GENIC
アプリならサクサク快適

写真映えだけじゃなかった。サルベーションマウンテンの本当の魅力にジーン…

カラフルなサルベーションマウンテンは、SNSなどで一度は目にしたことがあるはず☆実は、ただの写真スポットに収まらない、愛に溢れた魅力にジーンとくる場所です。道中おすすめの寄り道プランをお届けします!

GENIC公式ライター its73hey

2018.01.15 10:00

写真映えだけじゃなかった。サルベーションマウンテンの本当の魅力にジーン…

サルベーションマウンテンは「写真映え」だけだと思ってた?

アメリカのカリフォルニア州、メキシコ国境近くに位置する、砂漠のど真ん中。レオナード・ナイトさんという男性がおよそ30年間かけて作り上げたアート、それがサルベーションマウンテンです。

ロサンゼルスの中心地からだと車で3時間〜4時間くらいで行くことができます。

 

この壮大なアートは、砂漠の厳しい環境に身を置きながら30年という長い時間をかけて毎日コツコツ作り上げられたもの。

はじめて本物を目の当たりにした時は感動で胸がいっぱいになったのを覚えています。

残念ながらレオナードさんは2014年に亡くなってしまいましたが、今もボランティアの方々がレオナードさんの想いを引き継いで維持してくれています♡

 

A post shared by nami🍒 (@its73hey) on

この場所でシャッターを切ればどこを切り取っても可愛い!どの角度からも絵になるんです♡

 

写真が撮りたい!というだけの動機で行ってみても、必ずハートフルなメッセージを感じとってしまうはず!

 

映画「イン・トゥ・ザ・ワイルド」に登場したり、MVや雑誌の撮影など多くのメディアにも登場するサルベーションマウンテン。簡単には言葉で言い表せない魅力があるんです◎

 

道中にも魅力がたくさん、寄り道しながら行ってみよう!

せっかくのロサンゼルス旅行☆

片道約4時間かかるとなると往復で1日がかりになりますが、サルベーションマウンテンだけで終わってしまうのはもったいない!

 

寄り道しながらサルベーションマウンテンを目指しましょう♡

 

何でもない場所が…

A post shared by nami🍒 (@its73hey) on

道中通りかかった場所が、絵に描いたような「壮大なアメリカの景色」で、思わず車を止めて少し歩いてみることに。

 

砂漠ならではの強烈な日差しや、乾いた空気を肌で感じられてとてもワクワクしました!

 

特に何でもない場所でも、気になった所にはどんどん寄り道しちゃうのをおすすめします♡

 

アメリカはどこを切り取っても異文化なので、どこもかしこも撮影スポットになるんです。

 

巨大アウトレット

ロサンゼルスの中心地を出発してしばらくはこんな感じの景色が続きます。

両脇に大きな看板があったり、たまにスーパーマーケットなんかが集合してる地域が出てきたり。

 

1時間半から2時間くらい走るとデザートヒルズ・プレミアムアウトレットという大きなアウトレットがあります☆

 

180ほどの店舗が集まるアウトレット!

有名ブランドがたくさん入っているので、お買い物欲が止まらない☆

 

アウトレット内にフードコートがありますが、隣接した施設に「カリフォルニアに行ったら食べずには帰れないIn-N-Out Burger(インアンドアウトバーガー)」の店があり、おすすめ♡

 

食べずに帰れないハンバーガー

注文が入ってから調理、冷凍した食材は使わない、ポテトも店舗でカットして揚げる!

そんなこだわりが詰まったハンバーガー店。

 

このハンバーガーが大好きで、休憩がてらここでお昼ご飯を食べ、再びサルベーションマウンテンを目指します。

 

トイレ休憩

ハンバーガー店だけではなく他にもダイナーやガソリンスタンドなどもあります。

日本のようにサービスエリアがないのでガソリン補給やトイレ休憩等、立ち寄っておくと安心かもしれません◎

 

この写真の右側に見える「REST AREA」はトイレがある場所。

私がサルベーションマウンテンに向かう中でこれを目撃したのは一度だけでした。心配な方は見逃さないように注意しましょう。

 

広大すぎる風力発電

さらに進んでいくと発電用の風車が見えてきて、広大すぎる光景にこれぞアメリカ!と叫びたくなります。笑

 

