人気沸騰の予感…!?プロトラベラーが惚れた♡“GENICな島”、北マリアナ諸島とは?

PR

人気沸騰の予感…!?プロトラベラーが惚れた♡“GENICな島”、北マリアナ諸島とは?

旅を仕事とするプロトラベラー羽石杏奈と中嶋杏理が思わず恋に落ちた“GENICな島”、北マリアナ諸島のサイパン島。
1回の旅でも、いろんな水着を持って行って、たくさんのビーチを巡りたい。もちろん、カフェやフォトスポット巡りも捨てられない…!そんなGENIC女子の夢を叶えてくれるサイパン島が、今年の夏、人気沸騰の予感…♡
今回は、東京からわずか3時間の楽園サイパン島、そして、サイパンから日帰りでいけるマニャガハ島、ロタ島の3島をリポートします!

“GENICな島”、サイパンとは…?

日本から南に約2400キロのところにあるトロピカルアイランド、北マリアナ諸島。
中でも、国際空港があることから、北マリアナ諸島の旅のベースとなるサイパン島は、美しい海が広がっているだけでなく、ホテルやお店などシティにも魅力がいっぱい!
GENIC女子の夢を叶える、たくさんのGOODが詰まっているんです!

・1年中あったかい♡気温や湿度の変化がほとんどなく、いつでも海を楽しめる!
・日本語を話せるスタッフや日本語メニューのあるホテル、お店が多く、日本人に優しい◎
・島内に特徴のあるビーチがたくさんあるので、一度の旅で様々なビーチシーンを楽しめる。
・時差は+1時間。初日から目がぱっちり!思いっきり遊べちゃう。

まさに、欲張りな私たちにぴったりのサイパン島。
詳しく知らないのはもったいない!

GENIC女子のみんなにも、ぜひサイパン島を楽しんでほしい!!

どこまでも続く青く透明な海、写真を撮りたくなっちゃう街中のウォールアート、入らずにはいられないかわいいカフェ。
まずは、キラキラがいっぱい詰まったマリアナ旅の玄関口、サイパン島の魅力をご紹介します!

ビーチ好きのGENIC女子にぴったりのホテル「ハイアットリージェンシー サイパン」

まずは、旅の拠点となるホテルをご紹介!
海が大好きなプロトラベラーの2人が宿泊したホテルは、南国を味わうにはもってこい!
真っ青なマイクロビーチのオーシャンビューが美しい「ハイアットリージェンシー サイパン」。

マイクロビーチは、透き通ったエメラルドグリーンから、サンセットのオレンジまで、1日に7回、色が変わると言われているんです。

写真の手前に写っているのは、緑に囲まれたガーデンプール。
パームツリーの下でのんびり。南国感たっぷりのチルアウトは、最高のラグジュアリータイムです♡

トレンドカラーのコーラルピンクにミントの差し色がかわいいお部屋も、GENIC女子のきゅんポイント♡

ホテルのレストラン「キリカフェ・アンド・テラス」でいただく朝ごはんは、ビュッフェ形式。
テラス席での優雅なモーニングタイムは、南国旅の醍醐味です。
豊富なメニューの中でもイチオシは、サックサクのクロワッサン。
トロピカルフルーツとヨーグルトと…せっかくのビュッフェ、欲張っちゃおう!

ローカルイチオシのカフェレストラン「The Shack Saipan」

ランチにおすすめなのは、ビーチロード沿いにあるカフェレストラン「シャック・サイパン」。
南国の島ならではのアットホームな雰囲気は、居心地が良くって、ついのんびりしちゃいます。

種類豊富なお食事系クレープや、自慢のBBQリブなど、あれこれ悩んじゃうほどメニューが豊富!

ハートがかわいいアサイーボウルは、ココナッツの器がかわいくって、思わずきゅん♡
写真を撮りたくなっちゃう一品です。

マストで行きたい!トロピカルカラーのウォールアート

島を歩いていると、いろんな場所で見つけることができるウォールアート。
今回は、その中でもマストでチェックしてほしい3つのアートを紹介します。

1つ目は、マリアナ政府観光局の壁に描かれているウォールアート。

窓枠のような形の中に描かれた、ジューシーカラーのイラストの中にそーっとお邪魔。南国ムード満点の写真が撮れちゃいます!

2つ目は、サイパンの大きな病院 Commonwealth Healthcare Corporation の壁に描かれたウォールアート。

幅16m、高さ3mの大きな1枚の絵。どこを切り取る?ファインダーを覗きながらお気に入りの1枚を撮ってくださいね。

3つ目は、サイパン空港にある鳥と海のウォールアート。

旅の最後の1枚をパシャリ。北マリアナ諸島のトロピカルなパワーを写真に込めて、持ち帰りましょう!

