ハワイ旅行の持ち物チェックリスト! 観光に欠かせない必須のアイテムは?

マイナビ学生の窓口

2018.01.25 12:00

GWや夏休みなどの長期休暇に多くの日本人が訪れるハワイ。その魅力に魅了されたリピーターも多いことでしょう。日本人に馴染みのある観光地、ハワイといえども現地で何か忘れたものを探して購入することに力を注ぐよりは、しっかり日本から準備して持って行った方がストレスなく過ごすことができます。そこで今回はハワイに行く前に確認しておきたい持ち物リストを紹介します。出発前にぜひ確認し、ハワイについてから安心して過ごせるようにしてくださいね。


■ハワイ旅行の持ち物:マストアイテム編




ここではハワイ旅行で絶対に忘れてはいけない、重要なアイテムをチェックしましょう。

○ハワイ旅行の持ち物1:パスポート
パスポートは、残存有効期間が90日以上あることが望ましく、期限切れが近づいているようであればハワイ旅行の前に書き換えをしておくことが大事です。はじめてパスポートを取得する方は、5年間有効(紺色)10年間有効(赤色)がありますので今後の旅行の予定などを考えて作りましょう(20歳未満の方は、5年パスポートのみ、法定代理人署名<父母、後見人>が必要)。


発行場所は、住民登録場所の都道府県に限られますので本籍地が別の都道府県の場合は戸籍抄本の取り寄せが必要です。


旅行代理店などでは新規のパスポート取得の現金バックキャンペーンも行っていることもあります。面倒な手続きが嫌、面倒だ、という方は旅行代理店でもパスポート代理申請をしていますので、頼りにしてもいいでしょう。


紛失、盗難があった場合様に、ハワイ旅行の持ち物の中に証明写真(4.5×3.5cm)2枚と旅券番号のコピーを持って行くのも忘れずにしましょう。

○ハワイ旅行の持ち物2:ESTA
アメリカへ渡航の際は、ビザ免除プログラムを利用するすべての人々に「ESTA/電子渡航認証システム」が義務化されました。


この申請はオンラインで申請できますので、ハワイ旅行の事前に日本語Ver.で登録をしましょう。申請内容は、氏名、生年月日、国籍、住居国、性別、旅券番号、渡航機便、搭乗地、現地滞在住所などで、一回の登録で2年有効です。なお、料金はクレジットカード決済で手数料含め14$かかります。

○ハワイ旅行の持ち物3:現金
ハワイ旅行に旅立つときに、現金は日本円とアメリカドルを用意しておきましょう。ドルへの換金は銀行または両替所で両替しましょう。両替所はトラベレックス(Travelex)が成田国際空港の他、国内75店舗、海外1500以上の観光地付近や、JR駅、ショッピングモールなどに点在していて便利です。使いきれず残った外貨も日本円に両替可能です。およそ3万円分の外貨と、日本円2万円位でいいでしょう。

○ハワイ旅行の持ち物4:クレジットカード
ハワイ旅行に限らずアメリカは、カード先進国ですのでどこのお店でもクレジットカードによる支払いはほぼ対応しているといえます。出店やローカルフード店、バスなどの公共機関は現金払いが必要ですがホテルでの清算、チップ払いなどもスムーズにクレジットカードを利用することで便利に支払いできるでしょう。


海外での支払いはクレジットカードのメリットが多く、例えば現金に比べて現地通貨とのレートが良い、現金を両替する手数料を考えればクレジットカードでキャッシングしたほうが現地通貨をリアルタイムで用意できるなど簡単で便利なため、クレジットカードの用意はマストだと思います。


盗難防止のためにも、多額の現金ではなくクレジットカード携帯がおすすめです、レンタカーの身分証明書や自分自身のIDとして利用できるメリットもあります。この機に取得してみましょう。

○ハワイ旅行の持ち物5:e-チケット控え

個人旅行者にとって、往復航空券のe-チケット(控え)は大変重要です。忘れたら飛行機に搭乗できませんのでこれもマストアイテムです。


また、海外旅行パッケージツアーで参加の方はe -チケット、ホテルバウチャーなどは自宅郵送、または空港での渡しとなるため、予約先の旅行代理店へ確認しましょう。日程表も忘れずに持参しましょう。

○ハワイ旅行の持ち物6:海外旅行保険証書
海外旅行保険は、成田空港でも最終的に申し込みは可能ですが、やはり事前の申し込みをおすすめします。特に海外でのけがや病気は予測不能で、突発的です。具体的にあなたが虫垂炎で手術、入院した場合の手術代、入院費、食費などで合計100万円程かかる試算です。救急車も有料ですので何もおこらないと考えても、掛け捨ての海外旅行損害保険は必要です。