以前訪れた際、この風車が貨物列車で運ばれていくところに遭遇しました。大きな風車が横たわるとより大きく感じられ、それらを載せた貨物列車が引っぱられていく様子は日本では見ることができない景色!とても印象に残っています。

 

だんだんと建物がなくなっていき、広大な道をひた走ります☆

 

サルベーションマウンテンはパームスプリングスから約130㎞の所にあり、前日にパームスプリングスに一泊したり、逆に帰り道にパームスプリングスに一泊したりと、いろいろ楽しめるのもカリフォルニアの魅力のひとつ♡

 

ソルトン湖という、海のように大きな湖を通り過ぎてしばらくすると、小さなオールドタウンが見えてきます。

 

左に見えるペプシコーラの看板を左折し、少し走るとついにサルベーションマウンテンが!

 

右奥にごちょごちょっと見えるのがサルベーションマウンテンです♡

 

どんどん近づいてきます…!

 

ひたすら続く砂漠の中にいきなり出てくるんです♡

 

ロサンゼルスを出発して約4時間…この瞬間、最高の気持ちになります!

 

ついにサルベーションマウンテンに到着♡

カラフルで可愛い看板がお出迎えしてくれます♡

レオナードさんが住んでいたトラックや、他のアート作品も立ち並びます。

 

レオナードさんが住んでいたトラックにも、愛に溢れたアートが施されています。

このトラックにはエアコンも水道もありません。砂漠なので夏の日中は気温が50℃になることもあるそうです。

そんな環境の中、自転車で水をくみにいき煉瓦用の土で丘を押し固め、こんなに素晴らしいアート作品を作るなんて私には想像もできないくらい大変なことです。

 

前から見ても抜かりなくアートが施されています。

 

サルベーションマウンテンに登ってみよう!

どこに登ってもOKな訳ではない

数年前にサルベーションマウンテンで撮られた写真を見てみると、観光客はみんな自由なところで写真を撮っていました。

 

現に私も2年前に訪れた時は、山の正面のハートの下にちょこんと座って写真を撮りました。

そこにいた人達がやっていたからOKだと思っていたのです。

 

サルベーションマウンテンには、至る所にこのような注意書きがあります。

 

どれも英語ですが「黄色くペイントされた道だけを歩いてください」「登らないでください」ということが書かれています。

 

A post shared by nami🍒 (@its73hey) on

黄色いペイントの部分以外は歩く場所ではなく、登ってしまうとアートが崩れる恐れや、怪我の危険性もあります。

レオナードさんの想いが詰まったサルベーションマウンテンをいつまでも守るために、みんながモラルを持って行動することが大切です。

 

「みんながやってるからOK」と思っていた2年前の私の考えがとても愚かで恥ずかしいことだと感じ、反省しました。

 

私と同じような方が多かったのか、今では日本語の注意書きもあります。

 

これは本当に本当に恥ずかしいな、と大反省。

 

可愛い写真が撮りたい気持ちはみんな同じ!でもモラルを持って行動する事はとても大切です!

 

登りはじめてから5分もせず頂上にたどり着きます。

サンセットの時間になり、西陽でサルベーションマウンテンがオレンジに染まり、とっても綺麗でした♡

 

黄色いペイントの道を進んでもこんな風にダイナミックな写真も撮れるし、頂上から見る広大な砂漠にも感動します☆

 

観光客の人の数は2年前よりも増えていて、人気の高さを感じました!

 

みんなそれぞれのポージングや画角で撮影していて、誰もに共通するのは「とても楽しそう」ということ♡

 

昼間の青い空×サルベーションマウンテンも最高に可愛かったけれど、夕暮れ時のオレンジがかった姿も情熱的で素敵でした♡

 

A post shared by nami🍒 (@its73hey) on

日が落ちた後はなんだか少し寂しげなサルベーションマウンテン。

空の色は紫とピンクが混ざったような色で、私はこの時間帯が一番素敵だなぁと感じ、ため息がでました♡

 

時間帯や天候によってみせる顔が違いすぎるサルベーションマウンテン!

