アプリでサクサク記事を読む
GENIC(ジェニック)
開閉
春にピッタリのホワイトデニムを穿きこなす!大人の素敵なコーディネート15選

春にピッタリのホワイトデニムを穿きこなす!大人の素敵なコーディネート15選

folk

春らしいアイテムの一つである、定番のホワイトデニム。きれいめからカジュアルまで、一本持っているとコーデの幅が広がります。シルエットによって印象も変わってきますよ。今回は、ホワイトデニムを使った大人のコーディネートをお届けいたします。

スリムタイプ

出典:zozo.jp

タイトなシルエットが脚のラインをキレイに演出してくれるこちらの一本。ブリーチで極限まで色を落としたデニムは、グレーホワイトのようにも見えますね。

ロールアップしてヒールを合わせると、大人っぽさがアップします。

  
出典:zozo.jp

春夏の気分が満載のアンクルデニム。ホワイトなら軽やかさもアップしますね。スキニータイプは、こんな風にシャツワンピとの相性も抜群。

清潔感のあるカラーコーデに、鮮やかな靴がアクセントになっています。

 
出典:zozo.jp

続いてもスキニータイプのスッキリとしたシルエット。タイトなパンツには、今季注目のボリュームトップスがマッチします。

ストレッチが効いた抜群の穿き心地のデニムは、たくさん歩きたい日にピッタリの一本です。

 
出典:zozo.jp

こちらもストレッチの効いた柔らかい素材のデニムです。ロールアップとサンダルで、肌見せ加減を調整しましょう。

ふんわりとしたフレアデザインのトップスが優しい雰囲気に仕上げてくれます。

 
出典:zozo.jp

裾のフリンジがポイントのホワイトデニム。裾に向かって細くなるシルエットなので、足元にヌーディ感を持たせてスッキリと。

軽く羽織ったジャケットがこなれ感を与えて、好バランスに仕上がります。

 
出典:zozo.jp

程よいスリム感のデニムは着回し力が抜群。一本はワードローブにストックしておきたいアイテムです。

ウエストリブで動きやすいので、アクティブに穿きこなせますよ。

 
出典:zozo.jp

九分丈のパンツは、見え隠れする足首が絶妙のバランスです。こんな風にフラットパンプスと合わせても、程よい素肌加減で抜け感が演出できますよ。

淡いトータルコーデには、イエローバッグでアクセントを。

 
出典:zozo.jp

穿くたびに体に馴染む、程よいスリム感のデニム。定番のストレートシルエットはどんなシーンにも活躍してくれます。

シンプルなコーデに映えるブルーのパンプスなど、巧妙な小物使いもアクセントになっています。

 
出典:zozo.jp

モノトーンコーデが潔いスタイリング。腰回りに程よくゆとりを持たせた、スリムボーイフレンドタイプのデニムをうまく取り入れています。

リラックスして穿けるパンツには、オフショルダーのトップスを合わせて可愛らしさをプラスしましょう。

 

ワイドタイプ

出典:zozo.jp

ソフトデニムは穿き心地が良く、これからの季節にピッタリの一本。曲線的なシルエットを演出して、スタイルを良く見せてくれます。

インパクトのあるTシャツを上手に引き立てていますね。

  
出典:zozo.jp

ハイウエストのデニムがフレッシュな印象のホワイトデニム。トップスをインして、脚長効果を狙いましょう。

トレンドのチェック柄とカゴバッグをアクセントに、清潔感が漂うコーディネートです。

 
出典:zozo.jp

カットオフデザインでラフな印象を与えるホワイトデニム。オールシーズンで着回せるワイドストレートタイプは、一本は欲しいアイテムです。

ガーリーテイストのトップスも、程よくカジュアルに仕上げてくれますよ。

 
出典:zozo.jp

こちらもカットオフタイプのデニム。 透けにくい素材で安心して穿けるホワイトデニムは、オールシーズン大活躍してくれますよ。

バレーシューズのコンパクト感との対比が絶妙なバランスです。

 
出典:zozo.jp

カットオフデニムをきれいめに穿きこなし、ネイビー×ホワイトで清潔感が漂うコーデですね。

カゴバッグでトレンドもプラスして、気負わないスタイルの完成です。

 
出典:zozo.jp

ウエストにデザインを施したタック入りのデニムパンツ。ディテールに凝ったデニムは、オリジナリティを求める方にもおすすめです。

ミリタリーテイストのジャケットを羽織って、大人カジュアルにまとめています。

 

まとめ

今回は、オールシーズン大活躍のホワイトデニムに注目してお届けいたしました。スリムとワイドでは、また違った雰囲気に仕上がりますよぜひ、春のコーデにホワイトデニムを取り入れてみてくださいね。

外部リンク

ファッション

アプリでサクサク記事を読む