アプリでサクサク記事を読む
GENIC(ジェニック)

「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」大阪から全国巡回、ディズニーの夢と創造の宝庫へ

モデルプレス

【女子旅プレス】本邦初公開の展覧会「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~」の全国巡回が決定。その皮切りとして2018年4月11日(水)~5月14日(月)の34日間、大阪・大丸梅田店15階大丸ミュージアムにて開催される。

◆夢と創造の宝庫に迫る日本初の試み

ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する史料を収集・保存する米国「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」。そこはディズニーの才能豊かな人々のイマジネーションによって生み出された数々の作品に関する貴重な資料と、その作品に込められた情熱やエピソードが集まる、夢と創造の宝庫だが、一般公開はされていない未知の領域。

本展覧会は、日本のディズニーファンに、まるでアーカイブスの中に入ったかのような体験を届けるべく企画された、日本初の試みだ。

◆ファン垂涎、数千点に及ぶ展示作品

今回展示されるのは、「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」の数千点におよぶコスチュームや小道具、400万点の写真資料といった膨大なコレクションから厳選された、日本初公開を含む約420点の貴重なアイテムたち。

ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念した特別なアートや往年のグッズ、ディズニーの輝かしい過去の作品の資料を振り返り歴史に触れられるリサーチルーム、昨年の大ヒットが記憶に新しい『美女と野獣(2017年)』をはじめ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『アリス・イン・ワンダーランド』他、映画作品で使用された衣裳の数々。そして、ディズニーと日本の深い絆を示す貴重な資料などを、その背景にある人々の想いや知られざるエピソードと共に紹介していく。

◆細部まで再現したウォルト・ディズニーの仕事部屋

また本展覧会の見どころのひとつとなるのが、映画『ウォルト・ディズニーの約束』でディティールまで忠実に再現された、ウォルト・ディズニー自身の仕事部屋。ウォルトが日々の仕事をしながら、世界中の大切なゲストを迎えた、まさに数々の夢が生まれた在りし日の空気すらをも感じさせる特別な展示空間となる。

さらに、展覧会のなかには、貴重なコレクションを撮影できるコーナー展示など、鑑賞するだけでなく写真として思い出を残す、SNSでシェアするといった形でも楽しめる。

◆展覧会限定グッズに注目

また、ファッション・インテリア雑貨・アクセサリー・文具類など、本展覧会でしか手に入らないオリジナル限定グッズを多数用意する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~【大阪会場 開催概要】
会期:2018年4月11日(水)~5月14日(月)の34日間会期中無休
入場時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)※最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)
会場:大阪府大阪市北区梅田3丁目1-1大丸梅田店15階大丸ミュージアム
入場料:一般1,500円(1,300円)、高大生1,200円(1,000円)、中学生から3歳まで800円(700円)、2歳以下無料 すべて税込
問合せ:大丸梅田店 06−6343-1231(大代表)
情報:「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」実行委員会

【Not Sponsored 記事】

外部リンク

国内旅行・お出かけ

アプリでサクサク記事を読む