掛け捨てタイプのネット型保険での基本契約、特約が主ですが、各社補償の範囲に差があるためしっかり保険額を考えて申し込みましょう。内容としては、「疾病治療費保険」、「疾病死亡保険」、「遂行品保険」「寄託手荷物保険」、「救護者費用保険」「旅行変更用保険」などがあります。

○ハワイ旅行の持ち物7:スーツケース
大きな荷物の貨物預け入れ用に、スーツケースをひとつ用意しましょう。行きは圧縮したり荷物整理に時間をかけたりとゆっくりできますが、旅行の帰りは、ハワイでの買い物やお土産が増えてスーツケースがパンパンになる可能性があります。航空会社によっては制限があり、日本航空の場合、縦横高さの合計が203cm、重量23kg以下、ひとりにつき荷物2個まで(同量サイズ)無料となっています。


サーフボードは同一ケース内に上限2枚まで「1収納ケース」として計算し、料金が設定されて(約1万円~)いますので、各航空会社のHPや窓口、旅行代理店に確認してみましょう。




 ■ハワイ旅行の持ち物:あると便利な持ち物編



いつも日本で使用している、自分の生活必需品があると思います、そのデイリー使いの馴染みのものは旅行の持ち物として忘れがち。ハワイ旅行での持ち物にきちんと含んでおきましょう。現地調達も可能ですがハワイでは販売していなくてイライラするかもしれない、そしてあると便利なアイテムたちをリストアップしました。

○ハワイ旅行の持ち物1:スマートフォン

いつも手元にあるスマホは、海外仕様にして持っていく必要があります。各キャリアで設定が異なりますが、海外用のデータローミングや海外通話料制限など設定変更をしていく必要があります。


また、もう一つの方法はハワイ現地でSIMカードを入手して、アメリカでネット接続する、(アメリカ内)国内通話をする、ことです。SIMロック解除済のスマホに入れるだけですので簡単です。アメリカでは対象外の通信事業者には繋がらない仕組みをきちんととっていますのでパケ死することもないでしょう。現地のプリペイドSIMカード(海外専用)がよいでしょう。

○ハワイ旅行の持ち物2:変圧器、変換プラグ

スマホや電子機器をハワイで充電するなら、110/120ボルト、60ヘルツ、プラグは日本と同じAタイプです。変圧器、変換プラグは、短時間の利用では不要ですが、変圧器なしでドライヤーやアイロンなど長時間使うと、故障や破損する場合があります。ただ、日本で使用している電気製品は、ハワイのコンセントにそのままさすことができます。


ちなみに、iPhoneやiPadなどの充電アダプタは、もちろんハワイでもそのまま使えます。100~240ボルトまで対応しており、変圧器なしでも海外で使うことができますよ。


○ハワイ旅行の持ち物3:Wi-fi

ハワイでのインターネット環境をよくするには、日本からWi-fiをレンタルで持って行くといいでしょう。4G LTEで1日~長期まで契約OKです。LINEやFacebook、Twitterなど普段使いできる「パケットし放題」がおすすめです。1台で4~5台繋げますので友だちとシェアして使ってもいいと思います。


成田国際空港、羽田国際空港、その他各国際空手渡し、空港返却、または自宅郵送、空港返却などシーンに合わせて使い分けできますので自分のスタイルに合わせて利用しましょう。

○ハワイ旅行の持ち物4:デジカメ
デジカメは、普段利用しているものを持参しましょう。シュノーケルなど海で利用する際は防水(waterproof digital camera)デジカメを新調してもOK!想い出を記録しましょう。もちろん、メディアの容量は大きめのものを用意しましょう。


○ハワイ旅行の持ち物4:ドライヤー

ハワイのホテルのドライヤーは、日本ほど優秀なドライヤーではありません。できれば家にある(100ボルトから240ボルトまで使用可能なもの)ドライヤーと長時間利用するため変圧器は必要です。海外対応のドライヤーを日本で購入したほうが安い場合もあります。探してみましょう。ホテルには貸出のドライヤーがあると思いますので、確認してみましょう。

○ハワイ旅行の持ち物5:常備薬
いつも飲んでいる薬は忘れず準備し、ハワイ旅行中でも続けて摂取して下さい。食あたりでの下痢や慣れない食事での便秘なども考えられますので、整腸剤や胃薬は持参したほうがいいでしょう。気温の変化や環境の変化での編頭痛などもあるかもしれません、鎮痛剤なども用意しましょう。また、靴ずれや虫さされ、擦り傷などのためにばんそうこうや軟膏も必要ですね。コンビニやドラッグストアの少量パックの薬があれば、ハワイでも安心です。

