アプリでサクサク記事を読む
GENIC WEB -ジェニックウェブ-
狭いお部屋を有効に自分らしく♡一人暮らし&ワンルームインテリア集

狭いお部屋を有効に自分らしく♡一人暮らし&ワンルームインテリア集

folk

一人暮らしやワンルームの狭いお部屋は置ける家具やディスプレイも限られますよね。インテリアが決まらない!おしゃれにならない!と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は一人暮らしのお部屋やワンルームの限られた空間をおしゃれに使っているインテリアをご紹介します。

一人暮らしやワンルームのお部屋もおしゃれにしたい♡インテリア実例集

ラグやカバーでエリアを分けて

部屋として区切られていなくても、ラグやベッドカバーなどを使うと、ここはベッドルーム、ここはくつろぐリビングエリアと空間を分けることが可能です。なんとなく雑多な感じになっているとお悩みならぜひ真似してみて下さい。 

家具は壁によせて

限られた空間を広く見せるコツはテレビ台、デスクなどの家具を壁に寄せて、なるべく床が見えるようにすること。床が見えている面積が大きいほど広く見えるので、家具は壁に寄せて配置してみましょう。  

ベッドルームとリビングエリアにパーテーション

ベッドとテレビなどが置いてあるリビングエリアが近すぎると、なんとなく狭く感じます。来客などでゲストがベッドを使っている時に気を使いますよね。1人暮らし向け賃貸に多い、細長いお部屋ではベッドを奥に置いて、パーテーションで仕切ってあげると、くつろぎやすいお部屋になりますよ。 

壁紙で自分好みのお部屋に

エリアごとに壁紙を変えて楽しむのもワンルームインテリアを格上げする素敵なアイディア。こちらはテレビ台の奥に黒板シートタイプの壁紙を貼って、チョークアートを楽しんでいます。 

高い位置にグリーンを

ワンルームのお部屋の場合、大きめの観葉植物は圧迫感があって、お部屋を狭くするのではと心配になりますが、ベンチなどを使って高い位置に置いてあげると、お部屋を広く使えて素敵なナチュラルテイストのインテリアになります。 

公団賃貸住宅の無骨さを活かして

こちらは公団などによくある内装に無印良品の家具でシンプルにまとめて、無骨な雰囲気を上手に活かしていますね。モノトーンでまとめたり、シンプルなデザインの家具で統一したりと変に飾らないのがかえってかっこいいです! 

白で統一

こちらは細長いお部屋を上手に使ったインテリア。ベッドカバーや家具を白に統一し、シンプルにまとめているので、狭く感じませんね。また、収納スペースをカーテンで上手に目隠しして生活感が出ないようにしているので、おしゃれなお部屋になっています。 

奥行きの浅い家具で

ワンルームのお部屋では奥行きの浅い家具を壁に寄せて置くのがおすすめ。こちらは木の風合いがナチュラルで素敵ですね。上手に一人暮らし分の食器や日用品をまとめています。 

まとめ

いかがでしたか?お部屋は広いほうが良いですが、家賃などのことを考えると狭い面積を上手に使う必要がある場合も多いですよね。ちょっとした工夫で、快適におしゃれに使うことができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 

外部リンク

ライフスタイル

アプリでサクサク記事を読む