっても楽しかった。女王様をやっているという女性に縛り方を教えてもらえたし、その場に居合わせたカップルと4Pセックスをしたりしました。あたしたち、変態カップルですね」(26歳/公務員)

ビッチならではの強烈な体験を聞くことができました。

ハプニングバーとはエロいことが好きな人たちが集ってお酒を呑みながら話をしたり、それ以上の楽しいことをしたりする場所のこと。

ビッチ女性によると、意外と初めて来たという人も多いようで、さらにカップルで行くと割引もあってリーズナブルに入店することができるようです。

もちろん店員さんが目を光らせているので、女性が危険な目に遭うことも無いと言っていました。

あなたも冒険してみては?

♥彼氏を自分好みに調教するビッチ

「ビッチと言うと、ちょっと違うのかもしれませんが、一人の人とじっくり長期間エッチをするのが楽しいんです。彼氏に射精を何日も我慢させて悶々とさせたり、自分の気持ち良い愛撫の仕方を覚えさせる調教をしてみたり。日々成長を感じられるし、だんだんと従順になっていく彼の姿を愛しく感じます」(22歳/ライター)

一言にビッチと言っても色々な嗜好があるようで、こちらの女性は一人の男性を自分好みに育てることに喜びを感じるとのことでした。

エッチには相性もありますが、それ以上に身体を重ねてお互いのことをよく知っていくのが重要です。

段々と自分の気持ち良いところを把握してくれる男性とのエッチは楽しいですよね。

それにしても、どうやって彼氏を手なづけているのか気になります。

いかがでしたか?

ビッチと言うとあまり印象が良くないですが、実際はエッチを楽しもうとしている普通の女性たちでした。

せっかくなら大好きな彼とのエッチを思いっきり楽しみたいですよね。

試してみたいエッチがあるなら勇気を出してトライして彼ともっとラブラブになっちゃいましょう!(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク

LOVE

アプリでサクサク記事を読む