何度も訪れたくなってしまいます。

 

登るだけじゃないサルベーションマウンテンの魅力♡

サルベーションマウンテンの向かって右側には、また違った雰囲気のアートがあるんです。

 

ここは礼拝堂だったのかな?というような雰囲気の空間。天井が丸くてこぢんまりした世界に、「可愛い」が詰まっていました♡

 

先ほどの空間を出た正面にあるのがこの入り口♡ここを入っていくとまた雰囲気の違う素敵な世界が広がっています。

 

まず目を引くのは頭上に広がる木のアート!

無数に入り組んだ木々にはカラフルなペイントが施されています。

「これを一人でどうやったのかな?」なんてふと考えてしまうほど圧倒されます。

 

車のドアにアートが施されていて、360度どこを見渡してみてもアートで埋め尽くされています。

細かい工夫に、レオナードさんの愛を感じます。

 

奥にはフォトスポットのような場所もあります♡

 

あまりお見せしすぎてしまうと行く楽しみが減ってしまいそうなのでこれくらいにしておきますが(笑)、大切なお友達や家族、恋人と訪れれば絆が深まること間違いなしです♡

 

いかがでしたか?

まだまだLA初心者の私ですが、写真の中だけでは分からないサルベーションマウンテンの姿、そして道中の様子。「私も行ってみよう!」って思ってもらえたらとても嬉しいです♡

 

サルベーションマウンテンは砂漠の中にあるので、昼は暑く夜はとても寒い!気温の変化が激しい場所です。

防寒具や多めの水分を持参することはもちろん、暗くなったら帰る等、安全に楽しんでくださいね♡

 

GENIC WEB公式ライター its73hey

何かを手作りすることが好きで、中でもカラフルなお菓子作りが得意。

ドーナツやケーキ、クッキーなど誰もが真似したくなるかわいいお菓子に注目が集まる。

こだわりが詰まった独自のパーティーを定期的に開催、フードのみならず飾りつけや衣装全てをプロデュースしている。

特技を生かして、インスタグラムでは3つの異なるアカウントを運用中。

its73hey Instagram

its73hey Instagram【@homebaker73hey】

its73hey Instagram【@partymaker1987】

おすすめ記事

・セドナのオシャレ観光スポット♡アメリカ女子旅におすすめ!

・アメリカ ルート66にあるフォトジェニックな街、キングマンが可愛すぎる♡

・人生で一度は見たい!“アメリカ”の美しすぎる絶景「ホワイトポケット」とは?

GENIC WEB 公式ライター its73heyさんの他の記事もチェック!

海外旅行・スポット

ランキング

  1. 写真に文字や枠を入れて、お洒落な画像を作ってみた!Phontoアプリの…

    写真に文字や枠を入れて、お洒落な画像を作ってみた!Phontoアプリの…

  2. キレイな星空写真が撮りたい!そんなカメラ女子必見のテクニック書はこれ!

    キレイな星空写真が撮りたい!そんなカメラ女子必見のテクニック書はこれ!

  3. スマホじゃ物足りない!?今どき女子たちに一眼レフカメラが人気の理由って?

    スマホじゃ物足りない!?今どき女子たちに一眼レフカメラが人気の理由って?

  4. adidas Originalsの

    adidas Originalsの"くすみカラー"なiPhoneケース…

  5. フィルターがないLightroomで統一感をどうやって出す?色の加工ワザ

    フィルターがないLightroomで統一感をどうやって出す?色の加工ワザ

  6. 【ランキング】今週の人気記事TOP10!(8月12日~8月17日)

    【ランキング】今週の人気記事TOP10!(8月12日~8月17日)

  7. 人だらけのビーチが、誰もいない海に!加工でごっそり消しちゃいました。

    人だらけのビーチが、誰もいない海に!加工でごっそり消しちゃいました。

  8. 日本未入荷!南米コロンビア発の人気水着ブランドがお得に購入できるチャン…

    日本未入荷!南米コロンビア発の人気水着ブランドがお得に購入できるチャン…

  9. 現地の人っぽく過ごしたい人へ♡LAの定番ヘルシーランチを食べてみない?

    現地の人っぽく過ごしたい人へ♡LAの定番ヘルシーランチを食べてみない?

  10. H&Mがランジェリーブランドと初コラボ!かわいすぎて要注意♡

    H&Mがランジェリーブランドと初コラボ!かわいすぎて要注意♡

もっと女子を楽しむための
情報アプリ

GENIC

アプリならサクサク快適
気になる記事が保存できる!

評価