アプリでサクサク記事を読む
GENIC(ジェニック)
開閉
毎日をナチュラルに彩る♪フラワースワッグでお部屋をワンランクセンスアップ!

毎日をナチュラルに彩る♪フラワースワッグでお部屋をワンランクセンスアップ!

folk

“スワッグ”という言葉を聞いたことがありますか?“スワッグ”とは、壁飾りの意味。北欧発祥の文化で、リース同様、魔よけとして玄関などに飾られていたのが始まりのようです。最近ではおしゃれなカフェや雑貨屋さんで良く見かけますね。貴女も、お部屋に飾っておしゃれな雰囲気を楽しんでみませんか?

お部屋がぐっとSNS映えするおしゃれなフラワースワッグ

◆ドライフラワーのスワッグがトレンド

元々は壁飾り全般を指すスワッグですが、最近ではナチュラルなドライフラワーのものが定番化していますね。そこで今回は、ドライフラワーのスワッグにスポットを当ててご紹介していきます。  
コチラの写真のようなものが、最もオーソドックスですよね。雑貨屋さんやお花屋さんなどで販売もされていますが、オススメは手作り。特にルールなどはなく、自分の好きな花や植物を束ねて飾っておけばOKです。植物の種類によっては、生花のうちから飾っておけば、ドライになるまでの過程も長く楽しめますよ♪ 
自分が好きな植物を中心に、お部屋のカラーバランス、季節感などを考えて自由に作ってみましょう。 

◆できたら早速飾ってみましょう

スワッグの面白さは、チョイスする植物によって全く違った印象のものが出来上がるところです。このように、ボリューム満点の花を使えば、シンプルな玄関にアクセントがつきますね。 
反対に、こんなに素朴なスワッグもありますよ。植物1本1本の存在感がより引き立っていて、味わい深いですね。 
枝の動きが大胆で存在感抜群。ホワイドベースの空間にぐっと重厚感が出ますね。隣に並べられたビンや小物とのアンティークっぽさがよくマッチしていて素敵です。 
赤・緑・黄・白と、バランスよくコーディネートされたスワッグ。ふんわりとした包み方が可愛らしい印象ですね。束ねる紐や包みに使う素材によっても、様々な表情を見せてくれます。 
ひとつの束にまとめるのではなく、1本1本、飾ってみるのも面白いですね。植物標本のようにネームプレートをつけても雰囲気が出るかもしれません。 

◆小物と見せる

小物とのディスプレイも醍醐味のひとつ。落ち着いたブラウンでまとめたスワッグが、さりげない華を添えてくれます。アンティーク感のある靴べらや、家のオブジェと雰囲気がピッタリあっていて、まとまりがありますね。 
コチラは、ホワイトを基調としたスペースに、潔いグリーンが爽やかで目を引きます。リボンはツヤ感のあるホワイトをチョイスして、ちょっぴりイノセントな雰囲気に。 
スニーカーも一緒にディスプレイした斬新アイディア!おしゃれなセレクトショップのようでなんだかウキウキしますね。 

◆見せ場は壁だけじゃない!

モダンな雰囲気のお部屋の天井からグリーンのスワッグを。シンプルで無駄のない空間にこそ、植物があるとグッと空気が明るくなりますよね。  
葉だけのグリーンスワッグも、たくさん並べるとボリュームが出て華やかな雰囲気に。森の中にいるようなフレッシュな気分を味わえそう。メタリックな背景との組み合わせが新鮮です。 
生花だと仰々しくなってしまいそうなナチュラルビンテージなキッチンには、ドライフラワーのスワッグがピッタリ!思いのままにプラスするだけで、みんなが憧れるおしゃれなキッチンを実現できますよ。 
上から下げるのではなく、こんな風に無機質なブリキのフラワーベースにいけておくと、また違った表情が見えてきますね。 
さりげなくテーブルに彩を添えるにももってこい。普段の食卓に季節感をプラスしてくれたり、イベントの特別感を演出してくれたりと、ワンランクアップには欠かせないアイテムになりそうです。 

まとめ

いかがでしたか?お部屋の中をナチュラルに素敵に見せてくれるスワッグ。お気に入りの植物や季節の植物を使って、早速手作りしてみませんか♩

外部リンク

ライフスタイル

アプリでサクサク記事を読む