ちなみに、写真のウォールアートは、マリアナ政府観光局公認の「レジデントインスタグラマー」として選ばれた日本人アーティストによって描かれたものなんです。
まだまだたくさんあるサイパン島のウォールアート。探しながら街歩きをしてみてくださいね。

「レジデントインスタグラマー」の詳細はこちら

海でマーメイドになる?空で鳥になる?思いっきり遊ぶならマニャガハ島

ターシツアーズが催行するフェリーで、サイパン島から約15分。
美しいサンゴ礁に囲まれた島、マニャガハ島に到着です!

現地の言葉で「ちょっと一休み」という意味を持つマニャガハ島は、訪れた誰もが虜になってしまうほどの、美しいサンゴ礁に囲まれた島。ゆっくり過ごすのはもちろん、マリンアクティビティも豊富です。

思いっきりアイランドホリデイを楽しんじゃいましょう!

海で人魚になる?ビーチでマーメイド撮影

美しい海を見ていたら、人魚になっちゃった♡
GENICな1枚が撮れるのは、マニャガハ島の美しい海があるからこそ!
海がしっかり入るように、少し離れた場所から撮るのがポイントです。

そして何より大切なポイントは、ズバリ、マーメイドになりきること!
ピチピチ、おとぎ話に出てくる人魚気分で、撮影を楽しんでくださいね。

空で鳥になる?パラセーリング体験

マニャガハ島に行ったら絶対に体験したいアクティビティ、パラセーリング。
空中に浮くなんて…最初は少し怖い?

勇気を出してレッツチャレンジ!心地よい風と空からの絶景で満足度◎。
眼下に広がる景色は体験した人だけが見ることができる特別な光景です…!

ダイバーの憧れ、透明度の高いロタブルーの海が広がる ロタ島

サイパンからスターマリアナス航空の小型プロペラ機で約30分。
緑豊かで、まるでミクロネシアの秘境、ロタ島に到着です。
ロタブルーと呼ばれる真っ青な海は、GENIC女子にぜひ訪れてほしいスポットの1つ!

ビーチはもちろん、ロタ島には最高のダイビングスポットがたくさんあります。
サイパンから日帰り旅を楽しむこともできるし、宿泊してのんびりした島時間を感じながら過ごすのも最高です!

ベストビーチNo.1に選ばれた「テテトビーチ」

美しいホワイトビーチが広がる、波も穏やかな「テテトビーチ」。
ビーチが長―く続いていて、ゆったりとした島の時間を味わうにはもってこいのスポット。
ローカルの人々が大切に守ってきたビーチの美しさは、ダイビング誌の読者が選ぶ「ダイブ&トラベル大賞」でベストビーチに2年連続選ばれたほどです!

一味違うビーチシーンを。天然のプール「スイミングホール」

海沿いの岩の浸食によってできた天然のプール。
一味違うビーチシーンを撮影できるのでオススメです。
バックに海が写るような構図で撮ると、プールの青と、海の青と、空の青、3つの青が写って、ロタ島ならではの1枚が撮れますよ!

サンゴ礁でトロピカルフィッシュに出会う シュノーケリング体験

魚の数が多く、色鮮やかでフォトジェニックなトロピカルフィッシュたちと一緒に泳ぐことができるポイント「コーラルガーデン」。体験ダイビング、シュノーケリングともに一年中いつでも楽しめます。

ポイントまでのアクセスは、ダイビングショップ「RUBIN」、「BLUE PALMS」がおすすめ!日本人インストラクターがいるので安心です。

展望台からロタ島を一望!ウエディングケーキマウンテンとは…?

ここはロタ島のソンソン村にある展望台。大きな十字架が島全体を見守るかのように建てられています。
ロタ島と広い海が一望できて、気持ちーい!!
写真の右に見える山は、その形状からウエディングケーキマウンテンと呼ばれているんです!とっても可愛いネーミングですよね♡

ロタ島は、世界一フレンドリーな島と呼ばれる島。道ですれ違ったら誰にでも手を振って挨拶をする「ロタウェーブ」という習慣が根付いています。ロタ島に行ったら、「ロタウェーブ」をぜひ体験してください!

人気沸騰の予感♡最大の理由は…?

GENICなスポットが盛りだくさんのサイパン島…♡

これまでは乗り継ぎ便でしか行くことができなかったのですが、スカイマークが8月に直行便のチャーター運航を発表しています。
直行便であれば、なんと日本から3時間で行けちゃいます!

3時間半の直行便で行く、サイパンツアーはこちら!