○ハワイ旅行の持ち物6:国際運転免許証(日本での運転免許証)
ハワイでレンタカーを予約して運転する予定があるならば、日本の免許証の持参と、国際運転免許証を取得して行きましょう。有効期間は発行から1年間有効で、運転免許センターに「有効な運転免許証」「パスポート等渡航を証明するもの(P.2〜3コピー可)」、「写真」に申請用紙、手数料2,400円で申請できます。


ハワイ州は国際運転免許証がなくても、日本の期限有効な運転免許証があれば車を運転できるのですが、この事実を知らない警官などもいますので、日本の免許証と国際運転免許証の2つ、自動車任意保険、クレジットカードは必須です、持ち物リストで確認しましょう。


 

■ハワイ旅行の持ち物:現地での調達も可能な日用品編

○ハワイ旅行の持ち物1:歯ブラシ&歯磨き粉
毎日使っているあの歯ブラシがハワイ旅行中もいいという場合は持って行きましょう。出国時手荷物に歯磨き粉(100ml(g)以上)が入っていた場合は、保安検査場で放棄させられますので、大きな荷物に入れましょう。

○ハワイ旅行の持ち物2:日焼け止め
日本で利用しているものがあれば、日本から持って行きましょう。歯磨き粉同様、手荷物検査で引っかからないように注意しましょう。ハワイのABCストアでも販売していますので持って行かなくても心配はないでしょう。 

○ハワイ旅行の持ち物3:水着
ハワイらしい水着がほしいという人は現地で購入するのもおすすめです。

○ハワイ旅行の持ち物4 :ジャケット
ドレスコードのあるレストランやステージショーを見学に行く場合は、ひとつあると便利です。

○ハワイ旅行の持ち物5:サンダル
水着にサンダルはビーチではOKですが、その他公共の場所では好ましくありません。サンダル以外のシューズも持っていくようにしましょう。

○ハワイ旅行の持ち物6:ひげそり(男子のみ)
T字のカミソリが嫌な方は普段使っているものを持参しましょう。 

○ハワイ旅行の持ち物7:生理用品(女子のみ)
アメリカのコンビニで販売している生理用品はゴワゴワしているので日本から準備して行くのがベストです。

○ハワイ旅行の持ち物8:サングラス
ハワイ旅行中は日差しが強いのでひとつあってもいいでしょう。現地調達可です。

○ハワイ旅行の持ち物9:洋服
夏用のTシャツ、ジーンズ、ハーフパンツ、冷房がキツい場所用の羽織りカーディガンなどあると便利です。ドレスコードがある場所用に、ワンピースも1つあると便利です。

○ハワイ旅行の持ち物10:下着
旅行日程に合わせて持参しましょう。

いかがでしたか? ハワイ滞在時の持ち物チェックリストですが、ここにないものでもあなたが普段利用しているものなどは追加して、楽しくストレスフリーのハワイ滞在を楽しみましょう! 現地調達もショッピングの楽しみですので、急なスコール時の雨具なども持ち込まず、現地で購入しましょう。楽しい旅になるよう事前の準備から念入りにしましょうね。

・執筆:つかさあおい

学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。


外部リンク

海外旅行・スポット

ランキング

  1. サマーガールはLAが好き♡

    サマーガールはLAが好き♡

  2. インスタグラムのフォロワー1200万人超え!LA出身のアレクシス・レン…

    インスタグラムのフォロワー1200万人超え!LA出身のアレクシス・レン…

  3. 2000円のカラーパレットで捨て色なし!プチプラのアイシャドウの実力

    2000円のカラーパレットで捨て色なし!プチプラのアイシャドウの実力

  4. 流行はこの4色!2018夏ファッションの《トレンドカラー》を大発表

    流行はこの4色!2018夏ファッションの《トレンドカラー》を大発表

  5. プチプラ可愛い!韓国DHOLICの夏アイテムから目が離せない

    プチプラ可愛い!韓国DHOLICの夏アイテムから目が離せない

  6. 普通のグラデーションに飽きた人に!変形グラデーションネイル

    普通のグラデーションに飽きた人に!変形グラデーションネイル

  7. ビックリ簡単!ブロガーが伝授する、写真を劇的にお洒落にするコツ

    ビックリ簡単!ブロガーが伝授する、写真を劇的にお洒落にするコツ

  8. ビーチ以外でも使える♡ROXYのemmi限定スイムウェアコレクション!

    ビーチ以外でも使える♡ROXYのemmi限定スイムウェアコレクション!

  9. 雑貨ブランドもオーストラリアが抜群にかわいい!海外のライフスタイルって…

    雑貨ブランドもオーストラリアが抜群にかわいい!海外のライフスタイルって…

  10. 【動画あり】下半身痩せに必要なたった1つの動作!お尻に筋肉がつくエクサ

    【動画あり】下半身痩せに必要なたった1つの動作!お尻に筋肉がつくエクサ

もっと女子を楽しむための
情報アプリ