アプリでサクサク記事を読む
GENIC(ジェニック)
ちゃんと考えてる?彼が本当に嬉しいLINEのタイミング3つ

ちゃんと考えてる?彼が本当に嬉しいLINEのタイミング3つ

Grapps

いつでもメッセージを送れて便利なLINEですが、彼へメッセージを送るタイミング、考えていますか?「別にすぐ返信が欲しいわけじゃないけど、とりあえず」と思いついた時にどんどん送っていると、それが男性のプレッシャーになっているかもしれません。

「既読スルーでショック」など、メールより感情が身近になるのがLINE。彼が本当に嬉しいと思うタイミングを知って、もっと2人の間の愛情を盛り上げましょう!

1.朝や夜の「あいさつLINE」

まず、欠かしたくないのは朝の「おはよう」や夜寝る前の「おやすみ」など、日常の挨拶を送ること。

一日の区切りにもらうメッセージは、それが習慣になると安心感が増します。特に、リラックスしている夜の時間は感情が伝わりやすく、「風邪ひかないようにあたたかくして休んでね」など気遣いのある言葉は男性にとって深い愛情を感じられるのでおすすめです。

2.仕事が終わったあとの「ねぎらいLINE」

明らかに仕事中だとわかるときは、LINEは控えるのが大人のマナー。スマホを持ち歩いている男性の場合、通知が来ると集中力が途切れたり音が邪魔になる場合もあります。それより、お昼休みや終業後など、仕事が終わったあとに「お疲れさま」ともらうほうが男性にとっては嬉しいタイミング。ホッと息をつける時間にかけられるねぎらいの言葉は、何より身近にあなたの存在の感じられます。

3.ちょっと色気のある「さびしいLINE」

仕事が忙しくてなかなか会えないときなど、ついLINEで不満をぶつけそうになりますが、それが続くと男性も困り、モチベーションも下がって返信する気自体が失せてしまいます。

「ひとりで寝るのは寂しいな。後ろからぎゅっとして欲しい」など、ちょっと色気のあるメッセージなら男性の会いたい気持ちも加速するもの。「俺も会いたいよ」と素直に返せるのは、彼女の甘えがあるからこそです。



いつでも送れるからこそ、男性の気持ちを汲んだタイミングで気持ちを伝えることが大切なLINE。「俺って愛されているんだな」と男性が思うのは、そんな気遣いが見えるときです。楽しいやり取りができるように、一方的にならないLINEを心掛けたいですね。



Written by ひろた かおり

外部リンク

LOVE

アプリでサクサク記事を読む