アプリでサクサク記事を読む
GENIC(ジェニック)

あんなに大好きだったのに……彼氏のことがどうでも良くなったわけ

愛カツ

あんなに大好きだったのが嘘みたいに、彼氏への愛情がなくなってしまうこともあります。
でもそれってどんなことが原因なのでしょうか?
そこで今回は「彼氏のことがどうでも良くなったわけ」についてリサーチしてみました。

1、 あまり会えないから
・「彼は『忙しい』が口癖で、遠距離でもないのに3ヵ月以上放置されることがしょっちゅうあった。『私との結婚も考えてくれていないんだろうな』と思うと、すべてがどうでも良くなりました」(28歳/営業事務)
仕事などである程度会えないのは仕方がないことですが、それが数ヵ月単位となると問題ですよね。どんなに大好きな彼でも気持ちが冷めてしまいます。「彼にそこまで必要とされていないのかな……?」と思うほどに、別れを覚悟するようです。
2、 カッコよくないことに気が付いてしまった
・「最初は超カッコいいと思って付き合ったのですが、時間が経ってみるとそうでもなかったことがありますね」(23歳/アパレル)
・「高スペックな彼に惹かれて付き合ったのですが、ただのチャラ男でした。最初は好きだから振り向いてもらおうと頑張りましたが、だんだん面倒くさくなりましたね」(25歳/受付)
たとえ見た目が普通だったとしても、内面がステキだったら自然とカッコよく見えるもの。つまりここでいう「カッコいい」は、見た目と内面の両方が含まれるようです。性格は外見に現れるものですから、これは私たちも気を付けたいものですね。
3、 何度言ってもわかってくれないから
・「同棲している彼に『洗濯物は裏返しにしないで』『電気はちゃんと消して』などとお願いをしていたのですが、全く聞いてくれず……。結婚まで考えていたけれど、別れることにしました」(30歳/美容師)
たとえ些細なことだったとしても、生活を共にするのであれば協力してほしいもの。でも何度言っても聞いてくれない彼を見て、女性も愛想を尽かしてしまうようです。
4、 ほかに好きな人ができたから
・「どんなに好きな彼氏がいても、ほかに良いなと思う人がいたら心変わりしちゃうよね……(24歳/医療関係)
ほかに好きな人ができたら、彼氏のことなんてどうでも良くなるとの意見が。またその場のノリでなんとなく浮気をする男性に対し、女性の浮気は本気のことが多いものです。男性のみなさんは「愛されているから」と油断していると、あとでツラい思いをするかもしれません。
おわりに
小さなすれ違いから、彼のことがどうでも良くなるケースが多いよう。
こうやって彼氏と別れ、女性陣はまた新たな恋をしているのでしょう。(和/ライター)
(愛カツ編集部)

外部リンク

LOVE

アプリでサクサク記事を読む