加工B★ 脱、加工マンネリ!今流行りの粗っぽいヴィンテージ加工どうやるの?

加工B★ 脱、加工マンネリ!今流行りの粗っぽいヴィンテージ加工どうやるの?

【人によって加工が違う!?「B」の写真をmariyaが加工してみた!】そろそろ、見慣れた色味のフィルターや加工に飽きてきていませんか?流行りの粗っぽいヴィンテージ加工は本当に簡単!ちょい足し加工でガラッと雰囲気が変わるテクニックを紹介します♪

同じ写真でも、加工で仕上がりが全然違う!

加工によって、写真の仕上がりはさまざま。同じ写真を、別々の人が加工したらどうなるの?
…ということで、同じ画像を色んな人が加工してみるこの企画。
mariyaが「B」の写真加工にチャレンジしてみました☆

企画ページを見る

Bの加工前

Bの加工後

緑や竹のぬくもりを感じられる写真なので、全体を明るくして優しい色合いにし、光を入れてナチュラル感のある1枚に仕上げました。
この加工のやり方をご説明します。

使用するアプリはコレ

Lightroom CC

フィルターをかける前に、明るさや彩度を調節する為に使用します。

After Light

フィルターとちょい足し加工をします。

まずはLightroom CCで加工

明るくする

露光量+0.62、シャドウ+45で写真を明るくします。

彩度を調整

つづいて、自然な彩度+33で色味を出します。

次にAfter Lightで加工

フィルターをかける

After Lightを使い、フィルターは温もりを感じられる "CAPTAIN"を選択。

ライトリーク加工

ライトリークとは、光漏れのこと。撮った写真にあえて光を付け加えることで、古びた感じを演出したり、幻想的に仕上げたりできます。

自然光が入ってきている写真の右側に、ライトリークの01番を80の濃さで足します。
After Lightには、31種類のライトリークがあるので、写真の雰囲気に合わせて選べます。

トリミング

ライトリークを入れないverで、別の加工を施してみました。

人物とゆりかごをメインにして、写真を大胆にトリミング。右側の空間と、左側の壁をカットしました。
全体を伝えるのもいいですが、「素敵な部分だけ」をトリミングすると写真の雰囲気が変わりますよ。

ダスティー加工

ダスティ加工とは、ホコリやキズのような加工をうっすら入れて、アンティーク風に仕上げる機能です。

13番のダスティーを60〜65くらいの濃さにしました。
大胆にトリミングしたことで、画像の粗さが少し気になるところ。そこで、あえてダスティー加工を加えることでアンティーク風に演出し、これまでの印象とは全く違う雰囲気に仕上げてみました。

これで、完成です。

加工がもっと楽しくなる!♡

↓トリミングなしの、光が柔らかい印象

↓トリミングした、ヴィンテージな印象

いかがでしたか?
どんな写真でも、加工次第で仕上がりは無限大!ライトリークの色を変えてみたり、ダスティーの濃さを変えてみたり。自分らしさが出る加工を研究しつつ、色んな雰囲気の写真を楽しんでください♪

Bの写真の別の加工を見る

Bの写真を別の人が加工すると…
人によって、仕上がりも工程もさまざま。あたなの好みはどっち?

同じ写真で別の人の加工を見る
他の写真も…企画ページを見る

GENIC公式ライター mariya

沖縄県石垣島在住。
2015年に自身のルーツである沖縄に移住。出版社での勤務を経て、現在はインフルエンサーとして活躍中。
海と山と大自然が好きなアクティブ派で、離島巡りやカフェ巡りも欠かさない。
沖縄の景色を見て、ココロで感じたことを写真に込め、発信することを大事にしている。

GENIC公式ライター mariyaの他の記事もチェック!

おすすめ記事

Ranking

    Loading...