アプリでサクサク記事を読む
GENIC WEB -ジェニックウェブ-
毎日同じはつまらない!お仕事にもおすすめの簡単アレンジをご紹介♡

毎日同じはつまらない!お仕事にもおすすめの簡単アレンジをご紹介♡

folk

朝は時間もないし、毎日同じ髪型で出勤していませんか?でも髪型がイマイチだと気分も沈みがち・・・簡単で可愛いアレンジや、お気に入りのヘアアクセをつけるだけで気分が上がることも!そんな時におすすめの可愛い簡単アレンジをご紹介していきます。

毎日同じはつまらない!お仕事にもおすすめの簡単アレンジをご紹介♡

今や定番の三つ編みダウンスタイル。髪を巻かなくてもできるので忙しい朝にはピッタリです。トップから編み込みにするのはなかなか難しいですが、トップはくるりんぱでサイドはツイストに。程よいボリューム感も出しやすくおすすめ。さらに、毛先をおろしてハーフアップに仕上げても可愛いですよ。仕事中は三つ編みにして、終わったら外せば軽いウェーブもつき可愛いハーフアップにもチェンジできます。  
大きいピアスをするときは、やっぱりまとめ髪が可愛いですよね。こちらの低めのお団子ヘアならひとつ結びができれば簡単にできるアレンジです。ピアスとヘアアクセを揃えたりしても楽しいですよ。 
ゆるい三つ編みアレンジも可愛いですよね。定番のひとつ結びよりも少し手が込んで見えるのもポイント。少し崩し気味で、三つ編みも毛先までではなく、根元だけなので時間もかからず簡単です。 
夜にスポンジカーラーなどで巻いておけば、ハーフアップにしても可愛いですよね。こちらはロングヘアですが、ミディアムやボブの人でもハーフアップはおすすめ。カーラーを巻かなくても、三つ編みにして寝ると軽いウェーブになっていいですよ!さらに三つ編みにして寝ると髪に摩擦が起きにくく、ダメージが防げます。ただし、しっかり乾かしてから結んでくださいね。 
ゆるい低めのポニーもくるりんぱにするど手が込んで見えますよね。くるりんぱにしてからトップやサイドを崩すとバランスがよくなります。くるりんぱが可愛くできない人は、サイドを残してひとつ結びにしてから軽くツイストして結び目に巻き付けるのもおすすめ。 
低めのお団子ヘアは簡単で、きちんと感もあるのでお仕事アレンジにぴったりですよね。キッチリしすぎてしまうと、地味になりすぎてしまうので少し崩したほうが可愛くなります。 
こちらも低めのお団子アレンジ。よく見ると結び目の根元に髪を結んでまとめています。髪そのものを根元に結ぶと崩れにくく、ピンも少なくて簡単にまとめられます。毛先をクリップなどで留めると簡単でしっかり留まります。 
ハーフアップのお団子アレンジも低めにすればお仕事にもピッタリですよね。お休みの日はもう少し高めにするとカジュアルにもなります。 
スーツなどキッチリ系のお洋服にも相性がいい低めのお団子アレンジ。地味になるのが気になる方は、マジェステなどのヘアアクセを使うのもおすすめ。サイドやえりあしに少しおくれ毛を出すのもポイント。 
ふんわりとした程よいボリュームが可愛いお団子アレンジ。高すぎず、低すぎない位置もマネしたいバランスの良さですね。大人の女性はあまり高い位置にお団子をすると、頑張ってる感が出てしまうのでこのくらいがおすすめ。  
トップをふんわりさせると低めのアレンジでも、地味になりすぎず可愛くまとめられます。小さめのバレッタや、かんざしタイプのヘアアクセを合わせても可愛いですね。 
簡単なひとつ結びも、サイドにツイストを加えるだけで華やかに。ゴムを見せないようにするのも、ヘアアレンジが上手な人に見えるポイントです。 
三つ編みを入れたハーフアップのアレンジ。細めのリボンも可愛いですよね。三つ編みも少し崩すとトップにボリュームもでて可愛くなります。 
こちらも手順付きで分かりやすいアレンジです。両サイドとバックを3つに分けて、センターを三つ編みに三つ編みの部分にサイドの毛を入れ込んで毛先にゴムで留めて、バランスを見ながら崩していきます。細いリボンなどをつけても可愛いですね。 
くるりんぱを使ったハーフアップ。幅を広めにとってまとめているので、全体にスッキリとした印象になります。結び目やピンもバレッタを使えば隠れてしまうので、ピンが隠して止められなくても大丈夫です。 
簡単アレンジの定番、低めポニーはトップのボリュームとサイドの崩し具合やゴムを見えなくするのがポイント。ゴムも飾り付きなど、おしゃれなものを使うと上手く隠さなくても大丈夫! 

まとめ

ひとつ結びや三つ編みができればできる、簡単なアレンジだけを集めてみました。最近は、アレンジに便利な大きいサイズのアメリカピンなどもドラッグストアなどで見かけます。髪の量が多い方や、硬くてピンが上手く留められない人に、とてもおすすめです。

外部リンク

ビューティー

アプリでサクサク記事を読む