アプリでサクサク記事を読む
GENIC WEB -ジェニックウェブ-

好きな彼に気づかれない部屋への誘い方5つ 二人きりになりたい!

モデルプレス

【セックス/モデルプレス】部屋に異性を招くというのは女性にとってはハードルが高いもの。変な誘い方をして軽い女だと思われたくないですよね。しかし、正当な理由さえあれば好意に気付かれることなく部屋に招くことができるんですよ。今回は、好きな彼に気づかれずに出来る部屋への誘い方を5つご紹介します。

♥部屋へ誘う時は軽い雰囲気で「お茶飲んでいかない?」

一緒に食事をしてすごく良い雰囲気になった時や家が近所にある場合は、この誘い方を使ってみましょう。

彼もまだ話し足らず、もうちょっと一緒にいたいと思っていれば、きっと誘いに乗って部屋に来るでしょう。

さらに「もうちょっと静かな所でゆっくり話したい」「お酒はもういいかな」と言えば、彼も不審には思わないものです。

もし彼とエッチはまだ早い、と思う女性は、「明日は早いからそんなに長居はさせられないけれどそれでもいいかな」とあらかじめ言っておけば、エッチする雰囲気になっても断ることができますね。

もし、エッチもアリだと考えているならば、「明日何もないから泊まっていって」という誘い方をすれば、彼も何かあるかも…と期待するはずです。

関係の深い浅いに関わらず使える部屋の誘い方と言えるでしょう。

♥家具の組み立てをお願いして部屋に誘う

まだそれほど仲良くはないけれど気になっている男性に効果的な部屋の誘い方が、家具などの組み立てをお願いするというもの。

女性にとっては難しいイメージのある電化製品の配線や、一人で完成させるのが大変な家具の組み立てなどを男性にお願いしましょう。

きちんとした用事があるのですから、男性に好意を悟られることはありません。

また、男性に「頼りにされている」と思わせることができるので頼まれて悪い気はしないはずです。

場合によっては、男性の方が女性に好意を持つきっかけになるかもしれませんよ。

男性がお願いを聞いてくれたら、料理を作ってあげる、もしくは食事を奢ってあげるなどのお礼を欠かさないようにしましょう。

「いいように利用されている?」と不信感を抱かせないように、恩返しは忘れずに!

♥災い転じて福となす!?雨を理由にする部屋の誘い方も

好きな彼とデートの約束をしたのに、当日が雨になってしまうことはありますよね。

とくに屋外に行くデートの予定だった場合、デートの約束ごと流れてしまう可能性もあってピンチ!

そんなときに使えるのが「雨だから家に来ない?」という誘い方です。

天候を理由にしているので、男性に不自然さを感じさせることなく部屋に誘うことができるでしょう。

また、「せっかく約束したから、会うだけでも会いたいな」と言えば、男性も会いたがってくれていることが分かり、胸キュンするかも。

これは、雨以外に猛暑日や真冬日にも使えるので、季節に合わせてうまく使ってみてくださいね。

♥映画鑑賞などの家でしかできないことを理由にする

男性と映画の話で盛り上がった時は、この誘い方をおすすめします。

たとえば男性と話をしている中で男性が見たこと無い映画があったら、「わたし、そのDVDを持っているから一緒に見ようよ」という誘い方をしてみましょう。

部屋で鑑賞すればのんびりと感想を言い合うことができるので楽しい時間を過ごすことができますし、何より映画という口実があるため違和感がありません。

映画以外にも、ドラマや、ゲーム、飼っているペット、見せたい物など幅広く応用が効くので、シチュエーションに合った部屋の誘い方をチョイスしてくださいね。

♥鉄板の誘い方はこれ、「手料理を振る舞うから」

自分の手料理を食べてもらいたいから、という誘い方も良いでしょう。

男性にとって、女性の手料理を食べられるというのは嬉しいことで、嫌いな人は少ないでしょう。

ただ、いきなり「料理を食べに来て」という誘い方をしてしまうと、怪しまれてしまうかもしれません。

ですから、あらかじめ自分が作った料理をスマホで記録しておき、話の流れで「この前こんなものを作ったんだ」などと見せましょう。

多くの男性は「美味しそう!」と言ってくれるはずなので、そうしたら「作ってあげるから部屋に来てよ」と言うと、より自然な誘い方になるでしょう。

いかがでしたか?

女性から部屋に誘われて嫌な気持ちになる男性は少ないです。

むしろ、紳士的に見せたくて「部屋に行きたい」とは言い出せずにいる可能性もあります。

そんなときに女性から誘ってもらえたらとても嬉しいはず。

一気に関係が進展するチャンスなので勇気を出して誘ってみましょう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク

LOVE

アプリでサクサク記事を読む