アプリでサクサク記事を読む
GENIC(ジェニック)
開閉

たった15秒でできる!モテる女性になるための「感謝力」とは

愛カツ

こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。
「幸せいっぱいで、小さなことへの感謝も忘れない」そんな女性って素敵ですよね。
でもそうは言っても、なかなか感謝をし続けるのは難しい。
今回は、たった15秒でそんな女性になれるとっておきの方法をご紹介します。

そもそも、感謝力とは
忙しい毎日のなかで、感謝の気持ちに目を向けることを、つい思い出さなくなってしまうもの。
でもそんな日々が続いてしまったら……。
いつのまにか傲慢になってしまったり、不満ばかりに目がいき、恋愛・仕事・友達・家族、様々な関係がうまくいきにくくなってしまうもの。
そうなってしまう前に、感謝力を磨いておきましょう。
感謝力を磨くと、ささいなことに対しても、幸せを感じれるようになります。
では、具体的に、どのように感謝力を磨けばいいのでしょうか?
簡単!最悪を想像して現実にもどる!
まずやってみてほしいのが、”最悪を想像して、現実に立ち返るトリップ”です。
方法は簡単で、
1、あなたにとって”思いつく限りの最悪を想像”する。
2、15秒くらい”リアルに想像したら、現実に立ち返る”。
たったこれだけです。
たとえば、彼が洗濯物を床に放置してたり、ゴミを捨てずに散らかしたり……。
つい、イラ〜っとしたときに、
「彼が他の女性のことを真剣に好きになってしまって、別れを切り出される」
「彼がギャンブルにはまって、闇金融に借金地獄」
「彼が飲酒運転の車に撥ねられ、還らぬ人に」
など、あなたにとって”絶対に起きてほしくないこと”をものすごくリアルに想像してみます。本当にひどければひどいほどいいと思います。
※あまり長い時間想像すると、本当に具合が悪くなってきますので、長くても数十秒くらいがオススメです。
トリップした後、現実世界に立ち返ってみると、
「彼と両想いって、なんて素敵なことなんだろう!70億分の1の奇跡!」
「ギャンブルもせず、借金もしない彼って素晴らしすぎる!」
「彼が生きていてくれるだけで、このうえなく嬉しい!」
というように、洗濯物の放置やゴミの散乱なんて、”どうでもいい”という感覚になり、”いまある幸せへの感謝”の気持ちでいっぱいになります。
「最悪に比べれば、このくらいまあいいよね」という感覚ですね。あとは、悪夢を見て目覚めたときに、それが夢だとしって、心からほっとする一瞬。
 
いかがでしたか?
「感謝を忘れずに幸せに過ごしたい!」そう思っていても、人の脳は問題がないことは忘れるようにできています。
上記の方法を使って、あなたが日々、愛と感謝で幸せいっぱいの日々をおくれますように……。(森野ひなた/ライター)
(愛カツ編集部)

外部リンク

LOVE

アプリでサクサク記事を読む